Posts tagged NEC

「UNISROBO」 NEC「PaPeRo」の偽物がまた現れる

Chinese Company Rips Off Another Japanese Robot.

UNISという会社の「UNISROBO」だそうです。

しかも今回はまたよく似てます。

腹のモニターや、顔のパーツのバランスそのほかはもちろん違いますが……。

それでも中国で儲けなければならない日本人へ
高澤 真治
成甲書房
売り上げランキング: 6609

NEC、ロボット「PaPeRo」で高齢者コミュニティ活性化を狙う 奈良県宇陀市で社会実験

NEC高齢者コミュニティ活性化技術検証

生活支援型ネットワークロボットを用いた高齢者コミュニティ活性化技術を開発(2011年2月8日): プレスリリース | NEC.

NECは「高齢者コミュニティ活性化技術」を開発し、社会実験を通じて効果を確認したと発表した。「高齢者コミュニティ活性化技術」とはインターネットに接続して情報を提供可能な「生活支援型ネットワークロボット」を通じて、地域情報を個人に合わせて提供することで高齢者の自発的行動を促すもの。

「高齢者コミュニティ活性化技術」は、ユーザ属性を取得して情報提供を可能にし、会話者の興味と情報の類似性を判定して関心を高める技術を実現するソフトウェア。今回はこれをロボットに適用してシステムを構築し、検証実験を行った。

身近な地域のイベント情報も今ではインターネット上での公開が進み、パソコンやケータイに不慣れな高齢者は、それらの活動を知る機会が減少している。今回の技術はそれをサポートするもの。

情報提供に基づく行動が、利用履歴を反映しない場合に比べて約40%増加し、またインターネット上の情報から、複数の会話者の興味を組み合わせて話題を選別して提供することで、会話に参加する人が60%増加したという。

実験は11月17日〜12月17日、奈良県宇陀市と地域の協力で10軒の個人宅と5軒の施設に、個人向けの情報を提供するロボットや、外出記録のための機器(チェックポイント)、居合わせた人同士の会話を促進するための話題提供ロボットを設置。ロボットを使って個人ごとの趣味や興味・嗜好に応じて選出された情報を、音声で提供して地域情報に触れられるようにして外出や地域コミュニティへの参加機会を増やした。

また、取得した情報に基づいて出掛けた商店や集会所などで、出会った人たちがロボットから提供されたインターネット上のニュースなどを参照することで話題が増え、会話の活性化にもつながったとしている。

実験参加者へのアンケート結果では、8割以上の人が「約3週間の本実験期間中、知人や家族とのコミュニケーションが増えた等、生活に変化があった」と回答し、機器を用いた集計結果では、「実際の行動量が約25%増加した」とこたえた。

総務省「高齢者・障がい者のためのユビキタスネットワークロボット技術の研究開発」プロジェクト(平成21年〜24年予定)の一環として進めて来たもので、NECでは今後も、生活支援型ネットワークロボットを用いたコミュニティ活性支援技術の開発に積極的に取り組むとリリースしている。

ウェブが創る新しい郷土 ~地域情報化のすすめ (講談社現代新書)
丸田 一
講談社
売り上げランキング: 304193
純減団体-人口、生産、消費の同時空洞化とその未来
近藤 修司
新評論
売り上げランキング: 111127

NECの「PaPeRo」、国立障害者リハビリテーションセンター研究所の「対話型情報支援システム」に

NECのコミュニケーションロボット「PaPeRo」

NECのコミュニケーションロボット「PaPeRo」

「PaPeRo」が国立障害者リハビリテーションセンター研究所の「対話型情報支援システム」に採用2010年8月24日: プレスリリース | NEC.

NECは、同社が開発中のコミュニケーションロボット「PaPeRo(パペロ)」が、国立障害者リハビリテーションセンター研究所が開発した、認知症者の自立生活を支援する「対話型情報支援システム」に採用されたと発表した。

対話型情報支援システムは、コミュニケーション機能を持つロボットとの対話を通じて、注意力や理解力が低下した認知症者に効果的に情報を提供したり、日常生活行動を促して、自立生活を支援するもの。PaPeRoの音声認識機能や音声発話機能を利用して、以下の4つのプロセスから構成される対話機能を提供するという。

  1. 対話を開始させる「注意喚起」           (発話例:○○さん)
  2. 支援内容を予期させる「先行連鎖」           (発話例:誰か来たみたいですよ)
  3. 情報を知らせる「情報伝達」           (発話例:玄関に行ってみたらどうですか)
  4. 「対話の終了」           (発話例:よろしくね)

国立障害者リハビリテーションセンター研究所は、このシステムの実証実験を2009年10月から実施しており、システムから提供される情報によって、外出前にトイレを済ませる、ヘルパーを玄関で出迎える、薬を決まった時間に飲む、などの行動を促し、認知症者の自立生活支援に役立つ可能性があることを実証したとしている。

NECでは今後も、PaPeRoのコミュニケーション機能をいかして、子供から高齢者まで、誰もが簡単に利用できる情報システムの提案を行っていく予定。


コミュニケーションロボット―人と関わるロボットを開発するための技術 (知の科学)
石黒 浩 神田 崇行 宮下 敬宏
オーム社
売り上げランキング: 384205



ロボットという思想~脳と知能の謎に挑む(NHKブックス)
浅田 稔
日本放送出版協会
売り上げランキング: 93118

「津田塾大 夏の合宿2010」レポートがアスキーに掲載

アスキー津田塾大学夏の合宿

ロボットで情報科学に興味を持つ女性を増やそう
女子高生がロボット演劇に挑戦「津田塾大 夏の合宿2010」

2010年08月12日 12時00分更新

文● 森山和道

8月6~8日の3日間、津田塾大学にて女子高校生を対象にした「夏の合宿2010」が行なわれた。

これは津田塾大学の学生や卒業生との交流のほか、メディア技術や情報テクノロジーへの興味関心を喚起することを目的としたイベント。

主催は津田塾大学女性研究者支援センター。文部科学省平成20年度科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」事業のひとつとして実施されたもので、アップルジャパン、NEC C&Cイノベーション研究所、株式会社ラーニングシステムも協力している。参加者は全国から応募し抽選で当選した32人で、倍率はおおよそ2倍だったという。

続きはアスキーのウェブサイトでご覧下さい!

NEC、「絆が生んだ奇跡の旅『HAYABUSA』」をYoutubeで公開

NECの3人の技術者が語る。


惑星探査機 はやぶさ (1/32 スペースクラフト NO.01)
青島文化教材社 (2010-06-06)
売り上げランキング: 47


Lullaby of Muses 2
Lullaby of Muses 2
posted with amazlet at 10.06.25
甲斐恵美子 山田晃路 吉尾公弘 中谷泰子 山口真文 井上信平 桑野聖 秀敏 辻邦博 曽根一馬
インデーズ・メーカー (2007-12-15)
売り上げランキング: 456


小惑星探査機 はやぶさの大冒険
山根 一眞
マガジンハウス
売り上げランキング: 112


宇宙開発の50年 スプートニクからはやぶさまで (朝日選書 828)
武部 俊一
朝日新聞社
売り上げランキング: 18854


触覚の予測と定量化に向けた基礎技術を開発 NECと宇都宮大学

指先のシミュレーション図

指先のシミュレーション図

引用元: 触感覚の予測、定量化に向けた基礎技術を開発(2010年4月9日): プレスリリース | NEC.

NECは宇都宮大学と共同で、CTとMRIによる指先の測定と、指の構成要素の挙動予測を組み合わせることで、指先が物に接触して変形する度合いを高精度にシミュレーションする技術を開発したと発表した。

今日では機器の小型化・機能向上に加えて、長時間装着しても違和感がなく、スイッチの押し心地などインターフェースにも配慮した設計が重要になっている。人体の変形を高精度に予測し、人の感覚との相関をとることで、心理的要因を定量化し、使い心地の良い機器を効率的に開発するために用いる。今後はさらに分析を進め、触り心地や持ち心地の定量化を行い、携帯端末やウェアラブル機器におけるインターフェース開発への利用を目指す。

これまで、被験者モニターによらずに人体の変形量を予測するためには、特定の部位の形状や構成要素を、単純化して解析する有限要素法が取られてきた。しかし、この方法では、人体内部までの正確な形状の測定や、外的な刺激による部位の動きや影響の伝播などの正確なシミュレーションは困難だった。

今回開発された技術では、宇都宮大学の人体測定技術と、NECの長年に渡る携帯端末などで培ってきた解析ノウハウにより、高精度の変形予測を実現したとい う。

指先解析図

指先解析図

まず宇都宮大学と共同で、CT画像により皮膚・皮下組織・指骨を、MRI画像により皮下組織の脂肪組織を識別し測定する手法を開発した。高精度なCTを用い、MRI装置のスライス面を指に対し垂直になるよう微調整を加えながら撮影することで、より詳細な測定を実現したという。

さらにこの測定技術を用いて識別した指の構成要素をそれぞれ、指骨・爪を剛体、皮下組織・皮膚を弾性体、脂肪組織を弾性流動体に分類した。これらを1ミリ四方で分割した指先の部位に割り当て、測定データを元に分類ごとの特性を考慮しながら、全体としてどのような挙動を示すか予測する。これにより、実際の指の変形に近い高精度なシミュレーションを実現したという。


いまさら聞けない 計算力学の常識
土木学会 応用力学委員会 計算力学小委員会
丸善
売り上げランキング: 74731


皮膚は考える (岩波科学ライブラリー 112)
傳田 光洋
岩波書店
売り上げランキング: 36343


NEC,独自の「共創支援技術」を使い、「PaPeRo」を用いたストーリーの共同制作や作品発表が体験できる共創ワークショップを開発

人のつながりを活性化しグループの創造性を高める共創支援技術を開発(2010年2月2日): プレスリリース | NEC.

NECは、2/2日、対面やインターネット上のグループにおいて、課題に対する人の適性や、同じ課題に取り組んだ人との経験を“共体験ネットワーク”として自動抽出し、これを基に多様性のあるグループ形成を促すことによって、グループの創造性向上を支援する技術を開発したと発表した。

そしてこの独自の技術を使い、NECと株式会社CSKホールディングス(CSK)は、NECのコミュニケーションロボット「PaPeRo」を用いたストーリーの共同制作や作品発表が体験できる「共創ワークショップ」を開発した。2月21日に、けいはんな学研都市にて、こどもたちを対象とした第1回ワークショップを開催する。

「共創ワークショップ」は、NECの「共創支援技術」と、CSKグループの次世代育成CSR活動「CAMP(Children’s Art Museum & Park)」が培ったファシリテーションノウハウにより実現したもので、狙いと特長は以下の通り。

  1. ロボット動作のストーリーやセリフなどのデザインを共同制作したり、作品発表を体験することで、こどもの想像力や表現力を育成。
  2. グループワークの中で協力しながら問題解決することで、お互いのアイデアや考え方の違いを理解する力、コミュニケーション能力を向上。
  3. ロボットシナリオの共創Webサイト「ぱぺろっち!」により、参加者が帰宅後も共創体験を継続可能。
「ぱぺろっち!」。ぱぺろっち!には、NECと米国マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボラトリとの共同研究成果が含まれる

「ぱぺろっち!」

ぱぺろっちツール

NECの共創支援技術の特長は、リリースによれば以下の通り。

  1. 共創の基礎となる“人のつながり”を自動抽出。  多人数参加型のサービスやアプリケーションを対象に、参加者の行動を解析することで、課題に対する人の適性度を抽出。さらに、人と人の関係として、お互いに意見を交わした経験、同じ課題に取り組んだ経験を“共体験ネットワーク”として自動抽出。
  2. 多様性のあるグループの形成を支援しグループの創造性を向上。  課題に対して、異なる適性を持ちながらお互い補い合える多様なメンバの組み合わせを、共体験ネットワークに基づいて自動選出し、選出されたメンバで共創活動を始めるための“きっかけ”を提供。これにより、多様なグループ形成を促し、メンバが多角的視点で共創に取り組める状況を作りだすことで、グループの創造性を向上。
  3. 共創支援技術を組み込んだロボットシナリオの共創ウェブサイトを実現。  1、2の技術を組み込んだロボットシナリオの共創ウェブサイト“ぱぺろっち!”を開発。“ぱぺろっち!”では、1台のロボットをインターネット経由で共有し、ロボット動作を遠隔で編集・実行し、その動作の様子を複数の人が同時に観察可能。

“ぱぺろっち!”を活用した共創の第一段階として、対面ワークショップで築いた友達関係をベースに、インターネット上でさらに多くの人に共体験ネットワークを広げることで、将来的には、国や文化を超えて大規模な共創の実現を狙う。

NECでは今後、ビジネス分野でも共創の重要性が高まると考えており、任意のサービスやソフトウェアに共創機能を追加できる技術の研究、製品開発に積極的に取り組んでいくとしている。

NECビッグローブ、「クラウドデバイス&サービス事業」を開始 まずはモニターから

NEC ビッググローブのクラウドデバイス

NEC ビッググローブのクラウドデバイス(Camangi製)

引用元: プレスリリース | NECビッグローブ.   BIGLOBEの「クラウドデバイス&サービス事業」展開について 〜7インチタッチパネル端末を使ったモニターを開始〜

12月17日、NECビッグローブ株式会社は「クラウドデバイス」を使って、自動のネット接続や各種サービス、コンテンツを一体的に組み合わせて提供する「クラウドデバイス&サービス事業」の取り組みを開始すると発表した。ユーザ向けに端末の操作性やサービスの受容性を検証するモニターを、201年2月から実施する。モニターデバイスはCamangi製で、Android採用の7インチタブレットPC。

モニターの概要は以下の通り。

* モニター期間 : 2010年2月上旬〜3月末日
* 申込受付 : 2010年1月中旬開始
* 参加条件 : モニター期間中に積極的にご活用いただき、モニターに関する事前・事後アンケートにご協力いただける方
* モニター人数 : 100名(応募者多数の場合は抽選)
* 対象者 : BIGLOBE会員(個人)
* 貸出機器 :
クラウドデバイス(画面:7インチ タッチパネル、OS:Android) 3GまたはWiMAX内蔵Wi−Fiモバイルルータ(予定)
* サービス :
o モバイルブロードバンドによるインターネット接続
o 7インチ タッチパネルでのWebブラウジング
o クラウドデバイス向けに最適化を行い、キッチンやリビング、屋外での活用を想定した専用サービス(天気、フォトアルバム、メール、ライフログ等)
* 特典   :コンテンツの無償利用、さらにモバイルブロードバンド通信料はBIGLOBEが負担します。
* 受付URL : http://andronavi.com/

このモニターの検証結果を踏まえて、201年半ば以降の本格展開を目指す。

モニター用 クラウドデバイス

  • 端末 : Camangi製
  • OS : Android
  • ディスプレイ : 7インチ タッチパネル
  • 解像度 : WVGA(800×480ドット)
  • 薄型ボディ : 200mm×120mm×14.5mm
  • バッテリー : 4〜5時間
  • 通信機能 : 3GまたはWiMAX内蔵Wi−Fiモバイルルータ(予定)

サービスイメージ

カテゴリ:



Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes