Posts tagged 電子書籍

iPadアプリ「マーカス・チャウンの太陽系」

マーカス・チャウンの太陽系

マーカス・チャウンの太陽系

iTunes App Store で見つかる iPad 対応 太陽系.

『マーカス・チャウンの太陽系』は、インタラクティブな読書の楽しさを心ゆくまで味わえるビジュアル情報満載の太陽系をテーマとした画期的な電子ブックです。

数々 のベストセラーを世に送り出したサイエンスライターのマーカス・チャウンが、太陽を取り巻く惑星、衛星、小惑星、彗星、宇宙探査機など、多様な世界を巡る 壮大な旅へ読者を案内します。実際の科学データに基づき、ディテールにこだわって作成された、インタラクティブで、かつ美しい3D素材、動画、画像、アニ メーション、イラストが、鋭い感性と型破りの発想が持ち味の著者の魅力あふれる文章を一層引き立てます。インタラクティブな太陽系儀で天空の世界を自由自 在に操り、衛星や惑星の軌道をコントロールしたり、息を呑むような表面のディテールをさまざまな角度や視点から眺めたりすることができます。宇宙飛行士や ロボット探査機が撮影した最新の画像がiPadの画面いっぱいに広がります。

タッチプレス(『元素図鑑』の発行元)とフェーバーアンド フェーバー(イギリスの文芸書出版社)の共同プロジェクトから生まれた待望のこのタイトルは、これまでの電子ブックの常識を覆すものです。iPadをお持 ちの方への贈り物としても最適な『マーカス・チャウンの太陽系』は、水星から冥王星へ、さらにその先へと読者の想像の世界を広げてくれます。

『マーカス・チャウンの太陽系』の特徴
・ アイスランドの歌姫ビョークがこの電子ブックのために特別に作曲した未発表の壮大なテーマ曲。
・ 150を超えるストーリーページのすべてを飾るインタラクティブな画像、動画、3D素材。
・ 太陽、すべての惑星、主な衛星など、回転やピンチズームが可能な3D素材の数は40以上。
・ NASA、ESA、JAXAの宇宙探査ミッションで得られた膨大なデータの中から厳選された600枚を超える画像をiPadの画面いっぱいに表示。
・ 画像や素材には、技術的なデータを含む詳しい解説が付属。
・ 小惑星イトカワ、小惑星探査機「はやぶさ」の専用ページ。小惑星イトカワの立体画像は指先の操作による360°回転やピンチズームが可能。
・ Wolfram | Alphaのライブデータ提供機能を利用して詳しい天文学の情報にいつでもアクセス可能(インターネット接続が必要)。

引用元:[iPad] 太陽系: 元素図鑑の発行元と、小惑星イトカワの糸川博士の甥がタッグを組んだ、至高の宇宙アプリ。

この翻訳をした糸川洋氏から連絡をいただいて、僕もダウンロードさせてもらいました。

iPadアプリのなかに、有名な「元素図鑑」というアプリがありますが、あれの「太陽系」版だと思えば間違いありません。
テキストと、ときどき動く綺麗な図で太陽系の惑星の数々が紹介されています。

中身についてはAppBankがいっぱいキャプチャーして紹介してますので、そちらをご覧下さい。

この手のアプリは基本的には本文よりもむしろ写真や図版を楽しむものだと思いますが、
項目に「小惑星イトカワ」も含まれていることから分かるように、本文にはけっこう最近の知見も盛り込まれています。

また図のほうは、たとえば粒子が集まって土星の「輪」ができる様子のシミュレーションCGが収録されているなど、なるほどな、と思わされる電子書籍ならではの工夫が凝らされています。

ただ、これが電子書籍インターフェースの決定版であるとは思いません。
まだまだ工夫できますよね。

テキストも、もうちょっと改行を多くするとか、行間を空けたほうが読みやすいなあと思いました。フォントもいま一つのような。
そういうところが気になってしまうということは、やっぱりまだまだなんじゃないでしょうか。

いずれにしても、こういうちゃんと企画・製作された「インタラクティブブック」が出せるというのは羨ましいですね。

ダウンロードはこちらから

「元素図鑑」には紙の本もありますが、これも紙の本が出るんでしょうかね?

世界で一番美しい元素図鑑
セオドア・グレイ
創元社
売り上げランキング: 981
僕らは星のかけら 原子をつくった魔法の炉を探して (SB文庫)
マーカス・チャウン
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 73287

iPad用の日刊マガジン「The Daily」創刊

The Daily.
Press Releases
Introducing The Daily
First National Daily News Publication Created for iPad Launches today in the Apple App Store

iPad用日刊雑誌「The Daily」が創刊されました。
日本人の感覚では、新聞というよりは雑誌ですね。
気になる値段は、

$0.99 cents a week or $39.99 a year.

とのこと。安い。

日本でもメディアはこの動きに続くでしょうか。

生き残るメディア 死ぬメディア 出版・映像ビジネスのゆくえ (アスキー新書)
まつもとあつし
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 86844
アイメディア 新聞回収袋むすぼーくん ウッド柄 40枚入
アイメディア
売り上げランキング: 12365

将棋専門誌『将棋世界』、iPad向け電子書籍に

将棋専門月刊誌『将棋世界』 将棋雑誌初の電子書籍アプリを発売
駒の動きをタッチで再現──将棋専門誌『将棋世界』がiPad向け電子書籍に | ブック | マイコミジャーナル.

発行元の日本将棋連盟は8日、東京・将棋会館で会見を開き、iPadアプリ版『将棋世界』を9日よりApp Storeで販売すると発表した。誌面で将棋図面が動くなど、電子書籍ならではの仕掛けが盛り込まれている。

(略)

その特徴は、棋譜データを利用した手順の再現だ。記事の解説などに付随する将棋図面をタッチすると駒が動き、手順の進む・戻る・投了図の表示などの操作を自在にコントロール可能。手順の再現機能はタイトル戦、講座、詰将棋の解答で使われる。また、将棋アプリ「柿木将棋 for iPad」を導入していれば、将棋世界と連動して図面を柿木将棋で再現するといった使い方もできる。誌面は最大2倍ズームに対応しており、図面を拡大して手順を再生することも可能となっている。

ほほう。というわけで動画を見てみると……

なるほどこれは電子書籍にしかできない芸当。「将棋世界」みたいな雑誌から始まるとは思ってなかったけど、雑誌こそ電子書籍に向いてると思う。雑誌は基本的に暇つぶしに見るものだし、iPadみたいに瞬間起動する端末にはぴったり。あれを選んだりこれを選んだりすることなく、一つの端末の中にまとまって入ってるというのも良い。

画面を大きくできるのも年寄りに好まれるだろうとの話はどうかなと思うけど、大きくできないよりは確かにいいだろう。

将棋世界1月号表紙アップ用-thumb-180x257「iPad版将棋世界」はこちら。

アプリ内課金方式をとっていくとのこと。

PDFを販売するオーム社eStore(β) がオープン

オーム社estoreβ

オーム社eStore(β)

オーム社eStore(β) ご利用ガイド | Ohmsha.

理工書専門出版の株式会社オーム社は同社のPDF版書籍データを販売する「オーム社eStore(β) 」をオープンした。現在のところコンピュータ関連の書籍データが販売されている。

PDFデータだけではなく、紙版とセットのコンボパックも用意されている。

支払いにはPayPalを用いるが,PayPalのアカウントがなくてもPayPal対応のクレジットカードがあれば支払いできる。領収証はPayPalの発行するレシートとなる。


電子書籍奮戦記
電子書籍奮戦記

posted with amazlet at 10.11.19
萩野 正昭
新潮社
売り上げランキング: 1507


電子書籍の時代は本当に来るのか (ちくま新書)
歌田 明弘
筑摩書房
売り上げランキング: 7722


iPadで動く「涼宮ハルヒ」を配信 モーションポートレートと角川書店 世界初の電子書籍販促アプリ

涼宮ハルヒのBook☆Walkerナビ ©2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS 団 ©2007,2008,2009 谷川流・いとうのいぢ/SOS 団

涼宮ハルヒのBook☆Walkerナビ ©2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS 団 ©2007,2008,2009 谷川流・いとうのいぢ/SOS 団

アニメロイドシリーズ第一弾、iPadアプリ「アニメロイド『涼宮ハルヒのBook☆Walkerナビ』」を角川書店と共同で無料配布いたします.

モーションポートレート株式会社と株式会社角川書店は、モーションポートレート社が開発したMotion Portrait技術で滑らかに動作するキャラクターモデル「アニメロイド」シリーズの第一弾として、iPadアプリ「アニメロイド『涼宮ハルヒのBOOK☆WALKERナビ』」をアップルのApp Storeで無料で配信すると発表した。

『涼宮ハルヒのBOOK☆WALKERナビ』は、角川グループホールディングスの電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」と連動。BOOK☆WALKER内の電子書籍コンテンツを「アニメロイド化された涼宮ハルヒ」がナビゲートする。両社では「世界初の電子書籍販促アプリケーション」だとしている。

ナビゲーション機能のほかに、時計、アラーム、タッチパネルへの反応、自動挙動などエンターテイメント系機能も音声入りで搭載されているという。

配信予定は「近日中」とされている。




涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
谷川 流
角川書店
売り上げランキング: 4926


早川書房、『これからの「正義」の話をしよう』をiPad、iPhone対応電子書籍として、8月27日発売

『これからの「正義」の話をしよう』 iPad、iPhone対応電子書籍として、8月27日発売予定

【書籍情報】
・タイトル  『これからの「正義」の話をしよう』
・著者 マイケル・サンデル
・訳者 鬼澤忍
・発売日 2010年8月27日
理想書店:iPad/iPhone/PC対応の電子書籍を発売開始
App Store:iPhone/iPod touchアプリを先行発売(後日のアップデートでiPadへ対応します)
・価格 1,600円(税込)【発売日から3週間(9月17日まで)は特別価格900円(税込)】

引用元: ハヤカワ・オンライン|早川書房のミステリ・SF・ノンフィクション:新着ニュース.

早川書房は、2010年8月27日、マイケル・サンデル『これからの「正義」の話をしよう』の電子書籍版を発売する。iPad・iPhone・ PC対応の電子書店「理想書店」(株式会社ボイジャー)および、iPad・iPhone・iPod touch対応の電子書籍として「App Store」で購入できるようにするという。

同日は、著者であるマイケル・サンデル氏を招聘して行われる「ハヤカワ国際フォーラム」の開催日でもある。サンデル氏の来日、「ハヤカワ国際フォーラム」の開催記念として、発売日から3週間、期間限定特別価格 900円(税込)(通常価格は1,600円(税込))にて配信する。

関連記事

早川書房、サンデル教授の『これからの「正義」の話をしよう』の第一章をPDFで無料提供中


これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル Michael J. Sandel
早川書房
売り上げランキング: 5


早川書房、サンデル教授の『これからの「正義」の話をしよう』の第一章をPDFで無料提供中

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル Michael J. Sandel
早川書房
売り上げランキング: 3

これからの「正義」の話をしよう:ハヤカワ・オンライン.

「ハーバード白熱教室」NHK教育テレビにて放送中(2010年4月4日〜6月20日、毎週日曜18:00〜19:00、全12回)。金持ちの税金を貧者に分配するのは公正か。前の世代が犯した過ちについて、私たちにつぐないの義務はあるか。個人の自由と社会の利益はいかにして両立可能か──豊富な実例で古今の哲学者の思想を解きほぐす。アメリカ現代思想界の雄による、ハーバード大学史上最多の履修者数を誇る超人気講義。

1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか? 金持ちに高い税金を課し、貧しい人びとに再分配するのは公正なことだろうか? 前の世代が犯した過ちについて、私たちに償いの義務はあるのだろうか——。
つまるところこれらは、「正義」をめぐる哲学の問題なのだ。社会に生きるうえで私たちが直面する、正解のない、にもかかわらず決断をせまられる問題である。
哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。
アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。
ハーバード大学史上最多の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー、待望の邦訳。

という内容の『これからの「正義」の話をしよう』(マイケル・サンデル 著 鬼澤忍 訳/早川書房)ですが、早川書房が第一章のPDFでの無償提供を始めました。
こちらからダウンロードできます

続きは買って読んでねというわけです。
ベストセラーになったからこそできることでもありますが、
売れる本はこうしてますます売れて行くんでしょうね。

ソーシャルメディアが花盛りのネット上ですが、これからは、それを利用してどんどん攻める出版社と、座して死を待つだけの出版社との間でどんどん差が広がっていくように思います。


これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル Michael J. Sandel
早川書房
売り上げランキング: 3


eBookJapanのiPad向け電子書籍売上がiPhoneの2倍に急伸

2010-026-001

ニュースリリース – 電子書籍はeBookJapan : iPadの電子書籍売上がiPhoneの2倍に急伸!.

iPad、iPhone、iPod touch向けに業界最多の28,000点を超える電子書籍をダウンロード販売している電子書籍販売サイト「eBookJapan」は、、iPad向けサービスの月間売上が、iPhoneサービスの売上の2倍に達したと発表した。

eBookJapanは、2008年11月19日からiPhone/iPod touch向けサービスを開始。2010年5月28日にはiPad向けサービスを加えた。そしてiPadが国内で発売されてから2ヶ月後の7月末には、iPadサービスの月間売上が、iPhoneサービスの売上の2倍にまで急成長したという。

これは、「iPadがこれまでの端末にはない電子書籍に対する親和性をもつことの証といえます」としている。売れているタイトルはiPhoneと同じで、長編マンガが中心だという。


ハンドメイドフェルトケース for iPad(オレンジ)
buzz-house design.
売り上げランキング: 6293


TUNEWEAR iPad用ハードケース TUNESHELL for iPad TUN-PD-000002
FocalPointComputer (2010-05-25)
売り上げランキング: 639


アスキー・メディアワークス、iPad/iPhone向けオリジナル電子コミック雑誌『電撃コミック ジャパン』を創刊

AMW|ニュースリリース 日本初 iPad/iPhone用 完全オリジナル描き下ろし電子コミック雑誌 『電撃コミック ジャパン』 創刊のお知らせ.

株式会社アスキー・メディアワークスは、日本初となるiPad/iPhone/PC用の完全オリジナル描き下ろし電子コミック雑誌『電撃コミック ジャパン』 を、2010年12月に創刊する。

創刊に先駆け、2010年秋に電子書籍サイト「理想書店」でパイロット版(プレ創刊号)を発行する。2010年秋発行のパイロット版(プレ創刊号)と12月発行の創刊号は、無料配信を予定している。また、雑誌に掲載された作品については、電子版だけでなく書籍としてもコミックス化し、書店でも販売する。

■『電撃コミック ジャパン』 パイロット版(プレ創刊号)の主な概要

予定価格 : 無料
ページ数: 120ページ(予定)
発行日 : 2010年秋予定
発行元 : アスキー・メディアワークス
配信元 : ボイジャー「理想書店」
配信プラットフォーム : iPad、iPhone、PC
言語 : 日本語

掲載予定作家:
外薗昌也(代表作「犬神」講談社)
押切蓮介(代表作「でろでろ」講談社)
見ル野栄司(代表作「シブすぎ技術に男泣き!」中経出版)
阿部洋一(代表作「バニラスパイダー」講談社)
陳 淑芬(台湾人イラストレーター)
小竹田貴弘(代表作「怪異いかさま博覧亭」一迅社)
おがたちえ(代表作「しあわせ出産!」共著 秋田書店)
岩村月子(新人)
佐治晴斗(新人)
黒背骨実角(新人)



 iTunes Store(Japan)


 iTunes Store(Japan)


NTTドコモと大日本印刷が電子出版ビジネスで提携

報道発表資料 : NTTドコモ 大日本印刷 電子出版ビジネスで提携 | お知らせ | NTTドコモ.

NTTドコモと大日本印刷株式会社(DNP)は、携帯端末向け電子出版ビジネスにおける業務提携に向けて基本合意したと発表した。

今後、携帯電話やタブレット型端末などの通信端末でいつでもどこでも利用できる電子出版市場の発展と、紙の書籍と電子出版コンテンツのハイブリッド型サービスの普及に向けて、コンテンツ収集から配信、電子書店の運営までを一貫して行う電子出版サービスの提供を目指す。サービス開始は今秋を予定。

基本合意の主な内容

  1. ドコモユーザを核とした利用者層向け電子出版プラットホームの共同構築
  2. 書籍やコミック、雑誌、新聞など10万点を超える電子出版コンテンツの収集・電子化・販売
  3. ドコモの携帯電話、スマートフォン、タブレット型端末、電子書籍専用端末など、様々なデバイスに対応した電子書店サービスの運営
  4. DNPグループであるリアル書店(丸善・ジュンク堂・文教堂)やオンライン書店(「bk1(ビーケーワン)」)と電子書店との連携
  5. 5,600万人のドコモユーザとDNPグループのリアル書店を利用するユーザに向けた新たな読書マーケットの創出
  6. 展開方針
  • 今秋のサービス開始
  • 共同事業会社設立の検討
  • 出版社などコンテンツホルダや、様々な端末メーカーなどへの協力の依頼
  • 海外に向けた配信も想定した新たなビジネス展開の実現

DNPは、パソコンや携帯電話向け電子書籍販売サイトの運営など電子出版コンテンツの配信事業を展開してきた。

今秋には約10万点の電子出版コンテンツを揃えた国内最大規模の電子書店をオープンする予定で、DNPのグループ会社である株式会社図書館流通センター(TRC)が運営するオンライン書店「bk1」と連携し、紙の書籍と電子書籍を提供するハイブリッド型書店の開設に向けた準備を進めている。

さらに、同じDNPのグループ会社である丸善、ジュンク堂書店、文教堂などのリアル書店とも連携する。DNPグループで運営する、このハイブリッド型書店は、電子出版コンテンツ販売におけるオープンなプラットホームを目指しているという。

今後、ドコモとDNPは、ドコモが持つ情報配信システムや決済システムと、DNPが計画しているハイブリッド型書店のシステムとを連携させて電子出版プラットホームを構築し、新たな電子書店を開設することを目指す。

リリースでは、株式会社講談社、株式会社小学館、日本電気株式会社、LG Electronics Japan株式会社、Samsung電子株式会社などが「賛同」のコメントを寄せている。


ブックビジネス2.0 - ウェブ時代の新しい本の生態系
岡本 真 仲俣 暁生 津田大介 橋本大也 長尾真 野口祐子 渡辺智暁 金正勲
実業之日本社
売り上げランキング: 1088


私にはもう出版社はいらない~キンドル・POD・セルフパブリッシングでベストセラーを作る方法~
アロン シェパード 佐々木 俊尚
WAVE出版
売り上げランキング: 10218


電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア
高島 利行 仲俣 暁生 橋本 大也 山路 達也 植村 八潮 星野 渉 深沢 英次 沢辺 均
ポット出版
売り上げランキング: 6890


Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes