Posts tagged 教材

ジェイエス・ロボティクス、「かぶと虫ロボット All in One C言語入門編」を発売

かぶと虫ロボットセット内容

かぶと虫ロボットセット内容 ①データCD ②テキスト ③かぶと虫ロボットキット
④外部電源キット ⑤AVR ISP mkⅡCD ⑥AVR ISPmkⅡ

株式会社ジェイエス・ロボティクスは、C言語による組み込みプログラミング学習教材「かぶと虫ロボット All in One C 言語入門編(JX-TTW-PN1 Rev 1.0)」を発表した。秋葉原のロボットショップ・テクノロジア株式会社で販売する。価格はオープンプライス(参考価格 税込16,800 円)。工学系専門学校や大学の授業などで用いる場合は教育機関用廉価も別途用意される。

このセットとパソコンだけで、ATMEL社のAVR1マイコンと開発環境「AVRStudio4.01」を使ったC言語による組み込みプログラミングを学習できる。かぶと虫ロボットには、モーター、センサー、スイッチ、スピーカーなどのデバイスが搭載されており、それらを使うための組み込みプログラミングが学習可能。

60ページのテキストも付属しており、14 個のサンプルプログラムが記載されている。テキストを用いることで14時間35分でC言語による組み込みプログラミングの入門編を学習できるとしている。

カブトムシロボット

カブトムシロボット

カブトムシロボットの応用例(セットに含まれているのは基板のみ)

カブトムシロボットの応用例(セットに含まれているのは基板のみ)

AVRマイコン活用ブック―わかるマイコン電子工作
松原 拓也
電波新聞社
売り上げランキング: 150528

ZMP、電気自動車の研究開発向けリチウムイオン電池実験キットと画像認識モジュールを発売

ZMPは、電気自動車の研究開発向けリチウムイオン電池実験キット「e-nuvo BMS」と、リアルタイム画像認識モジュール「RoboVision & RoboVision SDK 2011」を発売したとリリースした。

リチウムイオン電池実験キット「e-nuvo BMS」

e-nuvo BMS

e-nuvo BMS

リチウムイオン電池実験キット「e-nuvo BMS」はバッテリマネジメントシステム研究開発用のスタートアップ用実験キットで、リチウムイオン電池・充電器・バッテリマネジメントシステム(BMS)から構成されている。充放電の様子やBMSの働きを観察することができる。

価格は498,000円(税別)。

【主な仕様】
バッテリ:リチウムイオンバッテリ
総電圧:25.9V(3.7V、16Ah×7セル)
インバータ出力電圧:100V
通信:CAN(USBポート)

RoboVision & RoboVision SDK 2011

RoboVision & RoboVision SDK 2011

RoboVision & RoboVision SDK 2011

RoboVision & RoboVision SDK 2011」は同社が2009年11月から販売しているリアルタイム画像認識モジュール「RoboVision」のソフトウェア開発環境を強化したもの。

移動車両やロボットの障害物検知のためのビジョンシステム、ジェスチャインタフェース研究などに使われて来たが、今回、様々な曲率の白線を検知する機能と、ノイズに強いステレオ視アルゴリズムを搭載した。さらにルネサスエレクトロニクス社高速並列画像認識チップIMAPCAR®の開発環境「sdbimap」の最新版を収録。これにより電気自動車や次世代モビリティに必要となる運転支援や自動運転などのアプリケーション研究開発がさらに進めやすくなったとしている。

価格は一般540,000円(税別)、アカデミック430,000円(税別)。

電気自動車の制御システム
廣田 幸嗣 編著 足立 修一 編著 出口 欣高 著 小笠原 悟司 著
東京電機大学出版局
売り上げランキング: 139891

ZMP、中型倒立二輪ロボット「e-nuvo WHEEL-M」を開発 教材、研究開発プラットフォーム用ロボット

中型倒立二輪ロボット e-nuvo WHEEL-M.

ゼットエムピー(ZMP)は、成蹊大学理工学部柴田昌明教授との共同企画として、高さ約50cmの倒立二輪ロボット「e-nuvo WHEEL-M」を開発したと発表した。

現代制御や古典制御を学ぶ教材、見回りロボットの研究開発用プラットフォームのロボット。一般価格は、85 万円(税別)、アカデミック価格:70 万円(同)。受注生産で納期は約3 か月。

右上写真のカメラを取り付けると高さ約70cmとなる。ロボットが人と1.5m程度離れてついてくれば、膝から頭までをモニタリングできるという。また、その場旋回可能な独立二輪駆動を採用して小回りがきき、不整地での走行も可能。

カメラをつけた状態

カメラをつけた状態

また、バッテリと基板類の位置を変えることにより4 パターンの質量特性で実験ができるなど、古典(PID)制御、現代制御の実習教材として最適な構成となっているとしている。CPU(H8)基板やCPLD 基板などシステム構成は同社の高さ24cmの教材「e-nuvo WHEEL」と共通化されているので、組み合わせることで段階的、発展的な実習も可能。

e-nuvo WHEEL M(左)とe-nuvo WHEEL(右)

e-nuvo WHEEL M(左)とe-nuvo WHEEL(右)

あのスーパーロボットはどう動く―スパロボで学ぶロボット制御工学 (B&Tブックス)
金岡 克弥
日刊工業新聞社
売り上げランキング: 200318
週刊 ロボゼロ 2011年 3/1号 [雑誌]
デアゴスティーニ・ジャパン (2011-02-08)

ヴイストン,教育・研究開発用の1/10スケールロボットカー「ビュートEV」発売

ビュートEV

ヴイストン株式会社は、車両制御学習や電気自動車、カーロボティクス研究に適した1/10スケールのロボットカープラットフォーム「ビュートEV(Beauto EV)」の販売を開始した。

メインCPUに小型WindowsノートPC、サブCPUとしてビュートシリーズと同じ学習用マイコンボードを搭載。車両制御のように制御が単純で反応速度を要求される処理はマイコンボードより制御し、画像処理などのより高度な処理はPC上で処理を行う。価格は399,000円(税込)で受注生産品、完成済みでの販売になる。

問い合わせ先は下記のとおり。
ヴイストン株式会社 大阪本社( http://www.vstone.co.jp/
〒555-0012 大阪府大阪市西淀川区御幣島2-15-28
TEL:06-4808-8701 FAX:06-4808-8702
E-mail: infodesk@vstone.co.jp

ビュートEV構成図
日本工業大学ものづくり環境学科のコンセプトをもとにヴイストン社が開発した「ビュートEV」は、

1)1/10スケールで低価格。導入しやすいロボットEVであり、
2)同社が展開している組み込み学習用教材ビュートシリーズの最上位機種、センサなど豊富な拡張性を持ち、
3)PCを標準搭載し、高度な研究、開発や、RTミドルウェアにも対応している

という3つの特徴を持つ。

センサを搭載できる小型ロボットカーを使うことで、EVにおける車両制御の学習から、複数台走行時の実験・シュミレーションまで、さまざまな用途に簡単に導入できるという。日本工業大学ものづくり環境学科に納入した「ビュートEV」は、交通流の円滑性向上、環境負荷軽減のための自動車制御システムの開発や、運転支援システムの評価など、自動車社会のニーズに則した教育研究に利用される予定。

搭載マイコンボードは2種類から選択できる。入門・学習用途には、初学者 にも利用しやすい環境や豊富な資料などが整っているH8マイコン搭載モデル、高度な実験・研究用途には、処理がより高速なARMマイコン搭載モデルが使える。

小型WindowsノートPC を搭載しているため全周囲を撮影可能な全方位センサや、スキャナ式レーザレンジセンサなど様々なセンサが搭載できるほか、内蔵ストレージに走行状態のログや走行中の前方映像などを保存可能。無線LANを利用し、高度道路交通システム(ITS)などネットワークを利用した走行システムの研究にも応用できるという。

オプションとして全方位センサ、 スキャナ式レーザレンジセンサも搭載可能 車両後部に小型ノートPCを搭載

オプションとして全方位センサ、 スキャナ式レーザレンジセンサも搭載可能 車両後部に小型ノートPCを搭載

またマイコンボード用の基本的な車両制御用ファームウェアのサンプルも付属しているので、組み込みプログラミングが苦手でも、PCのみで車両制御プログラミングが可能だとしている。このほか「RTミドルウェア」向けのライブラリ及びサンプルソースも付属しており、RTミドルウェアを利用したロボットシステムに容易に組み込むことができる。

ビュートEV仕様

教材用「かぶと虫ロボット」を発表 ジェイエス・ロボティクス

カブトムシロボット

(株)ジェイエス・ロボティクス.
株式会社ジェイエス・ロボティクスは、教育用ロボット「かぶと虫ロボット  (JX-TTW Ver 1.0) 」を発表した。パソコンがなくてもプログラミングが出来るロボット教材でロボット教室などでの利用できる。また、パソコンおよびUSBシリアル変換基板を使用すれば、ArduinoなどのオープンソフトウェアやAVR Studio (C言語)を使った本格的なプログラミング環境で組み込み技術者の教育に使用できるという。

価格は5880円(税込み)。教育機関用廉価版も別途用意する。発売は8月1日。

60mm×80mm×30mmのロボット本体にはDCモーターを2個使っており、差動駆動で前後左右に移動できる。単四電池2本で動作する。ロボットにはあらかじめ16種類のプログラムが組み込まれており、赤外線センサーを使うことでライントレース、相撲、オルゴール演奏など競技ができる。

基本プログラミングには、同社が教材ロボット「てんとう虫ロボット」で採用した白黒パターンを用いたシートを使う。大まかな部分は予めプログラムしておき、一部分を空白にした虫食い形式にし、その部分を生徒に実際に手を動かして塗らせるためのレッスンシートを用意した。これによってプログラミングを体験しながら、基礎の力をつけていく事ができるとしている。

カブト虫ロボットプログラミング


Arduinoをはじめようキット
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 706


Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ
小林 茂
オライリージャパン
売り上げランキング: 3903


Arduino Duemilanove 328
Arduino Duemilanove 328
posted with amazlet at 10.07.20
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 2777



LEGO Mindstormsを期間限定で100校に無償貸与 アフレル 

LEGO Mindstorms
教育用レゴ マインドストーム 正規代理店(株)アフレル – 教材・技術サポート LEGO Mindstorms NXT / RCX.

株式会社アフレルは、教育用のロボットキット「レゴ マインドストーム」を中心にしたカリキュラムセットを、公立中学校と高校を対象に、無償で最長連続3ヶ月間貸し出す「アフレル・ロボット100プロジェクト」を開始すると発表した。

貸し出し対象は以下。

○中学校 技術・家庭科 技術分野向け
WARPシリーズ「ロボットと計測・制御」
○高校 情報・情報基礎
REALシリーズ「ロボットと情報技術」 NXTプログラミング入門

実際の授業での使用を前提としている。貸出期間は2010年9月~2012年9月までで、最長3ヶ月。7月1日から受付開始する。 貸出条件に合う学校で先着順。詳細はホームページ(http://www.afrel.co.jp/academy/roboproject/)で公開されている。



入門LEGO MINDSTORMS NXT レゴブロックで作る動くロボット
大庭 慎一郎
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 235771


ロボットショップ Robotma.com、オリジナル組立てキット「ISAMARO」を発売

ISAMARO

ISAMARO

ロボット 専門 ショップ – Robotma.com(ろぼとまどっとこむ) – /商品詳細 ISAMARO ろぼとま オリジナル組立てキット.

ロボット専門ショップの「Robotma.com(ろぼとまどっとこむ)」は、ろぼとまオリジナル組立てキットとして二足歩行ロボット「ISAMARO(いさまろ)」の受注を行っている。価格は147,000 円(税込み)。完全受注生産で、5月から順次出荷する。

「ISAMARO(いさまろ)」は身長400mm,重量は1700gの2足歩行ロボット組み立てキット。モーターは全19軸で、近藤科学「KRS-4024S HV(メタルギア)」を採用している。

股関節、足首には直交軸を採用。コントロールボードはRCB-3HVで、無線装置はオプション。ろぼとまでは、各種ロボット競技用の入門キットとして最適としている。

内容は下記のとおり。

  • ISAMAROフレームセット:1セット
  • ISAMAROネジセット:1セット
  • KRS-4024S HV(メタルギア):19個
  • KRS-4024用樹脂フリーホーン:10個
  • アームサポーター4000A:2個
  • サーボアーム 4000A:1個
  • ケーブルガイドセット:2個
  • KHR用バスタブソール: 1個
  • ボードカバーセット:1個
  • フロントカウルセット(クリア):1個
  • ボディポスト:1個
  • HV電源スイッチハーネス:1個
  • リチウムポリマーバッテリー:1個


KRS-4024S HV ICS Red Version(11.0V仕様) 6個セット
近藤科学
売り上げランキング: 157078


ゼットエムピー、新テキスト『ロボット教育の専門家・水川真教授のライントレース講座』をリリース

e-nuvo WHEEL

株式会社ゼットエムピーは、車輪・倒立二輪型ロボット教材「e-nuvo WHEEL(イーヌーボー・ホイール)」を使ってセンサ入力からモータ制御(PID制御、トルク制御)までを学べるカリキュラム『ロボット教育の専門家・水川真教授のライントレース講座』をリリースした。芝浦工業大学工学部長の水川真教授が監修している。

【カリキュラムの特徴】

  • ライントレースロボット(WHEEL-ライントレースオプション)を用いて、電気回路、マイコンの基礎、プログラミングを学習可能
  • ライントレースの原理として、フォトセンサの取得方法、センサフィードバックによる制御理論を学習可能
  • マイコンの基礎として、入出力ポートの使い方、LED点灯、DIPスイッチの取得、AD変換の使い方、タイマーの使い方、PWMの出力方法などを学習可能
  • ライントレースロボットを動かす為に必要な、DCモータの動作方法(FETによるHブリッジ、専用ICについて)、ロータリーエンコーダ(2逓倍、4逓倍)の取得方法、更に発展的な学習として、PID制御による回転速度制御、電流フィード バックによるモータのトルク制御を学習可能

【構成】

  • 第1章 ライントレースロボットとメカトロ教育
  • 第2章 マイコンの基礎
  • 第3章 DCモータ
  • 第4章 ロータリーエンコーダ
  • 第5章 フィードバック制御

(全約90ページ)
※サンプルプログラムを収録したCD-ROM付属

【監修・著者・発行者】
監修 水川 真
著者 九十九里 洋介
発行者 株式会社ゼットエムピー

【価格】
アカデミック価格 4,900円 一般価格5,900円

日本工業大学とZMP社、120cmの教材ヒューマノイドロボットを導入

日本工業大学が導入した120cmの教材ロボット。ゼットエムピー社と共同開発した

日本工業大学が導入した120cmの教材ロボット。ゼットエムピー社と共同開発した。ロボットの後ろに立っているのはコンセプトや仕様を決定した創造システム工学科 准教授の中里裕一氏

12月19日、日本工業大学は、ロボットベンチャーのゼットエムピー社と共同開発した身長120cmのロボットを報道陣に公開した。学生からデザイン案やコンセプトを公募。そのデザイン案をもとに愛知万博でも出展されたトヨタ「i-unit」のデザイン等で知られる根津孝太氏(有限会社znug design(ツナグデザイン))がまとめた。

このロボットは教材として使われるだけでなく、教師と掛け合いしたり頭部に搭載したプロジェクターを使ったりして教室を盛り上げるためにも使われる予定で、小学校や介護施設などに出張する予定もあるという。

詳細はのちほど、インプレス「Robot Watch」でご覧下さい。

モータ制御で学ぶ電子回路と組込みプログラミング

著者/訳者:坂井 亮介

出版社:毎日コミュニケーションズ( 2009-02-28 )

定価:

単行本(ソフトカバー) ( 240 ページ )

ISBN-10 : 4839926999

ISBN-13 : 9784839926991



Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes