Posts tagged 国際宇宙ステーション

JAXA、「きぼう」に日本のヒューマノイドロボット コミュニケーション用途、高橋智隆氏が製作予定

「きぼう」を利用した社会課題の解決を目指すアイデア提案の選定結果:「きぼう」での実験 – 「きぼう」日本実験棟 – JAXA.

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟を利用して、社会の課題解決につながる実用的な成果を創出することを目指して、フィジビリティスタディ(FS)テーマを募集し4件を選定した。

選定された4件の候補テーマは、「きぼう」を利用した社会課題解決テーマのフィジビリティスタディ提案募集(2010年11月15日~12月20日)に応募のあった提案から、JAXA及びJEM応用利用推進委員会にて評価・選定されたもの。

今回選定されたFSテーマは、今後FS作業を行い、宇宙実験計画書(案)を作成し、きぼう利用フェーズへの移行可否を、JAXA及びJEM応用利用推進委員会にて評価することになる。

この中の一つに

テーマ名:ISS滞在型・情報発信ロボット
代表研究者:(株)電通:西嶋頼親

というものがあった。

リリースには別紙があり、そちらにはこのテーマ(ISS滞在型・情報発信ロボット)についてはこうある。

目指す社会課題解決
高齢化社会における高齢者との意思疎通の問題の解決を目指して、遠隔地からでも高齢者との意思疎通を円滑にするコミュニケーションロボットの実用化を目指す。

きぼう利用の概要
宇宙飛行士との交信を、ISS内の擬人化したロボットを介在して行うことにより、意思疎通の向上やストレス緩和を図る実験を行い、地上からの宇宙飛行士支援機能の向上に役立てる。この結果を基に、遠隔地からでも高齢者との意思疎通が円滑に行えるコミュニケーションロボットを開発する。

日経の記事:
「ツイッターもするよ」 言葉わかるヒト型ロボ、宇宙へ
JAXA、13年にも打ち上げ

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東京大学、電通は共同で国際宇宙ステーションに国産ヒト型ロボットを常駐させる計画に乗り出す。人間の表情や言葉を理解し会話や意思疎通ができる機能を持たせる。宇宙飛行士に代わって地上と交信したり、ミニブログ「ツイッター」で宇宙から情報発信したりできるようにする。2013年にも打ち上げる。

の元ネタと思われたが、詳細についてはこれ以上のことはリリースには掲載されていないので、JAXAに問い合わせた。

まず日経の記事で「東大」とあるのは、2010年1月から東京大学先端科学技術研究センター特任准教授を務めているロボットクリエイターの高橋智隆氏だった。

今回の提案については、JAXA広報としては、例えば、「きぼう」に日本人宇宙飛行士がいないときに、ロボットがカメラで地球などを撮影して、ツイッターなどで地上に送ることで、「きぼう」に日本人宇宙飛行士がいないときも「きぼう」を意識されるようにすることなどを検討したいとのこと。

またこの後、この提案はフィージビリティスタディ(実現可能かどうか検討するための研究)を行うわけだが、地上開発時から、Twitterやfacebookなどを活用する事を検討するとのこと。

今回のテーマ採択について、「え?」と思ったロボット関係者もいる。これまでJAXAは基本的にヒューマノイド(ヒト型ロボット)に冷淡に見えていたからだ。

今回のロボットは上記のとおり、将来的には遠隔地の高齢者との意思疎通やストレス緩和など心理サポートを行うことに役立てることができると評価されたという。そこで、喋り方、声のトーン、顔の表情なども重要だと考えて、ヒューマノイドを想定したとのことだ。

史上最強のロボット!(ナレッジエンタ読本20)
高橋 智隆 柳田 理科雄
メディアファクトリー
売り上げランキング: 195717
京商 マノイ PF01(HR100)コントローラーセット

京商 マノイ PF01(HR100)コントローラーセット
価格:178,000円(税込、送料込)

NASA+GMの「ロボノート2」、2月末に国際宇宙ステーションへ(動画多数)

世界で初めて宇宙に送られるヒューマノイドとなる「ロボノート2」。これまでにも本誌「NODE」では何度か取りあげてきました。

打ち上げ予定が延期されたりしていましたが、またまた打ち上げ予定が近づいてきました(2011年2月24日午後4時50分(米国東部標準時間)、日本時間では同25日午前6時50分))。ホームページも更新されていたので、それらを元にもうちょっと詳しい記事をアップしておきます。

「ロボノート(Robonaut)」は、NASAジョンソン宇宙センターによる「器用な」ヒューマノイドロボット。NASAとGMにより、人間の仕事を宇宙空間で助けることができるマシーンを作ることを目標として開発された。ロボノートは人間のすぐそばで働けるようにデザインされている。また、人間が出て行くにはリスクが高いところでも働けるように機能拡張が可能だという。特に、宇宙服を着た宇宙飛行士を超える器用さを持つことを目指している。

ロボノート2は42自由度、350のセンサーを持つ人間の上半身型のロボット。自由度の内訳は腕が7×2、ハンドが12×2、首が3、腰が1。ウエストから頭の上までの高さは1mと1.6cm。肩幅は78.74cm。重さはおよそ150kg。

350以上のセンサー、50のアクチュエータが内蔵されており、上腕部はブラシレスDCモータ、ハーモニック減速機、電磁ブレーキなどが組み合わされている。また、トーションばねを用いることで衝突時の危険を減らしている。ハンドは宇宙服を来た宇宙飛行士同等の器用さが発揮できるように設計されている。

メインCPUはPowerPC×2。一台目で衝突や上位レベルの計算を行い、もう一台で低レベルの計算とキネマティクスを計算を行う。OSはVxWorks。操作インターフェースは簡便なものになっているとのこと。

ファクトシートはこちら

こちらの写真を見れば分かるが、実際のロボノートの本体の外装は金色。これは宇宙線など高エネルギー放射線から電子部品を守るためのポリイミドフィルムを使った多層断熱材と思われる。その金色ボディの上に白い「服」を着せている。服にも当然機能があると思われるが詳細不明。

現在は4体のロボノートがあり、他にも開発中のものがあるという。モビリティやコントロール方法、タスクオペレーションなどが異なるタイプの研究を行っているという。

他のデザインを上回るヒューマノイドの価値は、同じ空間・ツールを使えることにあるとしている。ロボノートは地球低軌道からさらに離れた広大な宇宙空間に出て行くNASAの将来のために必須だと研究グループは語っている。

「ロボノート2(R2)」は国際宇宙ステーションにスペースシャトルで間もなく打ち上げられる予定だ(STS-133(ミッション概要)、打ち上げは2011年2月24日午後4時50分(米国東部標準時間)、日本時間では同25日午前6時50分)。宇宙で活躍する最初の器用なヒューマノイドロボットであり、宇宙空間で活躍する初のアメリカ製のロボットでもあるという。

研究グループはこれを「一体のロボットにとっては小さな一歩だが、ロボット一族にとっては大きな一歩だ(But that will be just one small step for a robot and one giant leap for robot-kind.)」と述べている。

パッキングされるロボノート2。

「R2」は国際宇宙ステーション内に配置された台座に固定される予定だ。次のステップには、宇宙ステーション内の通路を移動するための足の開発や、R2を真空の宇宙空間に連れ出すためのアップグレードが含まれている。さらに将来には足あるいは車輪を使った低重心のボデイを月面や火星表面で運用するために開発する。R2のための4輪のローバーは「ケンタウロス2(Centaur 2)」と呼ばれており、アリゾナで2010年にテストされたという。

こちらは10年前に開発された「ロボノート1」の動画。「ロボノート2」は動作速度が4倍になったとか。いろんな実験の様子が分かります。

宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機打ち上げ成功 H-IIBロケット2号機(動画)

引用元: JAXA|H-IIBロケット2号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)の打上げ結果について.

打ち上げ、軌道投入ともに成功。このあと高度を上げて国際宇宙ステーションにドッキングする予定。

今回は早々にオフィシャル動画や朝日新聞などによる動画がアップロードされています。

朝日 無人補給船載せたH2Bロケット2号機、打ち上げ成功

直径約4.4メートル、長さ約10メートルの円筒形で、荷物を含めた総重量は約16トン。宇宙飛行士の食料や飲料水、衣類やシャンプーなどの日用品、日本の実験棟「きぼう」の実験機器などを積み込んでいる。機体の製造費は約150億円。

ロボット宇宙飛行士「ロボノート2」、11月に国際宇宙ステーションへ

Robonaut: International Space Station Mission.

上半身型のヒューマノイドロボット宇宙飛行士「ロボノート2(Robonaut 2)」が、スペースシャトル「ディスカバリー」で打ち上げられ(STS-133)、国際宇宙ステーションのメンバーに加わるそうです。当初9月とされてましたが、11月1日に打ち上げられることになったとか。

ロボノート2については、

をご覧下さい。

久しぶりにR2が動いてる様子をテレビで見ましたが、やっぱりよくできてますね。

ついでですが、ロボノートのTwitterアカウント(@AstroRobonaut)もできてます。

スカイ テラ シルバー台
スカイ テラ シルバー台
posted with amazlet at 10.08.05
渡辺教具製作所
売り上げランキング: 56463


国際宇宙ステーションとはなにか (ブルーバックス)
若田 光一
講談社
売り上げランキング: 78100


ISS 国際宇宙ステーション (1/144 R04841)
ドイツレベル (2010-09-25)
売り上げランキング: 77994


野口聡一宇宙飛行士がISSから撮った東京 & ヤマトTシャツ

野口聡一氏の撮影した東京の夜景。Twitterへの投稿から。

野口聡一氏の撮影した夜の東京。Twitterへの投稿から。フルサイズ画像はリンク先で見られます。

5ヶ月間の宇宙滞在中の野口聡一宇宙飛行士が、国際宇宙ステーション(ISS)から東京を撮影し、Twitterに投稿した写真が話題になってます。野口飛行士のアカウントは@Astro_Soichi

こちらの動画を見ると、野口飛行士はISSに、「宇宙戦艦ヤマト」の乗組員(戦闘班)のTシャツを持っていったようです。

野口氏は1965年生まれ。まさにヤマト世代です。

野口氏は著書も多いですが、文体はフレンドリーというか、率直な語り口で読みやすいです。

宇宙日記―ディスカバリー号の15日
野口 聡一
世界文化社
売り上げランキング: 39898
宇宙戦艦ヤマト TV DVD-BOX( 初回限定生産)
バンダイビジュアル (2008-02-22)
売り上げランキング: 17728

野口聡一宇宙飛行士、国際宇宙ステーションからTwitterで「つぶやき」を届ける予定

81.3 FM J-WAVE : 野口聡一blog : [M+] MUSIC PLUS.によると、12/21日午前6時51分(日本時間)にバイコヌール宇宙基地から打ち上げられるソユーズで「国際宇宙ステーション(ISS)」にむかい、長期滞在する予定の宇宙航空研究開発機構の野口聡一宇宙飛行士は、宇宙ステーションからTwitterでつぶやいてくれるそうです。

曰く、

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
今回はNASA、JAXAの共同プロジェクトで
twitterをISSから発信する予定です。
なのでこちらのページにもtwitterをリアルタイムで
流していただけることになりました

とのこと。

野口氏のTwitterアカウントは

http://twitter.com/Astro_Soichi

ついでに本誌のアカウントもfollowよろしくお願いします!

宇宙日記―ディスカバリー号の15日

著者/訳者:野口 聡一

出版社:世界文化社( 2006-01-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,620

大型本 ( 94 ページ )

ISBN-10 : 4418065024

ISBN-13 : 9784418065028


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

テザーで自在に移動する日本の宇宙ロボット「REXJ」

国際宇宙ステーションでのロボット実験~REXJ

自在に伸び縮みする腕を使って、宇宙ステーションを動き回るロボットの実験が2011年度から始まる予定だそうです。名前は「REXJ(Robot Experiment on JEM)」。

自在に伸展する腕の先から、フックがついたひも(テザー)を宇宙飛行士がつかむハンドレール(手すり)に固定して移動していきます。
普段は日本の「きぼう」モジュールの暴露部のなかに収まっていて、必要なときに出てきます。

仕事は太陽電池パネルの掃除や大型構造物の組み立て。複数台のロボットによる協調作業も可能。宇宙飛行士の作業支援を行うロボットです。

実証実験ではテザーをちゃんと使えるか、係留出来るか、いかに振動を少なく移動出来るかなどの評価実験を行って行くとのことです。

JAXAのサイトには他の宇宙ロボットもまとめられてます。

手すりの類をつかんで移動するとロボットということで、ついでなのでこちらも紹介しておきます。
「Shady: A Truss Climbing Window Shade」

MITのDistributed Robotics Labが開発したロボットとのこと。窓枠を登って行きます。直射日光を遮るため、とか言われてますが、これもおそらく軌道上の構造物を移動するためのロボット技術の一環として開発されたものなのではないかと思います。

最後にパラソルを広げますが、これなんかも実際には太陽電池パネルを展開、って感じなんじゃないのかな。

宇宙環境利用の基礎と応用 (宇宙工学シリーズ)

著者/訳者:東 久雄

出版社:コロナ社( 2002-11 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,564

単行本 ( 228 ページ )

ISBN-10 : 4339012254

ISBN-13 : 9784339012255


環境地球儀 ブルー テラ

環境地球儀 ブルー テラ

定価:¥ 3,564

カテゴリ:おもちゃ&ホビー


Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes