Posts tagged 出版

NTTドコモと大日本印刷が電子出版ビジネスで提携

報道発表資料 : NTTドコモ 大日本印刷 電子出版ビジネスで提携 | お知らせ | NTTドコモ.

NTTドコモと大日本印刷株式会社(DNP)は、携帯端末向け電子出版ビジネスにおける業務提携に向けて基本合意したと発表した。

今後、携帯電話やタブレット型端末などの通信端末でいつでもどこでも利用できる電子出版市場の発展と、紙の書籍と電子出版コンテンツのハイブリッド型サービスの普及に向けて、コンテンツ収集から配信、電子書店の運営までを一貫して行う電子出版サービスの提供を目指す。サービス開始は今秋を予定。

基本合意の主な内容

  1. ドコモユーザを核とした利用者層向け電子出版プラットホームの共同構築
  2. 書籍やコミック、雑誌、新聞など10万点を超える電子出版コンテンツの収集・電子化・販売
  3. ドコモの携帯電話、スマートフォン、タブレット型端末、電子書籍専用端末など、様々なデバイスに対応した電子書店サービスの運営
  4. DNPグループであるリアル書店(丸善・ジュンク堂・文教堂)やオンライン書店(「bk1(ビーケーワン)」)と電子書店との連携
  5. 5,600万人のドコモユーザとDNPグループのリアル書店を利用するユーザに向けた新たな読書マーケットの創出
  6. 展開方針
  • 今秋のサービス開始
  • 共同事業会社設立の検討
  • 出版社などコンテンツホルダや、様々な端末メーカーなどへの協力の依頼
  • 海外に向けた配信も想定した新たなビジネス展開の実現

DNPは、パソコンや携帯電話向け電子書籍販売サイトの運営など電子出版コンテンツの配信事業を展開してきた。

今秋には約10万点の電子出版コンテンツを揃えた国内最大規模の電子書店をオープンする予定で、DNPのグループ会社である株式会社図書館流通センター(TRC)が運営するオンライン書店「bk1」と連携し、紙の書籍と電子書籍を提供するハイブリッド型書店の開設に向けた準備を進めている。

さらに、同じDNPのグループ会社である丸善、ジュンク堂書店、文教堂などのリアル書店とも連携する。DNPグループで運営する、このハイブリッド型書店は、電子出版コンテンツ販売におけるオープンなプラットホームを目指しているという。

今後、ドコモとDNPは、ドコモが持つ情報配信システムや決済システムと、DNPが計画しているハイブリッド型書店のシステムとを連携させて電子出版プラットホームを構築し、新たな電子書店を開設することを目指す。

リリースでは、株式会社講談社、株式会社小学館、日本電気株式会社、LG Electronics Japan株式会社、Samsung電子株式会社などが「賛同」のコメントを寄せている。


ブックビジネス2.0 - ウェブ時代の新しい本の生態系
岡本 真 仲俣 暁生 津田大介 橋本大也 長尾真 野口祐子 渡辺智暁 金正勲
実業之日本社
売り上げランキング: 1088


私にはもう出版社はいらない~キンドル・POD・セルフパブリッシングでベストセラーを作る方法~
アロン シェパード 佐々木 俊尚
WAVE出版
売り上げランキング: 10218


電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア
高島 利行 仲俣 暁生 橋本 大也 山路 達也 植村 八潮 星野 渉 深沢 英次 沢辺 均
ポット出版
売り上げランキング: 6890


電子書籍時代がいよいよやってくる、のか?

電子書籍ブームはこれまでにも何度も来ているんですが、今度こそは本物なんでしょうか。アップルの「iPad」発売を受けて、あちこちで動きがあります。

個人的には、専用リーダーで読まされる本は、あまり買う気が起きません。
そのプラットフォームのサービスが終わってしまったら本も読めなくなってしまうようでは、その本を読む価値がありません。

また私が読むようなマイナージャンルの本はなかなか電子書籍化の動きも遅いようです。

となると最近流行の言葉でいうと「自炊」ですか、要するに本を断裁して自分でスキャンするしかないわけですが、それにもまた格安でしかも利便性が高そうなサービスが登場しました。

価格破壊もいいところですが、さらにアマゾン、楽天ブックスで頼んだ本を、送付先をこの会社にすることで、直接スキャンしてデータを送ってくれるそうです。
ちゃんと抜けなくスキャンしてくれるのであれば、そして実物の本を手にする必要はないということであれば、現状ではこれがベターかもしれません。

断裁機やスキャナも安くはありませんし、あれは意外と面倒ですので、なかなか作業も続けられない可能性が高いです。

雑誌はスキャンしてくれないというのはちょっと残念です。これは私の経験なのですが、雑誌のほうが整理に困ることが多いんです。本は、私の場合は貸し倉庫を使って管理しています。本のタイトルさえメモっておけば、探すのは比較的簡単です。

ですが雑誌はもともと雑多な記事の集まりですので、インデックスを作るのも難しいのです。しかも意外と場所をとります。雑誌のほうがスキャンするメリットは高いと思うのですが。

とはいっても、一度読んだ雑誌って意外と読み返さないですよね。


BOSCH バッテリーマルチカッター XEO
BOSCH(ボッシュ)
売り上げランキング: 41


FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
posted with amazlet at 10.06.04
富士通 (2009-02-07)
売り上げランキング: 47


プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106
プラス (2009-09-01)
売り上げランキング: 2



「/~\Fujisan.co.jp」、「雑誌タダ読み」サービスを200誌で開始 雑誌が無料で読める

雑誌のオンライン書店「/~\Fujisan.co.jp」を運営する株式会社富士山マガジンサービスは、雑誌を無料で読める「雑誌タダ読み」サービスを200誌で開始した。デジタル版無料見本誌が丸ごと1冊無料で読める。雑誌数は今後も順次拡大していく予定。

「/~\Fujisan.co.jp」は、日本最大級の雑誌のオンライン書店で、約4,000誌の国内雑誌、約3,200誌の中国語雑誌、約1,000誌のアメリカ直輸入雑誌を併せて、8,000誌を超える雑誌を取扱っている。これまでも数ページの立ち読みサービス「ちら見」を展開していたが「ちら見では自分に合ったものかどうかまでは分からない」「定期購読するには一冊丸ごと読んでみたい」という声があり、一冊丸ごとの「雑誌タダ読み」サービスを開始したという。

「雑誌タダ読み」は、オススメの無料見本誌、カテゴリ別のオススメコーナーもあり、客の興味に合わせて、メジャー誌からニッチな専門誌まで様々な雑誌を丸ごと一冊閲覧できる。

合わせて、「雑誌タダ読み定期便」という無料見本誌の定期購読のサービスも開始した。毎週2回、「/~\Fujisan.co.jp」のセレクトした無料見本誌を申し込んだ客に無料で届ける。「今まで知らなかった雑誌や、興味はあったが中身を知らなかった雑誌などが毎回届けられるので、新しい雑誌と出会うことができます」としている。

無料見本誌はデジタル版でのご提供となりますので、インターネットの環境があればいつでもどこでも即閲覧可能であり、ライブラリに保存されていくので保管スペースなどは必要ない。

「/~\Fujisan.co.jp」は取り扱い全8,000誌の無料見本誌サービスを目指す。



京極夏彦著『死ねばいいのに』iPad版電子書籍配信についての講談社の会見要旨

京極夏彦著『死ねばいいのに』iPad版電子書籍等配信・販売に関する記者会見について
引用元: お知らせ : 講談社「おもしろくて、ためになる」出版を.

5月20日、弊社会議室にて「京極夏彦著『死ねばいいのに』iPad版電子書籍等配信・販売に関する記者会見」を行いました。以下、弊社代表取締役副社長野間省伸の会見要旨「メディアの皆さまへ」と、京極夏彦さんの「所見」を掲載いたします。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

講談社

こちら

電子出版、紙の出版、出版に関わっているひと、興味がある人ならば一読しておいたほうがいいです。


電子書籍元年 iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?
田代真人
インプレスジャパン
売り上げランキング: 1339


電子書籍の基本からカラクリまでわかる本
洋泉社
売り上げランキング: 2668


死ねばいいのに
死ねばいいのに
posted with amazlet at 10.05.23
京極 夏彦
講談社
売り上げランキング: 127


アマゾン、翻訳出版事業に乗り出す サービス名はアマゾン・クロッシング

アマゾンが翻訳出版事業 : DON.

News Release
Introducing AmazonCrossing–Bringing Exceptional International Books to English-Language Readers

Amazon Announces a Second Publishing Imprint Focused on Translating Foreign-Language Books into English

アマゾンが英語以外の出版物を英語に翻訳する「AmazonCrossing」というサービスを開始するとのこと。もちろんKindleでも読めるそうです。

日本の作家、もしかしたら漫画家たちにとっては朗報になるかもしれませんね。

日本のノンフィクションやルポルタージュも、英語に翻訳してほしいところです。別にアマゾンじゃなくてもいいんですけど。


コリャ英和!一発翻訳 2010 for Win マルチリンガル
ロゴヴィスタ (2009-07-03)
売り上げランキング: 9920


iPad向け電子雑誌配信サービス開始 30社55誌、電通とヤッパのMAGASTORE

マガストア1
マガストア2

電通のリリース:電子雑誌書店「MAGASTORE」PC(Windows、Mac)向け、iPad向けサービスを開始 [PDF].

株式会社電通と株式会社ヤッパは、両社の提携事業である電子雑誌の有料配信サービス「MAGASTORE(マガストア)」のPC(Windows、Macintosh)向け閲覧サービスとiPad向けサービスを開始すると発表した。30社55誌が参加し、SPA! 、週刊ダイヤモンド、AERAなどのほか、NHKの語学テキストなどが提供される。

これまでマガストアは、iPhone等の携帯端末向けにサービス提供してきたが、5月18日からPC(Windows、Macintosh)向け閲覧サービスを、5月末からiPad向けサービスを提供するという。

PC(Windows、Macintosh)向け閲覧サービスを利用するには、まずマガストアで「MAGASTORE ID」をiPhone等の携帯端末から登録し(無料)、登録したIDとパスワードでパソコンにログインし、携帯端末で購入した電子雑誌を閲覧する。パソコンでの閲覧のために、新たに電子雑誌を購入する必要はないという。

iPad向けサービスは、iPhone等の携帯端末と同様な方法で電子雑誌を購入・閲覧できる。iPhoneで購入した電子雑誌をiPadで閲覧することもできる。
iPad向けマガストア用ビューア―では、9.7インチのディスプレイサイズに合わせ、ズームなしでも見やすくなり、誌面に動画や画像を追加したり、リンクの設定などの機能を追加したという。

マガストア概要及び参加出版社(30社)、閲覧可能雑誌一覧(55雑誌)は以下の通り。
(平成22年5月18日時点)

<参加出版社(順不同)>
㈱ダイヤモンド社、㈱朝日新聞出版、㈱扶桑社、㈱新潮社、コンデナスト・ジャパン、㈱ネコ・パブリッシング、㈱ソニー・マガジンズ、㈱徳間書店、スターツ出版㈱、㈱主婦と生活社、㈱主婦の友社、㈱料理通信社、㈱毎日コミュニケーションズ、㈱スリーエー・コーポレーション、㈱ 阪急コミュニケーションズ、㈱プロトコーポレーション、㈱光文社、㈱リクルート、㈱グラフィティマガジンズ、㈱日刊自動車新聞社、㈱学研パブリッシング、㈱イデア、㈱自遊人、㈱ブルース・インターアクションズ、㈱三栄書房、㈱モーターマガジン社、㈱ミディアム、㈱幻冬舎、㈱ゴルフダイジェスト社、㈱NHK出版

<閲覧可能雑誌一覧(順不同)>
SPA! 、週刊ダイヤモンド、AERA、GQ JAPAN、amarena、オズマガジン、オズプラス、ef、住まいの設計、料理通信、旅、TIPO、Mac Fan、PCfan、株式にっぽん、株価情報、ニューズウィーク日本版、Goo、Goo Bike、Goo World、Gainer、モーターファン別冊、じゃらん関東版、
じゃらんムックシリーズ、Tokyo Graffiti、東京モーターショーガイド、F1速報、Get Navi、WHAT’s IN?、デジモノステーション、AUTOSPORTS、自遊人、bmr、Best Gear、MotorMagazine、Motor Magazine Digest、PATi・PATi、GRIND、GOETHE、アサヒ芸能、ゴルフダイジェストChoice、ar、月刊エンタメ、FLASHスペシャル、NHKラジオ 語学テキスト×8誌、NHKテレビ 語学テキスト×2誌、CYCLE HEADZ magazine


電子書籍の基本からカラクリまでわかる本
洋泉社
売り上げランキング: 7949


ジャズ専門誌「スイングジャーナル」が6/19日発売の7月号で休刊へ 1947年創刊

ジャズ専門誌「スイングジャーナル」休刊へ – MSN産経ニュース.

老舗ジャズ専門誌「スイングジャーナル」(スイングジャーナル社)が6月19日発売の7月号で休刊し、約63年の歴史に幕を下ろすことが17日、分かった。

編集部によると、広告収入の落ち込みが主な原因という。5月20日発売の6月号で発表する。 同誌は昭和22年に創刊、戦後日本のジャズ文化を牽引(けんいん)してきた。

30万部出ていた時代もあったそうですが、残念な話が続きます。





グラビア雑誌「スコラ」、2010年7月号で休刊 1982年創刊

読者の皆様へ|スコラ編集部ブログ.

「スコラ」編集部はブログで、「スコラ」を2010年7月号で休刊すると発表した。

平素は「スコラ」及び当ブログをご愛読いただき、誠にありがとうございます。

一部ネット情報等でご存知の方もいらっしゃるかと思われますが、1982年の創刊以来28年間の長きに渡りにご愛顧いただきました「スコラ」を誠に勝手ながら5月25日発売の2010年7月号を持って休刊させていただきます。

今回初めて知りましたが、Wikipediaの「スコラ」を読むと、いろいろと大変だったんだんですね。同時に、編集部の根性というか意地みたいなものが感じられました。


スコラ 2010年 07月号 [雑誌]
スコラマガジン


スコラ 2010年 06月号 [雑誌]
スコラマガジン


スコラ 2010年 05月号 [雑誌]
スコラマガジン


スコラ 2010年 04月号 [雑誌]
スコラマガジン


iPadはそれ自体が一つの媒体、一つの雑誌のようなもの

さらにアップルは iAd という独自規格の広告プラットフォームを用意し、じつに40%を徴収する。広告主と直接に契約することになれば、出版社にとっては大惨事となる、とワイス バーグは警告している。

iPadそのもののメタメディア化、アップルの広告代理店化(日本的に言えば電通化)以 上に危険視されているのは、コンテンツの検閲の問題だ。

引用元: 空前のiPadビジネスモデルは成功するか? : EBook2.0 Forum.

この記事に限らずあちこちで指摘されていることですが、要するにアップルは、iPadを単なるタブレットPCではなく、一つの「媒体」として捉えて、展開しようとしているのでしょう。

いまネット上での議論を見ると、iPad上で、電子書籍や電子雑誌というパッケージ化されているコンテンツをいかに売るか、といったような話が多いですが、実際のところは、「iPad」それ自体が、既に一つの媒体なのです。

電子書籍や電子雑誌も、その媒体上で動くカプセル化されたコンテンツに過ぎない。どんなコンテンツも、いわば様々なコンテンツが載っている雑誌媒体の、一つの特集ページや別冊企画のようなものでしかない。そんな世界が予想されます。

まあ、ここのところのアップルは商売上手ですから、そんなにディストピア的イメージになるようなことにはならないだろうと思いますが、iPadは、今までに売られて来たデバイスとは異なり、ユーザー側にコントロールできる部分がアーキテクチャレベルで制限されたものになっているような気がします。


iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)
西田 宗千佳
エンターブレイン
売り上げランキング: 203


ELECOM iPad 液晶保護フィルム マット AVA-PA10FL
エレコム (2010-04-23)
売り上げランキング: 5


2009年の出版社の倒産は過去最多の57件 負債総額は200億円

NHKニュース 去年の出版社の倒産 過去最多.

景気の低迷に伴う広告収入の減少などで去年1年間に1000万円以上の負債を抱えて倒産した出版社は57件で、負債総額は200億円を超え、件数、負債総額ともに、今の形で統計を取り始めてから最も多くなりました。

信用調査会社の帝国データバンクによるもので、前年より5件増えたとのこと。負債総額は200億4000万円で、件数、負債総額ともに平成17年以降で最多。

実感が裏付けられた形です。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes