iTunes Store(Japan)

中に人間が入ってるんじゃないかと思ってしまうくらいキモい動き方の四足歩行ロボット「BigDog」で世界的に、広く一般にまで有名になったボストン・ダイナミクス社が開発しているヒューマノイド「Petman」が、上半身もついた状態になりました。

以前は下半身だけでしたが上半身もつき、大きく右左に身体を揺らしながらのっしのっしと油圧で歩いてます。もちろん押されてもバランスを保つデモは今回も健在。歩く様子もそうですが、人間くさく膝をつく仕草には、おおっと思ってしまいました。どういう意味があるのかよく分からないですが、腕立てふせまでやってます。上半身のアームもちゃんとトルクを出してますよ、ってことでしょうか。

ただ、正面から見ると分かりやすいですが、人間とは歩き方はだいぶ違います。人間はもっと正中線に近いところに足をおいて左右に重心をふらないように歩いているのに対して、Petmanはかなりのがに股状態です。化学防護服のテスト用、人間のシミュレーターがPetmanの用途だそうですが、こんなにがに股で大丈夫なんでしょうか。服だと、どこがすれるかといったことも重要だと思うんですよね。汗をかく機能もつけるとかいっているそうですが、それ以前にもうちょっと人らしく歩いてほしいです。にしても面白いです。必見。

「イヴの時間 劇場版」 [DVD]
角川映画 (2010-07-28)
売り上げランキング: 13627