iTunes Store(Japan)

物づくりのプロ小川優機製作所(金型・治具の開発・製作、結び技術).

7月13日から15日まで開催された「ROBOTECH(第2回次世代ロボット製造技術展)」でデモ展示されていた、吸盤戦士「のぼる君」。金型・治具の開発・製作、結び技術を手がける株式会社 小川優機製作所 によるものです。

重量68kg。全部で28個の吸着パッドを使っており、5cmまでの壁面の段差を乗り越えて走行可能。本体を除いて、重量130kgまでの追加アプリケーションを搭載可能。常に4つまたは5つのクローラーが押し出されるようになっています。

壁面診断など、高所での危険作業の保護や改善を目標としているもので、これはプロトタイプ。実際に仕事ができるものも開発中とのこと。一日6時間動かしても電気代に換算すると20円程度ですむとかで、既存の足場に比べると非常に安価にすむ点も売りだそうです。

このほか同社では、70kgf(686N)の吸着力を持つハンディ吸着パッドなどを展開しています。持ち手のない大型家具やガラスなどに吸着パッドをつけて搬送するのに用いられているとか。