Archive for 3月, 2011

ジャグリングする2機のロボットヘリ(動画)

恐るべし―自律飛行するロボットヘリが空中でキャッチボール.

2機のミニヘリが空中でキャッチボール〔羽子板?〕をしている! 1機のヘリにボールを投げてやると、もう1機のヘリ目がけてボールを打つ。それを受けたヘリは最初のヘリ目がけてボールを打ち返す。その後はいつまでも互いにラリーが続く。これはすごい!

このロボットを作ったのはスイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)の研究者グループだ。きわめて高精度の3D位置解析システムによってボールの軌跡を解析し、自身を正しくその落下位置にもっていく。

たしかにこれはすごい。どのくらい擾乱に耐えられるんでしょうかね。

AR.Drone Blue PF720002
AR.Drone Blue PF720002
posted with amazlet at 11.03.30
パロット (2010-09-16)
売り上げランキング: 3699

講談社ブルーバックス、『日本の原子力施設全データ』(北村行孝・三島勇著 2001年刊)を一部PDFで公開

『日本の原子力施設全データ』(北村行孝・三島勇著 講談社ブルーバックス2001年刊)一部公開のお知らせ.

講談社ブルーバックス編集部は、2001年刊行の書籍『日本の原子力施設全データ』の一部をPDFで公開した。

放射性物質への不安が広まっておりますが、正しい知識を持つことが沈着な対応 につながります。本書の情報が皆様の不安を取り除き、冷静な行動の一助となることを願っております。

日本の原子力施設全データ (ブルーバックス)
北村 行孝 三島 勇
講談社
売り上げランキング: 56413
原子力発電がよくわかる本
榎本 聰明
オーム社
売り上げランキング: 377

立命館大学歴史都市防災研究センター、「美」の防災缶を被災地へ


立命館大学歴史都市防災研究センター【緊急支援物資 防災缶「i BOUSAI」】.

立命館大学歴史都市防災研究センターは、 緊急援助物資として「防災缶 i BOUSAI(あいぼう)」の4つのコンセプトのうち、「美」の防災缶を被災地へ届けることを決定したと発表した。女性が自分らしくいることを支援するグッズとしてエッセンシャルオイルやLEDライトなどが入っている。

「防災缶 i BOUSAI(あいぼう)」は学園創立110周年記念事業として、大規模災害時の被災者のストレスケアを目的として高知大学の研究チームと共同開発していたもので、飲料水自動販売機に搭載可能。

避難生活の中で、公的支援では後回しにされがちな心の負担の解消、メンタルケアを目的としている。現地への早い搬送を実現するために各企業や個人の支援と協力を願うとしている。

ロゴス(LOGOS) 新防災缶15点セット  82100450
ロゴス(LOGOS)
売り上げランキング: 6639

ZMP、組込みエンジニア育成ロボット教材「e-nuvo BASIC & WHEEL Global Package」を海外向けに販売開始

e-nuvo BASIC & WHEEL Global Package

株式会社ゼットエムピー(ZMP)はロボットを題材に組込みプログラミング、モータ制御、現代制御を学ぶことができるエンジニア育成教材の、モータ制御学習キット「e-nuvo BASIC」、車輪型ロボット教材「e-nuvo WHEEL」および英語版テキストをセットにした組込みエンジニア育成ロボット教材「e-nuvo BASIC & WHEEL Global Package」の発売を開始した。

価格はUS$8,600。「e-nuvo BASIC」、「e-nuvo WHEEL」単体での購入も可能。

【e-nuvo BASIC & WHEEL Global Packageの特徴】
国内の多くの大学・高専等教育機関、国内の大手自動車メーカや電機メーカの社員研修でも使われている教材「BASIC」、「WHEEL」に、ライントレース実験、倒立振子実験、倒立二輪実験と幅広い実験が可能なモジュール類をセット。すぐに実習で使えるよう、組込みプログラミング、ライントレース、現代制御、MATLABを用いた実習、の4種の英語版テキストを付属。理論偏重になりがちな制御工学を、ロボットによる実験を通じて学ぶことで、理解度、習熟度を一層高めることが期待できます。
e-nuvo BASIC: http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/en/basic.html
e-nuvo WHEEL: http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/en/wheel.html

[東北地方太平洋沖地震] 首都大・渡邉研、東京電力管内向けの「計画停電MAP」を公開

計画停電MAP.
首都大学東京・渡邉英徳研究室の高田健介氏,北原和也氏らが、東京電力管内向けに「計画停電マップ」を制作し公開している。

■計画停電マップ
http://teiden.sou-sou.net/

手動更新によるものですので,あくまで目安としてお使いいただき,
詳細な情報は各自治体,東京電力ホームページ等をご参照ください.

とのこと。

[東北地方太平洋沖地震] Google 、避難所名簿共有サービスを開始

Google Japan Blog: 被災地の皆さまへ、避難所名簿共有サービス開始のお知らせ.

いま、避難所にいる皆さん。避難所の名簿のコピーを管理している皆さん。避難所にいる方の名簿をGoogle を通じて公開していただけませんか? 皆さんのご家族、ご友人が心配しています。

そ のために、避難所の名簿を写真に撮って携帯でメールしていただくだけで、Google の写真共有サービスPicasa を使って、インターネットで公開できるような仕組みを作りました。皆さんが避難所の管理者であったり、管理者をご存知の場合には、避難所の名簿を撮影した 写真を公開することができます。使い方は以下の通りです。

  1. まず名簿(手書きも可)の写真を携帯電話のカメラでとってください。(お手持ちの携帯にGPS機能が付いている場合、位置情報を添付してくださると、Picasa上で地図と一緒に表示することができます。)
  2. メールの件名に「避難所名」を設定してください。件名に入力した避難所名が、写真共有サービス Picasa 上で自動的に画像の説明に入力されます。
  3. メールに添付して、tohoku.anpi.google@picasaweb.com まで送ってください。自動的に Picasa ウェブアルバムにアップロードされます。複数の画像を同時にお送りいただいても大丈夫です。(下記 QR コードからもメールアドレスを取得できます)

[東北地方太平洋沖地震] 日本内科学会、「内科医のための災害医療活動」をPDFで公開

【緊急掲載】 このたびの大地震に際しまして

日本内科学会では,昨年の日本内科学会雑誌99巻に「内科医のための災害医療活動」という企画を連続掲載いたしました.

この企画は災害時の「超急性期 最初の2日間」から「3日目以降編」,「医療支援編(避難所編)」,「災害拠点病院編」,「内科学メンタル編(精神医療支援編)」に至るまで,内科医をはじめ,災害発生時の医療現場に有用な情報を掲載した内容となっております.

かかる大地震に際しまして,皆様の取り組みの一助になりますよう、PDFデータとして掲載いたします.

引用元: 日本内科学会:内科学会からのお知らせ.

内容は下記のとおり。

  • 解説:サバイバルカード−災害時に自分と家族、地域、被災者を守るために−
  • 内科医のための災害医療活動−超急性期 最初の二日間
  • 災害3日目以降:病院編・診療所編
  • 医療支援編(避難所編)
  • 災害拠点病院編
  • 精神医療支援

http://www.naika.or.jp/info/info110311.html

[東北地方太平洋沖地震]『radiko.jp』エリア制限を一時的に解除

20110313_radiko.pdf (application/pdf オブジェクト).

株式会社radikoは3月13日(日)17時からインターネット上でのラジオのサイマルサービス『radiko.jp』のエリア制限を当面の間、解除するとリリースした。
『radiko.jp』は、「難聴取の解消」と「ラジオの聴取機会拡大」を目的に、通常は、地上波ラジオ放送をそのまま同時に放送エリアに準じた地域に配信するサイマルサービス。
日本全国どこにいても、パソコン、iPhone、スマートフォン等『radiko.jp』が聴取可能になっている。

【聴取可能なラジオ局】

□関東7局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI 、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE)
□関西6局(朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA)

以上13局

[東北地方太平洋沖地震] 災害情報専用の首相官邸Twitterアカウント運用開始 @Kantei_Saigai

首相官邸(災害情報)

引用元: 首相官邸(災害情報) (Kantei_Saigai) on Twitter.

現在、記者会見動画やウェブサイトへの案内を行っています。

[東北地方太平洋沖地震](株)MTI,iPhoneアプリ「家庭の医学」を無料配信

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 家庭の医学.

株式会社エムティーアイは同社が提供している、iPhone、iPod touch、iPad 対応 アプリ「家庭の医学」を東北地方太平洋沖地震地震の支援として無料配信している。

ダウンロードはこちらから

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes