iTunes Store(Japan)

10月13日、「デジタルコンテンツEXPO2010」のために来日したアルデバラン・ロボティクス(Aldebaran Robotics)社は、フランス大使館で同社の研究/教育用ヒューマノイドプラットフォーム「NAO」をデモンストレーションした。

また東大の中村・高野研他がアルデバラン・ロボティクス社の教育プログラムに参加、複数の研究室が共同でNAOを30台導入することも合わせて発表された。

……というわけで記事はオーム社「ロボコンマガジン」に書く予定ですが、そのデモの動画を取りあえず。まず、上の動画のデモは記者会見が一通り終わり、その最後にNAOそのもののデモとして行われたものです。

それとNAOの歩行動作。

以下は質疑応答中のデモンストレーション。質疑応答の内容ともども。

そして最後に、東大の中村・高野研による言語の意味推定による動作生成デモ。

なお「NAO」やアルデバラン・ロボティクスについては、インプレス「Robot Watch」に掲載されていた下記の記事が詳しいです。

【2009年12月10日】アルデバランロボティクスの研究プラットホーム「NAO」、大阪大学でデモ
〜発売1年で450台を販売
http://robot.watch.impress.co.jp/docs/news/20091210_334926.html

【2009年9月16日】フランスの「プロジェクト・ロミオ」責任者インタビュー
〜産学官共同で高齢者・視覚障害者向けの支援ロボットを開発
http://robot.watch.impress.co.jp/docs/news/20090916_315809.html

中村仁彦教授による研究の一部は、やや古いですが下記をご覧下さい。

森山和道の「ヒトと機械の境界面」
ソニー・インテリジェント・ダイナミクス2004
〜ロボットは脳の秘密に近づけるか?
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0414/kyokai24.htm


ヒトはいかにして人となったか―言語と脳の共進化
テレンス・W. ディーコン
新曜社
売り上げランキング: 284056