iTunes Store(Japan)

メカトラックス「デコロボ大戦」

メカトラックス「デコロボ大戦」

世界初ロボットビデオ融合アーケードゲーム、MechaTracksの『デコロボ大戦』予約受付開始 – ニュースリリースやプレスリリースの書き方・配信代行【@Pressアットプレス】.

2足歩行ロボットを使ったアーケードゲーム機器「ロボキャッチャー」などを製造・販売している福岡市のMechaTracks株式会社(メカトラックス)は、新しいロボットアーケードゲーム『デコロボ大戦』を開発し、予約受付を開始したと発表した。

『デコロボ大戦』では新しくロボットとビデオゲームコンテンツを融合させ、外見も大きくイメージを変えた。

プレイヤーは筐体内部の小型の人型2足歩行ロボットを操作してクリアビーズボールを投入口に投下する。すると正面ディスプレイ上にビデオコンテンツが呈示されるので、演出に合わせて敵キャラを攻撃してミッションクリアを目指す。

攻撃タイミングに応じてダメージが2倍になる「クリティカルヒット」や、敵からの反撃でロボット操作が一時不能になるなど、人型2足歩行ロボットの自機とビデオゲームコンテンツとがインタラクションする。

ミッションは3種類で、それぞれに4つの難易度が設けられている。難易度に応じて、敵が移動したり必要な攻撃回数が変化することにより、子供からマニア層まで幅広くプレイできるとしている。また、2台設置・接続することで対戦プレイも可能だという。

なお『デコロボ大戦』のロケテストを、下記の日程で行う。

日時:9月8日(水)〜15日(木)
場所:AM St.Tropez(サントロペ) 池袋
東京都豊島区東池袋1-29

メカトラックスでは、今後について以下のようにコメントしている。

最近の景気低迷はアミューズメント業界にも大きく影響を及ぼしておりますが、本『デコロボ大戦』ではビデオコンテンツ部分を随時バージョンアップすることで、新たなハードウエアの購入なしに継続した売上をサポートしてまいります。

メカトラ社は、この『デコロボ大戦』を始めとした2足歩行ロボットを用いたアミューズメントで、ロケーションの新しい可能性に貢献していきます。