iTunes Store(Japan)

株式会社イクシスリサーチとパイオニア株式会社 共同研究で「カーナビ連動型ナビゲーションロボット」を開発 ~川崎市 知的財産戦略推進事業「知的財産交流会」を通して~ : パイオニア株式会社.
Cool Robots iXs Research Corp.|コンテンツ|【コンテンツ】ナビロボ.

株式会社イクシスリサーチパイオニア株式会社は、川崎市が主催する知的財産戦略推進事業「知的財産交流会」を通して「カーナビ連動型ナビゲーションロボット」を共同開発したと発表した。

ロボットはダッシュボード上に設置される。ロボット本体にはマイコン1個とモータ2個、LED数個を搭載。必要な経路案内情報は全てカーナビから取得する。

カーナビが出力する走行経路の左右の方向指示信号を受け、ロボットが指の動きで道案内する。進行方向をより分かりやすく認識できるという。

イクシスリサーチの「モーションメディア」技術と、パイオニアの「カーナビゲーション」技術との融合により実現した。今後は、カーナビの関連商品、具体的にはロボットの動きで音声情報をサポートするための商品としての市場展開が予想されるとしている。

カーナビ連動型ロボット

カーナビ連動型ロボット

カーナビ連動型ロボット

カーナビ連動型ロボット

「知的財産交流会」とは、平成19年度から実施されている集まりで、川崎市内に研究・開発部門を持つ大企業が保有している開放可能な特許・ノウハウ等の知的財産と、中堅・中小企業の特色のある技術力との融合による、付加価値の高い新製品の開発や新事業への進出を目指した取り組み。

技術評価や契約交渉の場において、川崎市と川崎市産業振興財団の知財コーディネータが、マッチングのコーディネート及びフォローアップを行っており、大企業側からも中小企業側からも高い信頼を得ているという。

イクシスリサーチは平成18年から「モーションメディア」技術を活用したナビゲーションロボットの開発を展開してきた。今後は、健常者向けの運転支援用の商品化だけでなく、聴覚障がい者や高齢者向けのナビゲーションロボットの実現のために、川崎市福祉製品開発支援補助金の活用や、リハビリテーションセンターの専門家の協力を受けて、研究開発を継続していく。

パイオニアは「カーナビ連動型ナビゲーションロボット」で地域産業活性化への取り組みの第一歩を踏み出すことができたとし、今後も川崎市に本社をおく企業として、川崎市が推進する「知的財産交流会」に参加し、技術力のある市内中小企業との連携を積極的に進めていくという。


SONY 3.5型 パーソナルナビゲーションシステム U3C シルバー NV-U3C/S
ソニー (2009-04-21)
売り上げランキング: 8673



パイオニア フロントカメラユニット ND-FC100
パイオニア
売り上げランキング: 142153