iTunes Store(Japan)

5月16日、株式会社ココロが2010年1月に開発したヒューマノイド・ロボット「I-Fairy(アイ・フェアリー)」が、結婚式(人前式)の「立会人代表」を務めた。ココロによれば、ロボットによる人前式の立会人代表は、世界で初めて。また、「I-Fairy」の動作デモ公開も、日本国内では初めて。

今回、結婚式が行われたのは日比谷公園内にある「日比谷パレス」。屋上での結婚式にて「I-Fairy」が立会人代表をつとめた。

結婚式を挙げたお二人は、柴田智広さんと井上聡子さん。柴田智広さんは奈良先端大学院大学(NAIST)にロボットの研究を行っている研究者である。井上聡子さんは、株式会社ココロ 営業部 RT営業課 主任で、同社の広報担当者である。

お二人はロボット関連の仕事を通じて知り合った。今回の「ロボットによる立会人代表」というアイデアは聡子さんのアイデア。「I-Fairy」の活用法の提案の一つだ。

結婚式にて「I-Fairy」は、多くの報道陣がカメラを向けるなか、式の進行、結婚の商人、結婚宣言を行った。参列者のなかにはロボット研究者たちの姿も多く、みな拍手を送っていた。


結婚式終了後、お二人は披露宴に先立って記者たちの質問に答えた。



「I-Fairy」は人感センサーを備え、人の接近に応じて話したり身振りで呼びかけるアミューズメントロボット。サイズは高さ135cm,幅50cm,奥行き60cm。重量は70kg。外装はFRPとアクリル。駆動にはDCモーターが使われている。PC(Windows XP SP2)を内蔵しており、ディスプレイとキーボードを接続するだけで台詞や動作は簡単に変更出来る。目の部分はLEDで7色に輝かせることができる。CESに出展されたときには人気だったという

今回の「I-Fairy」の動作は下記の動画を参照。

価格は630万円。これまでに生産された「I-Fairy」は5台で、2台が販売されている。今後もココロでは、「I-Fairy」の新たな活用法を探って行くという。


結婚披露宴のBGM ベスト
結婚披露宴のBGM ベスト
posted with amazlet at 10.05.16
結婚式用 The Lettermen Dominique Visse
キングレコード (2008-05-09)
売り上げランキング: 74557


もうあがらない!結婚式のスピーチで困らない本 (DO BOOKS)
麻生 けんたろう
同文舘出版
売り上げランキング: 30899


夫婦円満!ハッピー結婚生活術
カツヤマ ケイコ
成美堂出版
売り上げランキング: 73278