iTunes Store(Japan)

ROBOVIE

robovie-mR2

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)知能ロボティクス研究所は、研究開発用の卓上サイズの据え置き型コミュニケーションロボット「robovie-mR2」を開発したと発表した。「可愛さ」をコンセプトに開発したという。

全高約300mm、重量は約2kg。自由度は18でラジコンサーボモータを使っている。CCDカメラ、マイク、スピーカのほか、胴体部にアップルの「iPod Touch」を備えており、「iPod Touch」を使ってネットワークを経由して操作したり、「robovie-mR2」が取得した情報をネットワーク経由で得ることができる。

制御ボードはヴイストンの「VS-RC003HV」を採用している。

(表A)仕様詳細
寸法 高さ:300mm,奥行:180mm
重量 2.0kg
自由度 眼球:3自由度(左右合計:6自由度)
頭部:3自由度
腕:4自由度(左右合計:8自由度)
腰:1自由度
合 計:18自由度
動作電圧 DC 6V 42W(Max)(外部ACアダプタによる供給)
センサ 超小型CCDカメラ  x  1 / 34万画素,水平画角51°,垂直画角39°
マイクロフォン  x  2 / 最大ゲイン20dB
スピーカー  x  1 / モノラル(2W)
通信端末 iPod Touch (Apple社製)/ Wi-Fi(802.11b/g)
ゲーム用・無線コントロール・パッド / Bluetooth
モータ制御ボード VS-RC003HV (ヴイストン社製)/ ARM7TDMI LPC2148
RCサーボモータ DS-386 (JR-PROPO社製) x  12
VS-281J (ヴイストン社製) x  4
S3102 (Futaba社製) x  2

コミュニケーションロボットの研究を用途としている。販売は視野に入れて検討中。価格等は未定。

なお開発スタッフがTwitterTumblr上で最新情報を更新中だ。

デモ動画はこちら。


コミュニケーションロボット―人と関わるロボットを開発するための技術 (知の科学)
石黒 浩 神田 崇行 宮下 敬宏
オーム社
売り上げランキング: 517582