Archive for 2月, 2010

2009年の出版社の倒産は過去最多の57件 負債総額は200億円

NHKニュース 去年の出版社の倒産 過去最多.

景気の低迷に伴う広告収入の減少などで去年1年間に1000万円以上の負債を抱えて倒産した出版社は57件で、負債総額は200億円を超え、件数、負債総額ともに、今の形で統計を取り始めてから最も多くなりました。

信用調査会社の帝国データバンクによるもので、前年より5件増えたとのこと。負債総額は200億4000万円で、件数、負債総額ともに平成17年以降で最多。

実感が裏付けられた形です。

MIT、Peratech社に次世代のロボットの皮膚となる触覚センサーの開発を委託

qtcrobotics1small

引用元: Peratech – MIT Press Release.

Peratech社はMITメディアラボから単に接触だけではなく、触ったものがどこがどう硬いのかに分かる分かる触覚センサの開発を委託されたと発表した。

キーとなるとのは同社独自の「QTC(Quantum Tunnelling Composites、量子トンネリング複合)」素材。電気抵抗の変化で接触や力を検出できる。印刷技術で厚さ75ミクロンにでき、独自の形状に加工することも容易だという。可動部も無く、エアギャップ部分も必要としない。

また「QTC」は、さわったものがどのように硬いかを検出できるとしている。肩や上半身にこのセンサを張ることで、人間そのほかとの接触やインタラクションを行えるようになるという。

はじめてのMEMS (ビギナーズブックス)
江刺 正喜
工業調査会
売り上げランキング: 220486

ロボット演劇「働く私」が大阪・山本能楽堂で再演 3/4

引用元: 旅行業界 最新情報 トラベルビジョン-ニュース.

ロボットと観光をコラボレーションした集客サービスを開発しようと、財団法人大阪観光コンベンション協会とロボットラボラトリー(財団法人大阪市都市型産 業振興センター)が取り組んでいる。その一環として3月4日、大阪市中央区の山本能楽堂で人とロボットが共演する「ロボット演劇」を開催する。

ロボット演劇は、人とロボットが一緒に暮らし互いに心を通わせるというストーリー。脚本、監修に平田オリザさん、人そっくりの仕草を表現できるロボットの開発には大阪大学の石黒浩教授がテクニカルアドバイザーとして参画した。

公演は15-17時で、入場は無料。定員70人。現在、各地で話題のご当地戦隊やキャラクターが観光集客コンテンツとして有効なことを紹介する講演会も行われる。

一昨年行われたロボット演劇「働く私」が再演されるそうです。

当時のRobot Watchのレポートはこちら。

大阪大学でロボット演劇「働く私」が上演
〜「エンターテインメント型実証実験」で近未来を疑似体験
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/11/27/1468.html

実際の演劇そのものは20分しかないようです。

詳細・申し込みは大阪産業創造館のWebサイトから。

無料とのことなので大阪方面の方々、どうでしょうか。

遠隔操作ヒト型ロボットで「おもてなし」 ROBO-ONE「第2回ヒューマノイド・ヘルパー・プロジェクト」開催

ROBO-ONEHHP

2月20日と21日、二足歩行ホビーロボットのロボコンを主催する「ROBO-ONE」委員会による「第2回ヒューマノイド・ヘルパー・プロジェクト」が開催された。通常の「ROBO-ONE」は二足歩行ロボットによるバトル競技大会だが、「ヒューマノイド・ヘルパー・プロジェクト(HHP)」は、将来人の役に立つロボットの実現を目指して立ち上げられた大会で、以前は「お手伝いロボットプロジェクト」と呼ばれており、商業施設での「お買いもの競技」が行なわれていた。

今回は「ヒューマノイド・ヘルパー・プロジェクト(HHP)」と名前を変えて2回目。住宅展示場の「ハウススクエア横浜」内のキッチンを舞台に「おもてなし競技」が行なわれた。NEDO技術開発機構や産総研によって研究されているロボットの実証実験の場としても使われたことのある「住まいの情報館」1階キッチンを使って、ロボットを遠隔操作して、お客さんをもてなすという競技だ。

この競技の大きな特徴は、2つある。1つ目は実際に人が使えるキッチンで動きまわるため、ロボット本体にもそれなりの大きさが必要となること。そしてもう1つは、ロボットを操縦する選手は、操作対象であるロボットを直接見ながら操作はできないということ。ロボットにカメラを付け、無線LAN経由で、その映像を頼りに操縦しなければならない。

続きはImpress「GameWatch」でご覧下さい
動画多数です。

また、「GameWatch」の記事には使ってない出場選手達のコメントをYouTubeにあげました。
こちらも合わせてご覧下さい。

まるいち的風景 第1巻 (白泉社文庫 や 7-5)
柳原 望
白泉社
売り上げランキング: 22417

まるいち的風景 (第2巻) (白泉社文庫 (や-7-6))
柳原 望
白泉社
売り上げランキング: 20516

大和ハウス、「住宅API」を使った「スマートハウス」の実証実験を開始 

release20100219-1
ダイワハウス|「スマートハウス」における共通ソフトウェアの開発および実証実験の開始について.

大和ハウス工業株式会社は、2010年2月19日より、奈良県奈良市の総合技術研究所において、「スマートハウス」の共通ソフトウェアの評価ならびに実証実験を開始すると発表した。経済産業省の公募事業「平成21年度スマートハウス実証プロジェクト」において三菱総合研究所から再委託の形で実施するもの。また、開発にあたっては、NTTコミュニケーションズ(株)ソラン(株)、東芝ホームアプライアンス(株)と協力している。

これまで大和ハウスでは近未来型のモデルハウス「D’s SMARTHOUSE(ディーズ・スマートハウス)」の開発や、携帯電話で宅内設備をコントロールする「留守宅モニタリングシステム」、トイレの中で健康チェックを行う「インテリジェンストイレ」などの研究開発や商品化に取り組んできた。

今回、家庭内で使用する家電製品や住宅設備機器の制御および運転状況・使用履歴などの情報を収集するための共通ソフトウェア「住宅API」を新たに開発し、その評価を目的に実証実験を行う。

「住宅API」を搭載したホームサーバーを活用することで各居室の家電・設備機器の使用情報を収集でき、エネルギーマネジメントや、ライフスタイルマネジメントが可能になり、その情報を活用した新たなサービス開発が容易になるという。

release20100219-5

具体的には「iPhone」や「デジタルフォトフレーム」を利用して、各メーカーの家電機器や住宅設備機器の遠隔操作や自動制御などの動作確認を行う。iPhoneで住宅内の家電製品や各居室の照明の操作ができたり、玄関先に設置した「デジタルフォトフレーム」で消灯や施錠をすることができる。携帯電話のインターネット接続機能を使って、外出先から家電製品・住宅設備機器の遠隔コントロールも可能で、帰宅前に各居室の照明をつけたり、エアコンをつけたり、お風呂を沸かすこともできる。

またスマートグリッド適用を想定した電力需給情報や外気温度情報をもとに住宅内の家電・設備のコントロールなど、エネルギーマネジメントの実験も行うほか、TOTO株式会社と共同で開発、2008年12月にリニューアルした「インテリジェンストイレⅡ」で測定した健康データを使った健康見守りサービスなどの実験も行うという。

release20100219-2

release20100219-4


月刊「環境ビジネス」2009年10月号
株式会社日本ビジネス出版


次世代電動コミューター「Honda 3R-C Concept」 ホンダ、ジュネーブモーターショー出展車概要を公開

am_gm1002001H

Honda  ジュネーブモーターショー出展車概要.

Hondaの英国現地法人、ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、2月24日にジュネーブモーターショー(プレスデー:2010年3月2日〜3日、一般公開日:3月4日〜14日)の出展が異様を公開した。三輪のコンセプトモデル「Honda 3R-C Concept」を出展する。

「Honda 3R-C Concept」は、Hondaが提案する次世代の電動コミューターのデザインコンセプトモデル。三輪・一人乗りで、市街地などでの近距離移動を目的とする環境性能に優れたコンパクトシティコミューターとして提案されている。

透明キャノピーは可動式で、乗車時にはドライバー前方を覆うウインドシールドとなり、快適かつ安全に運転することができるという。デザインは、イタリアにあるホンダR&Dヨーロッパのミラノスタジオが行った。

am_gm1002002H

am_gm1002003H

am_gm1002004H

この他、欧州では初出展となる新型ハイブリッド車「CR-Z」量産モデル(欧州仕様)や、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」、2009年の東京モーターショーにも出展された電気自動車のコンセプトモデル「EV-N」もあわせて展示する。

Hondaのプレスコンファレンスは現地時間の3月2日、11:45よりHall4のHondaスタンドにて行われる。

イベント告知 TECHTILE展 #03「触覚のリアリティ」開催

TECHTILE.

今週末、以下のようなイベントがあるとご案内を頂戴しました。

TECHTILE展 #03 「触覚のリアリティ」

桃の表面に触れたときに体感する桃っぽさとは何か。
これは、私たちが体感する触覚のリアリティとは何かを考える問いに通じています。
この問いに答えるべく、最新研究では触感を再現するだけでなく触感のコピー&ペーストまでもが可能となってきました。
3回目のテクタイル展は、先端技術によって可能となる触感デザインの未来をお見せします。

会場
K-Gallary
〒 106-0031 東京都港区西麻布3-13-15 パロマプラザB2
電話: 03-3746-3605
アクセス:東京メトロ日比谷線広尾駅3番出口より徒歩7分

会期
2010/2/26-2/28 (3 days)
2/26(Fri) 17:00-21:00
2/27(Sat)-2/28(Sun) 11:00-19:00

入場無料

主催
日本バーチャルリアリティ学会 アート&エンタテインメント研究委員会
TECHTILE exhibition #03 実行委員会

共催
(社)計測自動制御学会 SI部門 触覚部会

協賛
(株) 資生堂
(社) 人間生活工学研究センター(HQL)

協力
慶應義塾大学 SFC 筧研究室
電気通信大学 梶本研究室
慶應義塾大学院 舘研究室

詳細はWebサイトまで。


タッチ (神経心理学コレクション)
岩村 吉晃
医学書院
売り上げランキング: 71508


皮膚感覚の不思議 (ブルーバックス)
山口 創
講談社
売り上げランキング: 42985


さわる文化への招待―触覚でみる手学問のすすめ
広瀬浩二郎
世界思想社
売り上げランキング: 121777


ZMP、研究開発向け 「マイクロ・ロボットEV」を開発・販売開始 テキストも刊行

RoboCarG

マイクロ・ロボットEV RoboCar® G.

株式会社ゼットエムピーは、2月24日、群馬大学次世代EV研究会(責任者:松村修二客員教授)の開発成果物である超小型電気自動車(マイクロEV)「RoboCar Gベース車体」に、ZMP社製の1/10サイズのカー・ロボティクス・プラットフォーム「RoboCar」で培った技術、ノウハウを付加し、「マイクロ・ロボットEV(製品名:RoboCar G/ロボカー・ジー)」として販売を開始すると発表した。

ユーザのニーズに応じ、レーザレンジファインダ、ステレオカメラ、GPS、IMU(慣性姿勢計測装置)、ミリ波レーダ、ソナーセンサ等を設置しネットワークでつなぎ、コンピュータ制御が可能なシステム化されたロボットカーとして納品する。

受注生産形式で、搭載センサ等の種類および数を基に仕様を決定し、見積もりする。出荷は2010年11月以降を予定。



RoboCarGのベース車体

また、松村修二客員教授による『一からつくる電気自動車の設計』を、2010年5月末にZMPパブリッシング(http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/jp/book/index.html)ブランドで出版する。松村客員教授の富士重工業株式会社からの研究開発ノウハウ、自動車づくりのエッセンスが盛り込まれ、電気自動車の設計について基礎から学べる内容になるという。

RoboCarG仕様

RoboCarG仕様

電気自動車の制御システム
廣田 幸嗣 編著 足立 修一 編著 出口 欣高 著 小笠原 悟司 著
東京電機大学出版局
売り上げランキング: 44780



電気自動車 - 電気とモーターで動く「クルマ」のしくみ
森本 雅之
森北出版
売り上げランキング: 48461


皮膚アレルギー抑制には「制御性T細胞」の患部からリンパ系への移動が重要

A:カエデの色の変化の様子 細胞に発現させた時は緑色だが、紫色の光を照射すると赤色に変わる。  B:カエデマウスを用いた全身の細胞挙動解析評価系 免疫細胞を含む全身のすべての細胞がカエデを発現している。そのままでは緑色(左) だが、紫色の光を照射した下半身では、緑色が薄くなるとともに赤い色が加わって黄色からオレンジ色に見える(数字は紫色の光を照射した時間を示す)。 カエデマウスの目的部位に紫光を照射して細胞をマークし一定時間後に解析することで、マークした部位における細胞の入れ替わりと、全身への細胞移動が追跡できる。

A:カエデの色の変化の様子 細胞に発現させた時は緑色だが、紫色の光を照射すると赤色に変わる。 B:カエデマウスを用いた全身の細胞挙動解析評価系 免疫細胞を含む全身のすべての細胞がカエデを発現している。そのままでは緑色(左) だが、紫色の光を照射した下半身では、緑色が薄くなるとともに赤い色が加わって黄色からオレンジ色に見える(数字は紫色の光を照射した時間を示す)。 カエデマウスの目的部位に紫光を照射して細胞をマークし一定時間後に解析することで、マークした部位における細胞の入れ替わりと、全身への細胞移動が追跡できる。

皮膚アレルギーの火消しは、炎症患部から大量移動する制御性T細胞|2010年 プレスリリース|理化学研究所.

理研免疫・アレルギー科学総合研究センター自己免疫制御研究グループの戸村道夫上級研究員と、京都大学次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点 創薬研究グループの椛島健治リーダーらは、皮膚免疫炎症が終息するためには、炎症部位からリンパ系に移動する「制御性T細胞」が重要であることを発見したと発表した。アメリカの科学雑誌『The Journal of Clinical Investigation』に掲載される。

皮膚免疫炎症の部位からリンパ系へ移動する免疫細胞を、紫色の光を照射すると緑から赤に変色する光変換蛍光タンパク質「カエデ」をマウスに導入した「カエデマウス」で追跡し、強い免疫抑制活性を持つ活性化した「制御性T細胞」が皮膚炎症部位からリンパ節に短時間で大量に移動することが皮膚炎症を終息へ導くことを発見した。解析した結果、活性化した制御性T細胞が、強い細胞増殖抑制活性とともに免疫を抑制するタンパク質を作っていること、炎症を起こして2〜3日目の間、一過性に皮膚炎症部位からリンパ節へ移動していることが分かったという。

今回の結果は、免疫反応を起こしている末梢組織からリンパ系に移動する細胞が、免疫疾患の制御に重要な役割を果たしていることを示している。また、強い抑制活性を持つ活性化した制御性T細胞は、炎症を起こした後、短時間だけ、皮膚からリンパ節に移動してくることが分かった。従って、皮膚炎症を制御するには、どのタイミングで、どのような性格を持った細胞が、皮膚からリンパ節に移動するかを知ることが重要であることを示している。

皮膚炎症終息の模式図。 皮膚の炎症部位から移動する制御性T細胞の中でも、活性化した抑制性T細胞が強い免疫抑制活性を持っている。そして、所属リンパ節と炎症が起こっている皮膚の両方で炎症の抑制に働いている。大量の強い免疫抑制活性を持つ活性化した制御性T細胞の、炎症部位からリンパ節への移動が、免疫炎症の終息に重要である。

皮膚炎症終息の模式図。 皮膚の炎症部位から移動する制御性T細胞の中でも、活性化した抑制性T細胞が強い免疫抑制活性を持っている。そして、所属リンパ節と炎症が起こっている皮膚の両方で炎症の抑制に働いている。大量の強い免疫抑制活性を持つ活性化した制御性T細胞の、炎症部位からリンパ節への移動が、免疫炎症の終息に重要である。

これまでは、個々の免疫細胞の機能解析を中心に研究が行われていたため、全身レベルでの免疫細胞の時間・空間・数量的な制御という情報に基づいて、免疫応答を考察することが不可能だったが、研究グループは「カエデマウス」を使うことで免疫反応を起こしている末梢組織からリンパ系に移動する細胞の機能と、その時間空間的な制御機構を詳細に調べることによって、皮膚疾患、アレルギー疾患の克服につながる重要な知見が得られると考えているという。

今後は末梢組織とリンパ系の間を移動する免疫細胞の機構を解明し、皮膚アレルギー疾患を克服することを目指す。「カエデマウス」を使うことで最終的には、免疫細胞が全身をどう巡りながら免疫系全体を成立させているのか、免疫応答の全体像を解明することが可能になると期待しているという。

アレルギーはなぜ起こるか (ブル-バックス)
斎藤 博久
講談社
売り上げランキング: 73866

アトピッ子のお料理ブック―卵・牛乳・大豆・小麦を使わない ママたちが考えたアレルギー食レシピ
小倉 英郎 小倉 由紀子
女子栄養大学出版部
売り上げランキング: 14050

アブラムシのゲノム解読に成功 理研ほか

アブラムシ

世界的な農業害虫「アブラムシ」のゲノム解読に成功|2010年 プレスリリース|理化学研究所.

理研基幹研究所 宮城島独立主幹研究ユニットの中鉢淳ユニット研究員、宮城島進也独立主幹研究員および基礎生物学研究所の重信秀治(JSTさきがけ専任研究者)らをはじめとする国際アブラムシゲノム解析コンソーシアム(The International Aphid Genomics Consortium)は、国際共同研究の成果として農業害虫のアブラムシのゲノム解読に成功したと発表した。アメリカのオンライン科学雑誌『PLoS Biology』(2月23日号)ほかに掲載される

昆虫として最多となる約35,000個の遺伝子をアブラムシのゲノムから検出し、

  1. 生殖、遺伝子発現調節、シグナル伝達、ウイルス媒介関連など約2,500グループ、総数約13,000の遺伝子がアブラムシ特異的に増幅している
  2. ほかの昆虫では保存されている免疫関連の遺伝子が大幅に減少している
  3. アブラムシの遺伝子セットは、ブフネラと相補的な代謝系を構成する
  4. 10種類以上の遺伝子が細菌からアブラムシゲノムに水平転移し、その多くが菌細胞で高発現している、

といった事実を明らかにすることができた。

アブラムシは、植物の師管液を餌とする小型の昆虫。集団で植物の栄養分を奪うばかりでなく、植物ウイルスを媒介するため、世界中の農作物に深刻な被害を与えている。

アブラムシは、師管液に欠けている栄養分を合成する共生細菌「ブフネラ」を「菌細胞」に収納して、1億年以上にわたり親から子へと受継いでいるなど、さまざまな微生物と緊密な関係を持つ。さらに環境条件の変化に応じて単為生殖と有性生殖を切換えたり、翅(はね)を生やさなかったり生やしたりと、変幻自在にさまざまな表現型の個体を産出する。

*この研究を行った中鉢淳氏へ、本誌管理人の森山和道が2001年にインタビューした記事が
http://www.moriyama.com/netscience/Nakabachi_Atsushi/index.html
で読めます。

エンドウヒゲナガアブラムシの生態そのほかについて知りたい方は是非ご覧下さい。

アブラムシ入門図鑑
アブラムシ入門図鑑
posted with amazlet at 10.02.23
松本 嘉幸
全国農村教育協会
売り上げランキング: 427772

アブラムシ―おもしろ生態とかしこい防ぎ方
谷口 達雄
農山漁村文化協会
売り上げランキング: 93905

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes