森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

Archive for the ‘SPA!’ tag

書評『100年予測 世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図』

without comments

週刊SPA! 2009年掲載

100年予測 世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
(ジョージ・フリードマン著 櫻井祐子 訳 早川書房)

100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図

21世紀半ば、日本はトルコと同盟を組み、アメリカと戦争することになる。主戦場は宇宙空間である。全海洋の覇権を握るアメリカは21世紀も世界最強の大国であり続ける。中国やロシアは2020年代に崩壊、分裂する−−。

100年予測は地政学の観点から21世紀の100年間の動向を予測した本である。

対テロ戦争、景気低迷など昨今の状況から考えるとにわかには信じがたいが、今世紀こそがアメリカの時代となるのだという。そして、日本は太平洋に面した諸国に経済的に乗り出さざるを得なくなり、その結果、アメリカと利害の不一致が発生し始め、やがて煙たがられる存在となるのだと予測している。

さらに宇宙はロボット技術を使った衛星兵器や発電衛星が活躍する非常に重要な場所となるという。まるでSFの世界だが、未来を予測するためには常識を疑わなければならないと著者はいう。

著者の予測の根源には、地理的条件の持つ力は、長期的には圧倒的だという考え方がある。アメリカが強い国となったのも、アメリカが素晴らしい国だからではない。大西洋と太平洋に面する北米大陸にあったからだ。そして今後も他の勢力を混乱させることでアメリカに挑戦するだけの力をつけさせないように動くという。

著者の予測が正しいかどうかは分からない。だが非常にエキサイティングな世界の見方を提供してくれることは確かだ。

100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
ジョージ フリードマン George Friedman
早川書房
売り上げランキング: 26967

Written by 森山和道

6月 25th, 2011 at 12:00 pm

Posted in レビュー,仕事

Tagged with ,

書評『会社のデスノート』

without comments

週刊SPA! 2009年掲載

『会社のデスノート  トヨタ、JAL、ヨーカ堂が、なぜ?』
(鈴木貴博 著 朝日新聞出版)

会社のデスノート トヨタ、JAL、ヨーカ堂が、なぜ?
 
大会社ならば、それほど間違った判断は下さないだろう。そんな思い込みが我々にはある。だがコンサルタントの著者は、大きな判断を間違ってしまう会社が増えて来たという。

では会社、日本社会全体を殺さないためにはどんな判断を下すべきなのか。この本では「所得弾力性」というキーワードを使って、商品やサービスの需要の行く末を考察する。

所得弾力性とは、所得が増えたり減ったりしたときに、その商品を買うカネがどのくらい増減するかという数字だ。この概念を使えば、トヨタが大幅減益になることも、そして驚くべきことに今後の判断を間違えなければ驚異のV字回復を果たすことも予想できるという。さらに今後は安売りではなく、小売りの世界でコンビニ業界が成功したように値付けを上げてものを販売することが重要だと述べる。

著者は日本が今後経済成長するのは資本投下が必要な「重サービス産業」の伸び次第だと語る。「重サービス産業」とは労働集約的なサービス業に対して、インフラ投資が必要な宅配便や遠隔警備、電子マネーサービス等を指す。労働集約的な仕事をシステムやネットワークに置き換えることで安価なサービス提供を可能にする。優良サービスを活用出来る社会を目指すことで、日本は新たな発展サイクルに進んでいけるという。

具体的な話も多く、取っ付きやすい本である。しかも著者の指し示す方向が明快だし、元気になれる。読んで損はない。

会社のデスノート トヨタ、JAL、ヨーカ堂が、なぜ?
鈴木 貴博
朝日新聞出版
売り上げランキング: 124554

Written by 森山和道

6月 13th, 2011 at 9:07 am

Posted in レビュー,仕事

Tagged with , ,

書評『Twitterの衝撃 140文字がビジネスからメディアまで変える』

without comments

扶桑社週刊「SPA! 」2009年掲載

『Twitterの衝撃 140文字がビジネスからメディアまで変える』
(日経BP社出版局 編 日経BP社)

Twitterの衝撃 140文字がビジネスからメディアまで変える

140文字のマイクロブログ・サービス「Twitter」がブレイクしつつある。今や新聞テレビ各社はいうまでもなく、居酒屋やちょっとしたイベントに至るまで、みんながTwitterのアカウントを取って140文字のつぶやきをネット上に発している。

本書は10人のジャーナリストや評論家、研究員たちからなるネット識者たちがTwitterの魅力を各方面から紹介した本だ。気軽にパッと書けること、同時多発的にネット中から多くの声が上がる様子が目に見えて分かることがTwitterの特徴だ。新しいジャーナリズムの手段やマーケティングツール、サポートツール、仕事ツールなど、様々な可能性が期待されている。取りあえずTwitterについてどんな論点があるのか知りたい人ならば、本書をまず読んでみることをおすすめする。

ネットサービスは自分で体験してみなければ分からないことも多いが、自分の視野からは見えない視点も本書で得ることができる。

Twitterは面白さが分かりにくい。一回に書ける分量が140文字ということ以外は制限がなく、最初は何をすればいいのかも分からない。だが大勢の人のつぶやきを追うようになるに従って、漠然とネット上の流れが見えてくる。そのためには普段は自分と接点がない人たちもフォローしてみる必要がある。雑踏のなかでふと耳をすませてみるような感覚で大勢の声がディスプレイに上がってくるようになると、多様な考え方が見えてくるかもしれない。

Twitterの衝撃 140文字がビジネスからメディアまで変える
枝 洋樹 林 信行 小林 弘人 津田 大介 武田 徹 高須賀 宣 岡野原 大輔 片瀬 京子 高橋 秀和 亀津 敦
日経BP社
売り上げランキング: 243480

Written by 森山和道

6月 4th, 2011 at 12:32 pm

Posted in レビュー,仕事

Tagged with , ,