森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

Archive for the ‘Optio E80’ tag

デジカメ初体験の両親向けに PENTAX「Optio E80」を購入

with one comment

Optio E80

Optio E80

年末から検討していた両親用のデジカメとして、PENTAX「Optio E80」を買った。乾電池で駆動し、ボタン数は最小限の機種である。帰省期間中になんとかすることを目標としていたため検討を十分重ねる時間はあまりなかったが、それよりもさっさと買ってしまい、実地に教えるほうがベターだと考えた。注文したのが年末だったので来るかどうか微妙だったが、電池、本体ともちゃんと届いた。ショップや宅配便に大感謝だ。

Optio E80 背面

Optio E80 背面

OptioE80上面

上面のボタンは電源とシャッターだけ

購入する前に、親を電気屋に連れて行き、デジカメを実際に触らせてみた。うちの親はいまどき、「電気屋にカメラが置いてあるのか」というような親である。電気屋に行ってもデジカメ売場があることそのものに気がついていないのだ。デジタルデバイドどころではない。そもそも購入欲求どころか物欲そのものがほとんどないので、情報欲求もない。こういう人たちにモノを売るのは大変だろうなと思う。

さて、やっぱりあまり多くない品揃えの店頭で、実際のデジカメ操作の様子をみていると、慣れてない機器操作だということもあり、とにかくボタンを力一杯押す。そしてボタンの表示が見えないようで、かなり離して操作する。だから「この三角形マークが…」とかいってもそりゃ分かるわけがない。やはりボタン数は可能な限り少なく、一つ一つのボタンができれば色分けされているほうがありがたい。特に電源ボタンが最近のカメラはどれも小さい。細かい操作が苦手なうちの親にはできればボタンよりもスライド式のスイッチの方が良さそうだなと思った。

本当はその場で購入して持ち帰りたかったのだが、そこは地方の悲しさ、店頭に並んでいた機種が少なかったので、アマゾンで注文することにした。基準はとにかくボタンの数と大きさ。年末で時間もなかったのであらかじめ検討していた機種の中からペンタックスのオプティオを選択した。

カメラとしての性能は正直いって今ひとつである。特に逆光に弱い。オートフラッシュの設定も今ひとつ。だがボタン数は少なく、表示も大きい。ガイドは親切である。ストラップホールも大きく、使っていると高齢者や初心者を想定した機種であることがわかる。

残念な点もある。先の逆光補正などもそうだが、購入ユーザーとして初心者を想定しているようなのに、初心者がやりがちなミスに対応していない。そのくらいユーザーが学んで気をつけて撮るのが写真だという態度なのかもしれないが、もしそうだとしたらカメラメーカー的発想の悪い所が出ている。

もう一つ残念だったのは、このカメラは単三乾電池2本で動くのだが、乾電池の入れ方を示した図が本体の外側になく、入れ方が分かりにくいところ。入れ方は電池ケース内部に描かれているが見えにくい。逆に入れるとそもそも電源が入らないようになってはいるものの、やはり外側にシール一つでいいから入れ方の図が欲しかった。

OptioE80電池ボックス

OptioE80の電池ボックス

一番残念だったのは、背面液晶の視認性が低いこと。コントラストも低く、ちょっと角度がズレるとぜんぜん見えない。特に屋外ではほとんど見えず、ろくに確認もできない。まだ老眼になってない自分が見えないのだから老人はもっと見えないだろう。これは価格をあげても、もうちょっと見やすくして欲しかった。とりあえずディスプレイの明るさを少しあげておいた。

このように諸々の不満はあるものの、トータルとしてはベターな買い物をしたと思っている。とりあえずうちの親でも何を撮ろうとしたのかはわかる写真が撮れるようになった。操作の分かりにくい所には手書きのシールを貼って解説を足しておいた。

PENTAX デジタルカメラ Optio E80 1000万画素 光学3倍ズーム 単三電池仕様 OPTIOE80
ペンタックス (2009-08-20)
売り上げランキング: 35416


あとの問題は運用。ずっと身近で面倒を見ることはできないので、自分たちでなんとかしてもらうしかない。乾電池はいちおうサンヨーのエネループも購入したが、普通の電池も使えることは念を押しておいた。

SANYO NEW eneloop 急速充電器セット(単3形4個セット) N-TGR01AS
三洋電機 (2009-11-14)
売り上げランキング: 84


SDカードは2GBのカードを選んだ。うちの親の撮影ペースだと多分これだけあれば一生入れっぱなしで使えるだろう。2GBを選んだのは、これ以上容量の少ないカードが簡単に入手できなかったからだ。本当はフィルムのようにもっと容量の少ないカードを毎回使い潰していく方法でもよかった。パソコンのないうちの場合、むしろその方が管理もわかりやすいだろう。

Transcend SDカード(2GB)
Transcend SDカード(2GB)
posted with amazlet at 11.01.06
イーサプライ
売り上げランキング: 15322

現像は、毎回、よく知ってる所に出すとのことだったので、人間になんとかしてもらうことにして、DPOF機能については教えなかった。

付属ケーブルはUSB。いちおうオプションとしてAVケーブル「I-AVC7」もあるようだが、この出力画像の画質はかなりがっかりらしい。できればテレビで気軽に見るためにHDMI出力が欲しかったが、これは高望みか。

PENTAX I-AVC7 AVケーブル
PENTAX I-AVC7 AVケーブル
posted with amazlet at 11.01.06
ペンタックス
売り上げランキング: 24749

というか、なぜシャープの「AQUOS」にはSDカードが刺さらないんだろう。USB端子もないし。インターネットがどうこうといった機能よりも、そちらの方がほしかった。HDDレコーダーやゲーム機がメディアプレイヤーとして存在感を増しているが、やっぱりテレビにポンと挿せば使える方がいい。仕方ないので、SDカードがささるブルーレイレコーダーでもメディアプレイヤーとして後で買い足そうかと思っている。

Written by 森山和道

1月 6th, 2011 at 8:53 pm