森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

Archive for the ‘総火演’ tag

平成24年度「富士総合火力演習」に行ってきました1(準備篇)

with 3 comments

8月26日(日)、一般公開での実弾演習として知られる自衛隊の「富士総合火力演習」に行ってきました。
本物の自走砲や戦車が撃つところが見られるイベントです。
せっかくなので、自分のメモを兼ねていろいろまとめておこうと思います。

始まりはハガキから

ハガキ

始まりはポストに入っていた一枚のハガキからでした。
素っ気ない昔のワープロみたいな印字。裏を返すとびっしりと文字と地図。
最初なんだか分かりませんでしたね。
富士総合火力演習(略称:総火演、そうかえん)の当選ハガキであることに気づくのにちょっと時間がかかりました。

今まで何度も応募していたのに一回も当選したことがなかったので、たぶん今回もダメだろうと思っていたんですよね。
抽選の倍率は当日配られた「防衛ホーム」の号外によれば、はがきで15.6倍、インターネットで14.4倍だそうです。

これはもう行くしかない! 早速いろいろ準備を始めました。
まずはひたすら検索です。
幸いにして今は多くの方々がネットで総火演観覧記をまとめてくれています。

検索で現地当日の状況を知る

シャトルバス

シャトルバス。あたり外れがあります。これはあたり。

演習の時間は10時から12時。最寄りである御殿場駅から演習場までは有料シャトルバスが出ています。片道550円で、およそ20分くらい。朝7時からシャトルバスは出るとハガキには書かれていました。
しかもバスはじゃんじゃん来るとか。

これだけ聞くと、「お、ラクチンなイベントだな」と感じると思いますが、実はそうではありません。

演習場での観覧席には「スタンド席」と「シート席」があります。「シート席」の後ろに仮設の「スタンド」があるというかたちです。

自衛隊関係者や招待者、プレスなどにはスタンドが用意されていますが、一般人が座れるのは「シート席」とスタンド席の端っこの「Eスタンド」のみ。基本的に早い者勝ちなのですが、スタンドの座席数は少なく、早朝には半分くらい埋まってしまうとのこと。かなり早い時間から動かないと大変だということはすぐに分かりました。

シートはA-Eまで座れますが、それも基本的に前列から整列して詰めて座らされるという方式で、場所が取り放題なわけではありません。地べたにシートを敷いているだけのところに押し込まれて何時間も座るのは苦痛が容易に予想できました。

シート席のほうが演習場への距離が圧倒的に近いので、戦車が撃ったときの風圧などをモロに感じられるので良い、という話もあるのですが、待ち時間も含めて長時間であることを考えると、できるだけスタンドを狙いたいと思いました。

前泊の宿を予約する

沼津駅から見た朝の富士山

会場が開くのは6時頃からだとのこと。早朝から会場入りをしたいのであれば、前泊するしかありません。できれば御殿場に宿を取るべきです。御殿場にもいくつかビジネスホテルがあります。

しかしながら、ハガキを受け取ったときにすぐに調べたのですが、既に一部の高価なホテルを除いて、御殿場市内のホテルは埋まっていました。どうも抽選があたろうがあたるまいが、先に見越して予約している方が多いようです。毎年見に行っているミリタリー・マニアだろうと思います。

仕方ないので近隣で探すことにしました。ところが近くには適したところが今ひとつ見つからず。結局、沼津に宿を取ることにしました。東京側ではなく沼津にしたのは、そのほうが始発に乗れると踏んだからです。また沼津にはビジネスホテルが多数あり、選択に困りません。

御殿場線の始発は朝6時に沼津を出て、6時半頃に御殿場に着きます。最初は始発に乗るつもりまではなかったのですが、いろいろ調べた結果、やはりスタンド席に座ることを狙うために、始発に乗ることにしました。

あとでお話しますが、これが正解でした。

長時間の着座に備える

シート席

シート席。このあと後ろまで埋まります

さて、宿を予約したあとは、当日の準備です。演習場のある御殿場は、駅前で標高457メートル。晴れれば日射しはきつく、富士山の近くなので天候が急変することもあります。また、シート席になってしまうと、地べたにアグラをかくことになります。

シート席に座るときには、まず横一列に並ばされて、あいだをつめるように言われます。そしてそのまま前進して着席です。つまり立っているときの間隔が、そのまま左右との間隔になります。

座る位置にはロープが張られ、その前に座ることが要求されます。そのため前後の人との距離も近くなり、足を伸ばすこともできません。その状態で数時間座るのは足腰に負担がかかります。腰痛持ちの自分にはかなりつらいことが容易に予想できました。またもちろん、高さの勾配はほとんどありませんので、前のひとたちの体が見るためには邪魔になります。もちろん自分たち自身も邪魔にならないように背中を丸めていなければなりません。

そしてスタンド席は限られているので、シート席に座る可能性はかなり高いことになります。ググってみたところ、御殿場線の始発に乗って、スムーズにシャトルバスに乗ったとしても、スタンド席は既に埋まっている可能性が高いとか(実際にあとで分かりましたが、そのとおりでした)。となると、シート席に座ることを考えなければなりません。

固い地面に背もたれなしで長時間座るのはかなりきついのは最初から分かっていました。そこで購入したのがチェアマットと、軽量折り畳みの座布団です。チェアマットについてはこちらで書いたとおりです。背もたれはあてにはなりませんが、ないよりははるかにマシですし、降り立たんだままの状態だと二重のクッションとなります。軽量座布団のほうは100円ショップの品にしました。

それと、シートですが、このシートはいわばバミるためだけのもので、地べた同然。みんな土足で上がりますし、汚れはもちろん、雨や夜露などで湿っていることも大ありです。そのために、シートも購入しました。100円ショップを歩きながら思いついたのですが、もしかすると、クッション性と防水性を兼ね備えており、かつ安価な人工芝のジョイントマットなどを座布団代わりに使うと良いかもしれません。

炎天下に備える

炎天下

演習終了後の「装備品展示」にて

暑さへの対策ですが、演習が行われているときは視野を遮る日傘などは使用禁止です。自ずと帽子とタオルになります。帽子はツバ広のものが良いですが、あまり広いと後ろの人の迷惑になりますので、適度な鍔を持ったハットになります。軽い農作業用の帽子などが良いと思います。特に横や後ろにひだを垂らして顔への日射しを遮る帽子がベターです。

日射しも強いので、サングラスをかけられる人は、かけたほうがいいと思います。マスクがあったほうが、という話もありましたが、そこまではいらないでしょう。タオルを多めに持っていくくらいでいいかと思います。

タオルは肌を覆うのにも使えます。基本的に、できるだけ肌が露出しない服のほうが涼しいです。直射日光で肌を焼かれないように。ただ、そうはいっても長袖のシャツは重いしな、という人は、袖にはめるカバーなどを使うといいかと。いろいろ試してみてください。

日焼け止めはもちろん必須です。海水浴のときに塗るような強力な奴が良いです。それと最近発売されている、気化熱を利用した冷感タオルもなかなか良かったです。アルコールを使った制汗シートの類も気持ちいいです。ガンガン顔を拭ける大判をおすすめします。女性はメイクが落ちることを気にすると思いますが、落ちたらまたしてください、と言うのは無理かもしれませんが……。

あとは水です。売店があって、150円で冷たいペットボトルを売っていますが、シートにせよスタンドにせよ、席は一度座ってしまうと歩く場所がないので動きにくいです。一人ペットボトル2本くらいは持っていたほうがいいでしょう。一本は凍らせておくと、さらに良いと思います。

自分たちもスポーツドリンクのほか、氷を持っていくつもりで折り畳める軽量水筒も持参したのですが、ホテルの冷蔵庫にうっかり忘れてきてしまいました。これまた100円ショップで買ったものですが、これは当日、かなり残念でした。

なお水ですが、あまりグビグビ飲むとトイレが近くなります。のどが乾く前に、ゆっくりとちょっとずつ飲むのがコツです。トイレは建設現場にあるような仮設トイレです。女性用は並ぶ必要はありません(トイレの台数に比べて女性の数が相対的に少ないので)。男性用もいっぱいありますが、男ばっかりなので並ぶことがあります。

雨に備える

空挺降下

空挺降下

雨が降ることもあります。実際に、雨が降ったときの様子がYoutubeに挙げられていたので見ましたが、シート席で見るのは悲惨な感じでした。「これも演習だ」と自分に浸れる人以外は、かなりつらいと思います。が、富士山の麓にある以上、天候急変はやむを得ません。ある程度の雨具持参は必須です。

登山用の軽量高級カッパ+ポンチョというのが最強の組み合わせですが、ふだんまったくカッパを使う機会がない私は懐と相談して、100円ショップのカッパ+ポンチョと晴雨兼用の傘で妥協しました。

傘は前述のとおり本番中は使えませんが、行きや帰りの行列に並んでいるときは使っても大丈夫ですし、あったほうがいいと思います。

それと靴ですが、演習場は富士山の麓、つまり火山。ジャリジャリです。防水も考えて、できればハイキングシューズ、せめてスニーカーにすべきです。僕は軽登山靴にしました。実は20年前から同じものを履いています。

カメラと双眼鏡

砲撃された山

砲撃された山

カメラは、三脚が基本的に使えません。熱心に撮影するつもりもなかったので最初から持っていく予定はありませんでしたが、検討して、「MONOPOD」という軽量一脚を新規に購入しました。仕事じゃないので真面目に撮るつもりはなかったですが、自分の性格から、撮り始めたら撮り続けちゃうだろうなあと思ったからです。

カメラ本体は軽さと動画中心ということで、ソニーのコンデジにしました。これについては、一つ、非常に大きな誤算がありました。そのことは後で書きます。

小型の双眼鏡も購入したのですが、待ってる間には3km先の的をのぞいたりしましたが、いざ演習が始まると覗き込むヒマはあまりありません。あってもなくてもいいと思います。まあ、覗くとちょっとは的の大きさとかが実感できるかなとは思います。

取りあえず準備篇としてはこんなところでしょうか。全体的に、アウトドアはもちろんですが、避難グッズ的なところと共通しています。トイレや売店はあるものの、基本的に各自自分で自分の面倒を見られるように、ということになるので、似てしまうんでしょうね。

演習観覧で使わなかったものも、買っておけば避難グッズ袋に入れておけば(ないにこしたことはありませんが)使う機会があるかもしれません。

続きはこちら。
平成24年度「富士総合火力演習」に行ってきました(当日朝、会場での席取りまで篇)

「平成24年度「富士総合火力演習」に行ってきました・まとめ」に戻る

Written by 森山和道

8月 28th, 2012 at 8:22 pm

Posted in レビュー

Tagged with

富士総合火力演習/ニール・アームストロング氏亡くなる

without comments

▼陸上自衛隊の富士総合火力演習に行って来た。幸いにしてスタンド席に座れた。天気も(良すぎたが)悪くならず、堪能した。聞いてはいたが戦車の砲撃時の風圧には驚いた。実際に体感しないと絶対分からない。ネットワーク戦車の10式のスラローム砲撃そのほかは報道されてるとおり。取材してみたいなあと改めて思った。誤算もあったが帰りものんびり帰ることができた。そして日焼け止めを塗り忘れたらしい手の甲が真っ赤に日焼け。この話はまたあとで。

▼産経 最新鋭の戦車も登場 陸自が富士総合火力演習 島嶼防衛の必要性反映

訓練は編隊を組んだ最新鋭の10式戦車や90式戦車が1キロ以上離れた富士山麓の目標を次々と砲撃。轟音(ごうおん)と地響きとともに着弾地点から大きな炎が上がり、約3万1000人の観客を沸かせた。森本敏防衛相も視察に訪れた。

▼産経 富士総合火力演習 中国にらみ島嶼防衛を初めて想定

昭和41年から一般公開されている同演習に、海上自衛隊のP3C哨戒機が参加したのも今回が初めてだ。昨年までは、敵部隊上陸後の地上戦のみを想定した演習だったが、今年は艦艇で島嶼部に接近してきた部隊を洋上で迎撃するシナリオを初めて採用した。実際の島嶼部侵攻の対処には、陸海空3自衛隊の一体的な統合運用が不可欠なためだ。

 演習ではP3Cが敵部隊の潜水艦、艦艇の動静を探り、航空自衛隊のF2戦闘機が対艦ミサイルで爆撃する役割を演じた。一部の敵部隊に上陸を許したと仮定し、陸自部隊が偵察から火砲射撃、突撃、敵部隊の制圧までの一連の作戦行動を披露した。

▼産経 水陸両用車両を導入 中国を牽制 陸上自衛隊

▼月に初めて降りた人、ニール・アームストロング氏が亡くなった。享年82。

▼産経 帰れない覚悟で偉業 死去のアームストロング船長

▼読売 16歳で飛行機仮免許、「鉄の神経」持つ船長

アポロ11号で人類で初めて月面に降り立った米宇宙飛行士のニール・アームストロング氏が、飛行機の仮免許を取ったのは16歳の誕生日。

自動車の運転免許を取るより先だった。

▼産経 熱闘甲子園で新喜劇ばりズッコケ…あかんの? 亡き父に誓った全力パフォーマンス

球審からは「場所を考えよう」と注意を受け、監督からも叱られた。しかし、「ピンチのときこそ笑いを」。注目を集めたこの浦添商の3年生は真剣勝負の場で自身の野球哲学を貫き、すがすがしい表情で甲子園を後にした。

Written by 森山和道

8月 27th, 2012 at 10:26 am

Posted in 日記

Tagged with

富士総合火力演習・観覧抽選に当たる/ホンダ「リズム歩行アシスト」について/インド停電で3億人に影響/コロッセオが傾く

without comments

▼自衛隊の富士総合火力演習の観覧入場券の抽選があたった。倍率10倍とか20倍とか言われていて、毎年応募しているもののこれまでずっと外れていた。今年も外れだと思っていたのが当たってしまって、さてどうしたものかと思案中。

▼さすがに最前列に突撃するつもりはなく、仕事でもないのでまったりのんびり眺めるつもりではあるものの。車がないとこういうときは不便だなあ。

▼ホンダの「リズム歩行アシスト」は試着させてもらたこともあるので実感として分かってるけど、たしかにアシストはしてくれる。少し大股にする感じ。でも機器そのものがけっこう重たく大きく大げさなので、現場では着用に心理的抵抗がある人は少なくないと思う。

▼それとあれを着用したことの効果が、機器のリズムアシストによるものなのか、単に重さのある機器を着用して横に補助員がついて強制的に歩かされたものによるものなのか、その区別がつきにくい。いずれにしても着用者本人に効果があるのは確かだけど、機器の効果そのもののエビデンスが欠けている。

▼対象となる年齢群の人にダミー機器を付けて歩いてもらうといった対照実験をやらないと、機器の効果そのものを見出すことは難しい。先日のリリースで出た施設でそういうことをやっていくのだろうかどうなのだろうか。

▼新刊。

  • 『この方法で生きのびろ!』(ジョシュア・ペイビン、デビッド・ボーゲニクト/草思社文庫)
    [ amazon | 楽天 ]

  • 『時計の針はなぜ右回りなのか 改訂新版』(織田一朗/草思社文庫)
    [ amazon | 楽天 ]

  • 『カーボン・アスリート 美しい義足に描く夢』(山中俊治/白水社)
    [ amazon | 楽天 ]

▼慶應義塾大学 日本人初、本学教授が実名で自身の個人全ゲノムを公開 湘南藤沢キャンパス(SFC)にて公開ゲノムを用いた授業も開講

▼ナショナルジオグラフィック 土星の衛星に巨大な地滑り跡

シンガー氏の研究チームは、カッシーニの地滑り写真を分析した結果、クレーターの壁や山の尾根から崩落した凍った岩屑が驚くほど遠くまで地表を水平方向に移動していることに気づいた。その距離はときには80キロにも及ぶ。落下した高さの20〜30倍の距離になる。

▼毎日 南海地震・備える:ため池耐震性調査、県が公表 15カ所で安全率下回る /高知

過去のため池改修工事のデータなどをもとに、震度5強の揺れが襲った際、堤防の斜面が崩落しようとする力とそれに対する抵抗力の比(安全率)を算出。室戸市7カ所、芸西村3カ所、四万十町2カ所、土佐清水市、越知町、本山町各1カ所で、国の安全率を下回ったという。

▼産経 【放射能漏れ】狭山茶の賠償総額50億円、東電に請求 福島第1原発事故

▼InternetWatch ヤフー、IT漁業も視野に宮城県石巻市に現地オフィス、復興支援事業に本腰

▼日経BP グーグルが被災地企業のWeb活用支援ワークショップ開催へ、早大などと連携

▼ロイター インド北部の大規模停電で3億人超に影響、インフラ脆弱さ浮き彫り

インドの首都ニューデリーを含む北部で30日未明、大規模な停電が発生。3億人超が影響を受ける過去10年余りで最も深刻な停電で、同国が抱えるインフラ面の問題が改めて浮き彫りになった。

(中略)

インドではピーク時に約12%の電力供給不足が発生しており、経済活動に影響が出ている。

インド国民の約40%にあたる5億人が電力不足に悩まされているが、新しい発電所の建設が遅れていることなどから、電力不足の解消が進んでいない。

▼産経 古代遺跡コロッセオ「傾いた」? 40センチ沈下、交通量が影響か

世界有数の観光名所であるローマの古代遺跡コロッセオの南側部分が、40センチほど地下に沈み込んでいることが政府の専門家らの調査で判明し、修復が検討されている。イタリア主要紙コリエレ・デラ・セラが30日までに「コロッセオが、ピサの斜塔のように傾いた」との見出しで伝えた。

 同紙によると、南側の土台部分に亀裂が入ったことが直接的な原因とみられている。沈下は約1年前に確認され、約2カ月前から本格的な調査が始まった。市の中心部にあるコロッセオは周辺道路の交通量が多く、専門家が交通による振動との関連を調べている。

▼JBPress アメリカで最も成功した日系スーパー 日本食材を広めたシアトル・宇和島屋ファミリー

▼JBPress もっと日系の意見を聞いてくれればいいのに シアトルの日系スーパー、宇和島屋・モリグチ会長

以前、モリグチさんは日本からアメリカに来てビジネスをする人は、もっと日系人と交流したらどうかと言われましたね。

モリグチ そうです。もっと日系人と交流してアドバイスを受け入れたりすればいいと思いますが実際はそうではない。

何百、何千と日本からビジネスでシアトルに来る人がいますが、2世、3世に近づいて交際して、アドバイスをもらう人はごくわずかです。それが日本の弱いところでしょう。

ただ、ソニーの盛田昭夫さん(ソニーの創業者、故人)は違いましたね。

Written by 森山和道

8月 1st, 2012 at 8:01 am

Posted in 日記

Tagged with