森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

Archive for the ‘マンガ’ tag

マンガ『ボクの駅弁漂流記』(前川つかさ)の紹介

with 2 comments

マンガ『大東京ビンボー生活マニュアル』(前川つかさ)の紹介 で触れた、前川つかさ氏の他のマンガについて書いていくことにする。

ただ、ファンとしては少々心苦しい。というのはどれもこれも版元品切れで、新刊で入手出来ないのである。ということは、古本が売れたところで著者の印税にはまったく繋がらないのだ。できれば復刊してほしいなあ、と思うのだが、僕が持っている本もどれも初版だったりする。つまり増刷されてないということなので、難しいんだろうな。

それはさておき。まずはボクの駅弁漂流記(1990年11月発行)から。先のエントリでふれたように、このマンガが『大東京ビンボー生活マニュアル』の雰囲気に一番近い。と書いたためか、アマゾンのアフィリエイトレポートを見てみると、既に何人か購入してくれた人がいるようだ。たぶんその人たちは気づいたと思うが、この本、アマゾンでも上巻しかデータが出てこない。なぜなら、下巻は刊行されていないからである。

だが実はこのマンガは、コミックス未収録分も含めて2007年に出たコンビニマンガで読むことができる。ザ・駅弁 メチャうまか編ザ・駅弁 中国に四国、まっことうまいぜよ編(双葉社)である。

ザ・駅弁

どちらも、『駅弁ひとり旅』(はやせ淳 作画 櫻井寛 監修)と『ボクの駅弁漂流記』(前川つかさ)のセットになっている。つまり駅弁マンガを集めましたという体裁の本だ。コミックス未収録分はザ・駅弁 中国に四国、まっことうまいぜよ編に収録されている。

駅弁ひとり旅は至極まっとうな駅弁マンガである。弁当屋を営む男が旅先で知り合った女性や子供と一緒に列車旅をしながら駅弁を食べまくり、紹介しまくる。基本的に主体は駅弁であり、各地方の話は実のところあまりない。だが私の実家のある宇和島も早々に出てきたりして、へーと思った。残念ながら宇和島にはまともな駅弁はないのだが。本の冒頭には駅弁写真を収録したカラー口絵もついている。

さて主題である『ボクの駅弁漂流記』(前川つかさ)のほうだが、こちらはというと、例によってタイトルに偽りありで、駅弁はほとんど出てこない。第一話には新宿駅で幕の内弁当を買うシーンがあり、最後の2話には「峠の釜飯」と小諸の「藤村の一膳めし」が出てくるものの、駅弁はほとんどそのくらい。特に駅弁に愛がある気配はまったくなく、主人公は単に旅行して普通の人々たちとふれあっているだけだ。

旅情というか旅愁はかきたてられるタイプのマンガではあるものの、どうしてこの1990年に描かれたマンガを、2007年に刊行された「ザ・駅弁」というコンビニコミックスのなかに敢えて入れたのか、不思議になるようなマンガである。まあ、それでも入れたところに編集者の個人的な好みというか、気持ちのようなものがすけてみえて、それはそれでまた興味深いのだが。

さて設定では主人公は「沢野洋介 26歳 旅のエッセイスト 某雑誌のかたすみの小さなコラムを連載している」となっている。フリーランスの旅行ライターという設定らしい。この主人公が旅の途上で「日常の何でもないこと」に出会う。そして少し心を動かされる……。まあ、実のところこんな感じの旅行エッセイってあるよね、といった風のマンガだ。

ボクの駅弁漂流記第一話

ボクの駅弁漂流記 第一話 冒頭

話は、例によって例のごとくで、何も起きない。信州では出会った社長と蕎麦と風呂につきあい、岩国では知人が開いていたはずのコーヒー店跡地で缶コーヒーを飲む。冬の日本海で漁師の話を聞き、電車で乗り合わせた小僧におにぎりを譲ってやる。バス停で雨宿りしながらばあさんと孫娘と談笑し、祭り囃子に誘われて投宿した旅館の娘さんと盆踊りを踊る。知らぬ街の名画座に入り、東京に戻って来て旅の喧噪が恋しくなると築地に出かけて馴染みと出会う。

旅先の話とはいっても、散髪したり、草野球に参加したり、禿げ山で遊んだりと、特に旅先でやらなくていいような話も多い。なかには単に銭湯に入っただけの話もある。あちこちの街で野球小僧と出会う話が多いのは、著者の好みなのだろう。

『大東京ビンボー生活マニュアル』の最後に、主人公コースケは旅に出てしまう(出されてしまう)のだが、長年『大東京ビンボー生活マニュアル』を読んでいた読者の一人としては、彼の旅の途上ってたぶんこんな感じだろうなと思わされてしまう。主人公の風体は多少違うのだが(ヨースケのほうがコースケよりも少し細い)、ほとんど同じ話だ。

ちなみに、主人公は酒に弱く、主人公の友人としてアフリカ帰りの人類学者や、でかい犬、大飯食らいの子、渡し船も出てくる。青春の思い出を抱くオジサンも上京してくる。このへんのモチーフはよく前川氏のマンガに登場する。尾道で出会ったわけありっぽい男女も気になる。

アフリカ帰りの人類学者の友人

アフリカ帰りの人類学者の友人

上巻巻末には「あとがきというよりボクの旅 夢想日記」という絵と文章が添えられており、このようにしめくくられている。

ボクの数少ない旅の思い出をたぐってみると浮かんでくるのは名所旧跡ではなく どこにでもありそうな街のにおいであり人々が暮らす風景である。では旅など行かなくていいではないか、というと そうではない。それでも行きたくなるのが旅であり心はいつも旅を夢見ている。

鉄道ひとり旅ふたり旅 2
エイ出版社
売り上げランキング: 342112

Written by 森山和道

9月 18th, 2011 at 3:35 pm

Posted in レビュー

Tagged with ,

マンガ『大東京ビンボー生活マニュアル』(前川つかさ)の紹介

with 2 comments

なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル

9月7日の日記で書いたとおり、イースト・プレスから『なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル』が刊行された。1986年から1989年まで「モーニング」で連載されていた「大東京ビンボー生活マニュアル」の選集である。

なぜこのマンガが今頃になって選集として刊行されたのかは知らない。だがこのマンガはこれまでにも単行本が出たあとに何度か文庫化されるなど、一部読者に根強い人気を持っている。私自身もこのマンガに魅力を感じる一人である。大学生のときにサークルの先輩の本棚でこのマンガに出会って以来、未だにときどき読み返し、そののんびりとした世界に浸っている。

この機会に『大東京ビンボー生活マニュアル』という作品を紹介してみたい。なお、下記で紹介するエピソードには今回出た本には収録されていないものもあることを先にお断りしておく。またこの作品そのものについては良く御存知の方は、このエントリの最後に今回の本に収録されている作品リストをつけておいたので、そちらをご覧頂きたい。

大東京ビンボー生活マニュアル1大東京ビンボー生活マニュアル2

まず、このタイトルは誤解を招きやすい。「マニュアル」とあるが、まったくマニュアルめいたところはない。
このあとも何度も言うが、このマンガはフリーターである主人公「コースケ」の何も起きない日常を描いたマンガでしかない。

ただ、このマンガ、最初は『大東京ビンボー生活カタログ』という名前だった。単行本に収録されている最初の数回は、そのタイトルにひきずられていたのか、ややビンボー人マニュアルっぽいようなことを解説したページもあるし、絵柄も若干違う。だから初めて読む人はややとまどってしまうかもしれない。だがそんな感じのトーンはあっという間になくなる。ちなみに今回の選集ではその辺りの話は収録されていない。

なお時代設定は1986年から1989年まで連載されていた当時だと思われる。バブルの頃だが、このマンガはバブルとは対極の世界である。このマンガには基本的に時事ネタに関連した話題は出てこない。主人公も登場人物たちも、時代の流れのなかに身を置きつつも、あまり積極的に流れをつかみにいくタイプではない。

「コースケ」は6畳一間、流し付き、風呂なし、トイレは共同(たぶん)の木造アパート「平和荘」の住人だ。大学は出たようだが、現在はフリーターである。

彼が住んでいる部屋には網戸もない。家財道具は電気ポットと壊れた扇風機、それと後に上京して来たオジサンに買ってもらったコタツくらい。ときどきバイトはするが、カネがないときはただ単に一日寝てすごしたりしているグータラ人間だ。扇風機が壊れてしまったらアパートの廊下で昼寝する。

こんなコースケだが、しかし、「ひろ子さん」という芸大の彼女がいる。この彼女とどこで知り合ったのかは作品中で描かれていない。となりの部屋には「学生さん」が下宿していて、コースケはよくその「学生さん」から色んなものを借りている一方で、早朝目が覚めてしまったときに買いに出たアンパンと牛乳の朝食を一緒に食べたりしている。なお部屋には互いにカギをかけておらず、自由に出入りしている。

コースケは基本的にグータラであり、生産的な人間ではない。多弁な人間でもなさそうだ。しかしながら人好きのするタイプの人間で、大家をはじめとした近所の多くの人たちと知り合いで、好かれている。単に雨宿りを一緒にした相手と小銭を出し合ってタイヤキを食べたり、たまたま出くわした知人から仕事をもらったり、なんだかんだとちょっとした世話になったりその代価として労働力を提供したりしながら日々を過ごしている。

たとえばコースケは年末の12月は家賃を払っていない。大家が檀家になっている近所の寺で掃除や障子の張り替えをするからだ。その労働の対価として家賃を払わないというわけだ。ちなみに大家のおばさんが按摩されているときに家賃を払いにいったときには、その按摩さんにタバコで灸をしてあげて、お礼としてマッサージされたりしている。

こういうと人情話の類いかな、と思う人もいるかもしれない。だが、このマンガはそういうマンガではない。毎回、特に何も起きない。日常のちょっとしたところに幸せや喜びを見出すような話ばかりである。

幸せといっても本当にちょっとしたことだ。風鈴の音、彼女と待ち合わせした公園でキンモクセイがきれいだなと思ったり、揚げたてのコロッケを食べたり、一日中寝っころがって街の雑音に耳を傾けたり、バイトでスイカを見張ったり、年賀状を出したり、昔の同級生に出会ったり……。このマンガで描かれるエピソードやストーリーは、言葉にすると、「え、それで終わり?」と言われてしまうようなものばかりである。でも、それがいいのだ。

コースケは、足るを知っている。無欲であり、ないものは欲しがらない。かといって「清貧」といった、気取った感じでもない。あくまで自然体で生きている。都会で生活する人間である限り現金は必要だが、最低限のカネは気まぐれ程度のバイトでまかなえているようだ。コースケは「無為な生活」を送っているが、精神的には豊かな日々を過ごしているように見える。

大東京ビンボー生活マニュアル大東京ビンボー生活マニュアル

もっとも、そうは言ってもマンガなので、なかにはちょっとしたネタもある。コースケはどこから借りたのか知らないが自転車を徹夜で漕いで焼津まで行って友人の結婚式に出たりする。ときどき皿洗いのバイトをしているソウルを聞かせる喫茶店にはママさんと訳ありらしい外国人3人組のミュージシャンが毎年同じ日の閉店後に演奏しにやってくる。夏には近所の中学校のプールに忍び込んで泳ぐ。カツ丼が食いたくなったら築地のカツ丼屋で配達の出前をする。大道芸の人に出会ってピエロになってみたり、山登りで出会ったお寺で修行したりもする。

コースケは食べ物をおいしそうに食べる。営業を終えかかったお好み焼き屋に行ったところ、腹ぺこでの食べっぷりをオヤジさんに気に入られて翌朝釣りにつきあったりもする。

なお今回、イースト・プレスから出た本には「大東京ビンボー散策」というページがあり、出てくる銭湯やお店、食べ物などが解説されているのだが、食べ物のページのリードには

ビンボーなのにいつもおいしそうなものを食べているコースケ。

と書かれている。

これは私に言わせればちょっと違う。コースケは「おいしそうなものを食べている」のではなく、「おいしそうに食べている」のである。基本的にいつもビンボーで腹ぺこであるコースケが美味そうに食べているから美味そうに見えるのだ。このマンガではどんなものでもコースケはおいしそうに食べている。

今回の選集には収録されていないのだが、単行本は、コースケが人使いのあらい和尚の使いとして、片道料金として1万円だけわたされて壺を届けるために旅に出るところで終わっている。

大東京ビンボー生活マニュアル5

このマンガの続きとしては、実際に「新・大東京ビンボー生活マニュアル」という作品が別冊漫画ゴラクにて描かれたことがある。こちらは残念ながら単行本化されていないので私は読んだことがない。聞いたところによればコースケは結婚してサラリーマンをやっていて、最後はリストラされて終わりだったとか。これは今回の新作においては完全になかったことになっている。作者も気に入ってなかったようだ。たしかにコースケが働くとしてもサラリーマンじゃないだろう。コースケは近所のあちこちの店の主人たちから気に入られており信頼もされているようだ。そのどれかのお店を「あんたになら」と託されるほうが納得がいく。

今回は6編が書き下ろしとして掲載されている。コースケの彼女である「ひろ子さん」はケータイを使っており、タイトルにも「2011」とあるので、時代設定は現代のようだ。コースケはそのまま変わらず平和荘に住んでいる。率直にいって、私はこれにも違和感を覚えた。「変わらない」ということは、何も不変であることではない。むしろ世の中が変わっているのに不変であることには違和感がある。普通にひろ子さんと結婚して、バイトしていた喫茶店やら古本屋やらの店主をしているというストーリーでも良かったと思うのだが……。

前川つかさ氏には『大東京ビンボー生活マニュアル』以外に、旅行フリーライターを主人公とした『僕の駅弁漂流記』や、新婚夫婦を主人公にした『バクとコムギ』といった作品がある。私が読んだなかで『大東京ビンボー生活マニュアル』に一番テイストが近いのは『僕の駅弁漂流記』である。今回書き下ろされた新作よりも、雰囲気が近い。主人公の名前はヨースケであり、似たような登場人物も出てくる。

その他の作品群も読んでいくと、前川氏の作品には若干かたちを変えながら繰り返し現れるモチーフやエピソードがあることが分かる。また、『大東京ビンボー生活マニュアル』というか、「コースケ」の世界はある種のファンタジーだが、同じく氏による4コマギャグマンガ『キャンパスびんびん物語』ではやっぱりビンボーはいいことばっかりじゃないよねといった感じの笑い話がネタになっている。このマンガは同じアパートの別の住人の話といった感じなのだが、長くなってきたのでそれら他のマンガについては、稿を改めて、別エントリで書くことにする。

(「マンガ『ボクの駅弁漂流記』(前川つかさ)の紹介」を書きました。興味ある方はそちらもどうぞ)

いっぽう、既にもう『大東京ビンボー生活マニュアル』についてはじゅうぶん知っているという方もいらっしゃると思う。そういう方は、何が収録されているか気になっているだろう。今回出た『なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル』に収録されている作品リストは下記のとおりである。右の数字はオリジナルの単行本の収録巻数と通し番号。

  • 2011 待つ楽しみ …新作
  • 雨の日はウチにいて …1巻第1話
  • のり弁大好き …1巻第2話
  • 待ち合わせ …1巻第3話
  • 日焼けの季節 …1巻第4話
  • 湯上がりの街 …1巻第5話
  • 自転車2人乗り …1巻第6話
  • 梅雨明け …1巻第7話
  • 西瓜 …1巻第8話
  • 風鈴 …1巻第9話
  • 盆帰り …1巻第10話
  • いわし雲 …1巻第14話
  • 月見れば …1巻第15話
  • 秋霖 …1巻第16話
  • 糸瓜忌 …1巻第17話
  • 鶏頭 …1巻第19話
  • 朝寒 …1巻第20話
  • 青い蜜柑 …1巻第23話
  • 結婚披露宴 …1巻第24話
  • 銀杏 …1巻第25話
  • 柚子湯 …1巻第27話
  • 古着屋 …1巻第28話
  • 障子張る …2巻第29話
  • 冬至 …2巻第30話

  • 大東京ビンボー散策

  • 日常者の冒険 …2巻第32話
  • 炬燵 …2巻第33話
  • どんど焼き …2巻第34話
  • 父娘 …2巻第35話
  • 3人の男 …2巻第36話
  • 新雪 …2巻第37話
  • 風呂上がり …2巻第39話
  • 畳 …2巻第42話
  • 春眠 …2巻第43話
  • 懸垂 …2巻第44話
  • 春の音 …2巻第47話
  • コロッケ …2巻第49話
  • 遠乗り …2巻第50話
  • 百円玉 …2巻第58話
  • プール …2巻第59話
  • 蒸す日 …3巻第62話
  • タイヤキ …3巻第64話
  • 聖水のコーヒー …3巻第66話
  • 台風の夜 …3巻第67話
  • 1週間の修行 …3巻第68話
  • 洗濯板 …3巻第69話
  • かつ丼 …3巻第70話
  • 江戸っ子比べ …3巻第81話
  • 路上の部屋 …3巻第82話
  • 東京の雪 …3巻第83話
  • 遅くきた正月 …3巻第84話
  • 小さな楽隊 …3巻第85話
  • 甘えんぼのゴン …3巻第87話
  • 大めしぐらいのマサボー …3巻第89話
  • 酔いどれ軍団 …3巻第92話
  • 極道棋士コマさん …3巻第93話
  • 春の訪れ …3巻第95話
  • 桜の下で …4巻第97話
  • 大根と英語 …4巻第101話
  • 雨の日の訪問者 …4巻第103話
  • 蚊の出た夜 …4巻第108話
  • 夏の日の昼寝 …4巻第110話
  • うなぎ …4巻第111話
  • 名曲喫茶 …4巻第122話
  • 落ち葉と小春日和 …4巻第129話
  • ノイズの世界 …4巻第130話
  • 正月の訪問者 …5巻第134話
  • 200円の勝負 …5巻第136話

  • 2011 時は流れど …新作
  • 2011 ワンコインの楽しみ …新作
  • 2011 安らぎの部屋 …新作
  • 2011 古い隣人 …新作
  • 2011 海へのドライブ …新作

  • 作者インタビュー

巻末の「作者インタビュー」はこの本の一つの大きな売りだと思うが、インタビュアーに愛があるのかないのか今ひとつ分からず、突っ込みや聞き方も甘くて、やや欲求不満が残った。だがファンにとっては読むしかない記事だと言えよう。このマンガに映像化の話があった、というエピソードは初めて知った。個人的には今でも映像化される可能性はなくはないんじゃないかなと思っている。

ともあれファンの一人としては、これを機に、『大東京ビンボー生活マニュアル』の世界にふれてくれる読者が一人でも増えてくれることを期待するばかりである。

Kindle版が発売されました!(2013年)

Written by 森山和道

9月 12th, 2011 at 5:18 pm