森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

Archive for the ‘サイエンス・メール’ tag

[サイエンス・メール] 中村克樹 氏 インタビュー 目次

without comments

中村克樹(なかむら・かつき)@国立精神・神経センター神経研究所モデル動物開発部 部長

研究:非言語コミュニケーションの脳内機能メカニズム

ホームページ:
http://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r_model/index.html
http://www.mag2.com/m/0001454130.html

共著書・翻訳書など:
 『脳をパワーアップしたい大人のための脳のなんでも小事典』(技術評論社)
 『新・脳の探検 上』(フロイド・E・ブルーム/講談社ブルーバックス)

インタビュー内容理解のために参考になる書籍:
  『赤ちゃんがヒトになるとき ヒトとチンパンジーの比較発達心理学』(中村徳子/昭和堂)

中村克樹先生は、いわゆる「ノンバーバル・コミュニケーション」、つまり非言語的、言語を使わないコミュニケーションに関する研究を行ってらっしゃいます。特に、表情や身振り等に関わる、神経機構の研究です。最近は、自閉症の研究や、マーモセットをコミュニケーション研究のモデル動物として確立する研究にも力を注いでらっしゃいます。

また、ブルーバックスの『新・脳の探検』の翻訳者でもあります。内容には多少議論がある点も含まれているようですが、コンパクトかつ興味深い内容を多数含んでいるので、私は「脳の本で何か一つ」と言われたときにはいつもこれを挙げることにしています。(編集人)


研究者インタビューメールマガジン「サイエンス・メール」のご購読は「まぐまぐ」にて。
バックナンバーも月単位で購入できます。


  • 第1回 2006/01/26日 配信
  • [01: 言葉を使わないコミュニケーションの重要性]
    [02: 赤ん坊が言葉を獲得していく上での、非言語情報の影響]
    [03: 動作理解と単語理解 〜ヒトは動作を通じて機能を理解する?]

  • 第2回 2006/02/02日 配信
  • [04: 自閉症は自己と他者の区別、理解の障害か]
    [05: 「うなづき」は理解を促進する]
    [06: 美しいものは報酬系を賦活する?]
    [07: 模倣訓練する前とした後]

  • 第3回 2006/02/09日 配信
  • [08: 自閉症の訓練]
    [09: 「自他の区別」における脳の変化を捉える]
    [10: コミュニケーション研究のモデル動物としてのマーモセット]
    [11: コミュニケーション研究ならば複数頭で飼育した動物を使ったほうがいい]

  • 第4回 2006/02/16 配信
  • [12: 情動を評価する脳の部位は右下前頭葉皮質と右上側頭溝か]
    [13: 非言語コミュニケーション、動作理解とプロソディの関わり]
    [14: コミュニケーションにおける、前頭葉と側頭葉のシステム]

  • 第5回 2006/02/23 配信
  • [15: 言語課題でも判断が必要な場合は右脳が働く]
    [16: 日本の脳科学教育に欠けているもの]
    [17: 「研究者の世界」に感動して脳科学へ]

  • 第6回 2006/03/02 配信
  • [18: 扁桃核への電極刺しに明け暮れる日々から社会的な感情の研究へ]
    [19: 社会的な環境のなかでの一個の脳同士がやりとりする表情]
    [20: 変化を見せられる動画刺激と、静止画刺激の根本的な違い]

  • 第7回 2006/03/09 配信
  • [21: ノンバーバルとバーバルはオーバーラップしている]
    [22: 「遺伝子改変マーモセット」を研究スタンダードに]

  • 第8回 2006/03/16 配信
  • [23: 扁桃核の機能不全と自閉症の関連]
    [24: 人間はなぜ他人と一緒にいたがるのか]
    [25: 動作の理解、行動の理解]

  • 第9回 2006/03/23 配信
  • [26: 脳によるわずかなズレの処理は極端?]
    [27: 子どもを対象にした実験ならではの注意点]
    [28: 脳に関する実験にまつわるもろもろ]
    [29: 正常な老化した脳ではどんなことが起きているのか]

  • 第10回 2006/04/06 配信
  • [30: コミュニケーションでぼけ防止?]
    [31: ドリルだけではなく、励ましやコミュニケーションが重要]
    [32: コミュニケーション願望はコードされているのか]
    [33: 脳も、自分の子どもは特別だと思っている?]
    [34: 一冊の発達科学の本から見る一般科学書の難しさ]

  • 第11回 2006/04/13 配信
  • [36: うなずきや周囲の人間が作る場が知覚にもたらす影響の実体は何か]
    [37: 自他の区別と融合 〜二人から同時に脳の反応を計測すると何が見えるか]
    [38: 言語と思考のレパートリー]


研究者インタビューメールマガジン「サイエンス・メール」のご購読は「まぐまぐ」にて。
バックナンバーも月単位で購入できます。


Written by 森山和道

1月 7th, 2013 at 6:00 pm

Posted in 仕事

Tagged with

[サイエンス・メール] 堀川大樹 氏 インタビュー 目次

with one comment

【堀川大樹(ほりかわ・だいき)@パリ第5大学 博士研究員】

研究:クマムシの極限環境耐性に関する研究

ホームページ:
http://d.hatena.ne.jp/horikawad/
http://www.mag2.com/m/0001454130.html

参考になる書籍など:
『クマムシ?!』(岩波書店)
『クマムシを飼うには』(地人書館)

堀川大樹さんは若きクマムシの研究者。NASAでの宇宙生物学研究を経て、現在フランスで研究中です。最近はブロガーとしても有名で、「ナショナルジオグラフィック」などにもインタビューが掲載されています。
研究者としての活動のかたわら、研究対象であるヨコヅナクマムシを元にしたゆるキャラ「クマムシさん」( http://www.kumamushisan.net/ )を自ら描き起こして展開するといった多才な方でもあります。
今回のインタビューは堀川さんが日本にお帰りになったときにお話を伺ったものですが、実は最初にコンタクトを頂いたのは私ではなく、堀川さんのほうからでした。実は私のほうも堀川さんが帰国なさるということは知っていたので、ご連絡しようかどうしようか迷っていたところに、ちょうどメールを頂いたような次第でした。堀川さんが出しているメルマガ「むしマガ」に、本誌とは逆、堀川さんから私へのインタビューが掲載されているのはそういう次第です。
今回のお話は、研究内容だけではなく、研究を一般に伝えるということ、また「研究者」という職業人の、新たな生き方や収入源を模索したものになっています。(編集人)


研究者インタビューメールマガジン「サイエンス・メール」のご購読は「まぐまぐ」にて。
バックナンバーも月単位で購入できます。


  • 第1回 2012/07/26日 配信
  • [01: 放射線耐性生物は、なぜ放射線に強いのか ]
    [02: 酸化ストレス耐性の調べかた ]
    [03: ヨコヅナクマムシは、もともと酸化されにくいタンパク質でできている? ]

  • 第2回 2012/08/02日 配信
  • [04: 本当はフィールド系の研究をしたいと思っていた ]
    [05: 卒論テーマが決まっていなかった大学4年の夏 ]
    [06: ベンチャー企業のPV撮影でクマムシに出会い、「フィーリングがバシッと」 ]

  • 第3回 2012/08/09日 配信
  • [07: 何をやるか分からなくても「とにかくクマムシだ」 ]
    [08: 自転車でクマムシを探し、「いろは」を学ぶ日々 ]
    [09: 「ツメボソヤマクマムシ」発見 ]

  • 第4回 2012/08/16日 配信
  • [10: クマムシの分類の基本は「咽頭」の幅と縦の比 ]
    [11: インドネシアのクマムシにも凍結耐性がある、ということは ]
    [12: ネムリユスリカの研究室に居候 ]

  • 第5回 2012/08/23日 配信
  • [13 : 当初は慶応の鈴木先生のオニクマムシ飼育系を使おうと思っていた ]
    [14: 愛と職人芸と執念でオニクマムシの飼育に専念するが…… ]
    [15: 吐血して寝込み、「溶けた巨大なオニクマムシが天井から降る」夢を見る ]
    [16: クマムシも高放射線を浴びると寿命の短縮と不妊化が起こる ]

  • 第6回 2012/09/06日 配信
  • [17: オニクマムシの放射線耐性 ]
    [18: オニクマムシとは別れたものの…… ]
    [19: ヨコヅナクマムシが藻類で増えることを発見し「鳥肌が立つ」 ]
    [20: 極限環境動物のモデル動物を目指す ]

  • 第7回 2012/09/13日 配信
  • [21: ヨコヅナクマムシが生む卵は一生で8個 ]
    [22: 「YOKOZUNA-1」誕生 ]
    [23: 日本国内ではポスドク余り、そこでクマムシでNASAに ]
    [24: 「素人発想」で宇宙生物学とクマムシを結びつける ]

  • 第8回 2012/09/20日 配信
  • [25: 新参者として参加した宇宙生物科学学会で認められた ]
    [26: 国内全滅で「研究者をやめよう」と思ったところからNASAへ ]
    [27: クマムシの火星シミュレーションチャンバーでの生存実験 ]

  • 第9回 2012/09/27日 配信
  • [28: クロレラ工業のクロレラでないと増えなかった ]
    [29: 紫外線の作用とガンマ線の作用は違う ]
    [30: エピジェネティックな影響は ]
    [31: 耐性のポイントは細胞膜の構造? ]

  • 第10回 2012/10/04日 配信
  • [32: 抗酸化の役割は様々な分子が担っている可能性が高い ]
    [33: 直接的に死に繋がるのはDNAよりむしろ膜? ]
    [34: 王道以外の研究者の道、「フリーサイエンティスト」の模索 ]

  • 第11回 2012/10/11日 配信
  • [35: クマムシでは研究費は取れない ]
    [36: 餌のクロレラはフェデックスでアイスパックと同梱配送 ]
    [37: クマムシの魅力は「かっこいいし、かわいい」ところ ]
    [38: クマムシが周囲が乾燥しはじめることを知るのは酸素濃度かも ]

  • 第12回 2012/10/18日 配信
  • [39: あと2年の間にクマムシの抗酸化作用の秘密を探る ]
    [40: クマムシ細胞の膜は乾燥時には綺麗に折り畳まれているかも ]
    [41: 一瞬で起こる凍結から細胞を守る仕組みは物理的な「何か」か ]

  • 第13回 2012/10/25日 配信
  • [42: 研究者も自前「人件費」さえ確保できればずっと研究できる? ]
    [43: フランスの研究をめぐる状況は日本よりも厳しい ]
    [44: 新しい研究者のロールモデルを作りたい ]
    [45: クマムシの知名度は日本で圧倒的に高い ]
    [46: サイエンスの面白さは国に依存しない ]


研究者インタビューメールマガジン「サイエンス・メール」のご購読は「まぐまぐ」にて。
バックナンバーも月単位で購入できます。


Written by 森山和道

1月 4th, 2013 at 5:22 pm

[サイエンス・メール] 横山将志 氏 インタビュー 目次

without comments

【横山将志(よこやま・まさし)@東京大学 理学系研究科 物理学専攻 准教授】

研究:高エネルギー加速器を利用した素粒子物理の実験的研究、ニュートリノ振動

ホームページ:
http://hep.phys.s.u-tokyo.ac.jp/~masashi/

私は愛媛県宇和島市の出身です。母校は宇和島東高校。以前は高校野球でそこそこ知られたこともある高校です。さて、その高校時代の同級生に横山という人間がいます。彼は今ある新聞社に勤めているのですが、先日、数年ぶりに会って新宿でメシを食いました。そのときに「そういえば弟さんいたよね。何してるの?」と訊ねたところ、「東大でニュートリノの実験をしてる」とのこと。「へー、今度話を聞かせてほしいなあ」と言ってその場では別れました。

その翌日、たまたま、今度はそのご当人からTwitterで「もしかして兄を御存知ではないですか」といったメンションを頂きました。これはもう「縁」です。早速、お話を聞かせて頂くしかないとお願いしました。

横山先生はいま神岡で作ったたニュートリノビームをスーパーカミオカンデに打ち込む「T2K」実験に携わっておられます。「実験屋」の方から見たニュートリノ研究、素粒子研究の見方の話をお楽しみください。

インタビューの段取りを済ませたあと、ニュートリノ業界では、皆様も御存知のとおり、例の「超光速ニュートリノ??」の話題がおきて、一般人の間でもおおいに話題になりました。この話、もともとは「ニュートリノ振動」という、ニュートリノが飛んでいるうちに別の種類に変わるという現象の研究をしているところから出て来たものです。横山先生の研究対象もまさにそこ。お話では当然のことながら、この辺の話も伺っております。(編集人)


研究者インタビューメールマガジン「サイエンス・メール」のご購読は「まぐまぐ」にて。
バックナンバーも月単位で購入できます。


  • 第1回 2012/03/01日 配信
  • [01: どこかで聞き覚えのある言葉「ニュートリノ」 ]
    [02: 物質の根源に興味があった 1990年頃から基本枠組みは変わっていない ]
    [03: 素粒子の加速器実験には自分たちの手で「何とかできる」感覚がある ]
    [04: 次のノーベル物理学賞は「ニュートリノ振動」? ]

  • 第2回 2012/03/08日 配信
  • [05: ニュートリノの種類が変わる「ニュートリノ振動」とは? ]
    [06: 質量の軸とフレーバーの軸 ]
    [07: 「クォーク」と「レプトン」、標準理論 ]

  • 第3回 2012/03/15日 配信
  • [08: ニュートリノは「何かやってくれそうな感じがする」粒子 ]
    [09: 「ニュートリノ振動」の理論と計測の歴史 ]
    [10: 「ニュートリノ振動」について、もう一度まとめ ]

  • 第4回 2012/03/22日 配信
  • [11: 300km先での量子力学的な干渉を観測している ]
    [12: 物質と反物質とで、ニュートリノ振動の違いはあるか ]

  • 第5回 2012/04/05日 配信
  • [13: 宇宙の物質と反物質を説明する仮説「レプトジェネシス」 ]
    [14: ニュートリノは「マヨラナ粒子」か ]

  • 第6回 2012/04/12日 配信
  • [15: ニュートリノの種類は3種類だけではないかもしれない ]
    [16: 重たい右巻きニュートリノ ]
    [17: 加速器の限界 ]

  • 第7回 2012/04/19日 配信
  • [18: GeV(ギガエレクトロンボルト)という単位 質量=エネルギーということ ]
    [19: 地元の人と地球の裏側で出会う ]
    [20: T2K実験とは「ニュートリノ振動を精密に観測する素粒子実験」 ]

  • 第8回 2012/04/26日 配信
  • [21: ミューニュートリノのビームが他のニュートリノに変わる ]
    [22: 「K2K」から「T2K」になったとき変わったこと ]
    [23: 実験開始後、東日本大震災が発生 ]
    [24: 素粒子実験は「自分らでやる感」が大きい分野 ]

  • 第9回 2012/05/10日 配信
  • [25: フェルミ研でのニュートリノ反応測定実験「SciBooNE」 ]
    [26: 完全自作の検出器で「物理を見る」 ]

  • 第10回 2012/05/17日 配信
  • [27: 自分で手を動かす実験と、大人数で行う実験 ]
    [28: 検出器について各自はどこまで掘り下げて理解しているのか ]

  • 第11回 2012/05/24日 配信
  • [29: OPERAでの「超光速ニュートリノ」事件 ]
    [30: ナノ秒単位の誤差を詰めていく作業 ]
    [31: 「ニュートリノ」という粒子の知名度の高さ ]

  • 第12回 2012/05/31日 配信
  • [32: ニュートリノの名前と質量が対応してないため、意味が分からない話になる ]
    [33: クォークとレプトンの違い、そして関係 ]
    [34: 理論による仮定のない予測は今はない ]

  • 第13回 2012/06/14日 配信
  • [35: なぜ陽子崩壊はスーパーカミオカンデで見えないのか ]
    [36: 「理論を殺す」実験をしたい ]
    [37: ハイパーカミオカンデはできるのか ]

  • 第14回 2012/06/21日 配信
  • [38: 日本に研究施設が欲しい理由 ]
    [39: 日本の素粒子物理は世界トップ ]
    [40: 素粒子物理の世界も景気は悪い ]
    [41: 超新星爆発のときのニュートリノがもたらす情報量は膨大 ]

  • 第15回 2012/06/28日 配信
  • [42: ニュートリノを使った原子炉のモニター ]
    [43: ニュートリノ・トモグラフィー ]
    [44: 地球内部を観測する「ジオニュートリノ」 ]

  • 第16回 2012/07/05日 配信
  • [45: 「何の役に立つの」 ]
    [46: バックグラウンド・ニュートリノと「ロマン」 ]
    [47: 素粒子物理は理論屋が考えて実験屋が確認している世界ではない ]
    [48: 「魅力的な謎である」ということを伝えたい ]
    [49: 標準理論を超える理論を垣間見るための「取っ掛かり」を探す ]

  • 第17回 2012/07/12日 配信
  • [50: ヒッグス発見直前 期待どおりでは面白くない ]
    [51: 標準理論の外に知らない素粒子の顔が広がっているに違いない ]
    [51: 理論と実験、どちらが「実感」できるか ]

  • 第18回 2012/07/19日 配信
  • [52: 9割の運、1割の実力 ]
    [53: 理学研究は本来個人的なもの ]
    [54: もし宇宙を作る実験ができるなら ]
    [55: 自分で条件をコントロールできる実験が好き ]
    [56: 「SCIaS」立花隆の連載最終回に登場 ]


研究者インタビューメールマガジン「サイエンス・メール」のご購読は「まぐまぐ」にて。
バックナンバーも月単位で購入できます。


Written by 森山和道

1月 4th, 2013 at 11:30 am

[サイエンス・メール] 伊東真知子 氏 インタビュー 目次

with one comment

【伊東真知子(いとう・まちこ)@独立行政法人 理化学研究所 植物科学研究センター 科学コミュニケーター】

研究:科学コミュニケーション

ホームページ:
http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/labs/biosoc/05member/labmembers/oldmembers/itoh.html

理研植物科学研究センターの井藤賀先生をご紹介頂いた同センターの科学コミュニケーター、伊東真知子さんのお話をお届けします。
最近耳にするようになった「科学コミュニケーター」という職業の方がどんな仕事を日常的にやっていらっしゃるのか、私も興味がありましたので、メールにてお話を頂戴したものです。本誌と同じく、いくつかに分けて配信致します。
本誌と合わせて、お楽しみ下されば幸いです。(編集人)


研究者インタビューメールマガジン「サイエンス・メール」のご購読は「まぐまぐ」にて。
バックナンバーも月単位で購入できます。


  • 第1回 2009/01/22日 配信
  • [01: 研究所に所属する「科学コミュニケーター」の仕事]

  • 第2回 2009/02/05日 配信
  • [02: 研究から科学コミュニケーションの道に進んだ経緯]

  • 第3回 2009/02/12日 配信
  • [03: サイエンス・コミュニケーターへの就職活動]

  • 第4回 2009/02/19日 配信
  • [04: 働き、出産する女性のワークライフバランス]

  • 第5回 2009/02/26日 配信
  • [05: 今後の抱負]


研究者インタビューメールマガジン「サイエンス・メール」のご購読は「まぐまぐ」にて。
バックナンバーも月単位で購入できます。


Written by 森山和道

8月 31st, 2011 at 11:57 am

Posted in 仕事

Tagged with

[サイエンス・メール] 井藤賀操 氏 インタビュー 目次

with one comment

【井藤賀 操(いとうが・みさお)@独立行政法人 理化学研究所 植物科学研究センター 生産機能研究グループ 生産制御研究チーム 研究員】

研究:コケ植物の多様性資源を利用した重金属・レアメタル・貴金属回収技術、ヒョウタンゴケの原糸体細胞の大量生産技術と鉛回収技術、苔類の集団内および集団間の遺伝的変異と種分化

ホームページ:
 生産機能研究グループ 生産制御研究チーム
 http://labs.psc.riken.jp/brt/Japanese/Publications_j.html
 
参考になるウェブサイト・書籍など

日本の野生植物―コケ日本発! 世界を変えるエコ技術コケ (フィールド図鑑)

○コケはあらゆるところに生えています。でも、その実状についてはあまり知らない人が多いと思います。たとえばコケは、じめじめした場所を好むと思っているかもしれません。ですが実際には、コケは、適度に乾燥している場所のほうを好む、つまり乾燥耐性を一般に持った植物なのだそうです。また、コケは役に立つとか。常にコケ採集グッズを持ち歩き、コケの有用性の宣伝マンを自任する井藤賀 操先生にお話をお伺いしました。井藤賀先生は、町の風景を見るとコケのホットスポットが浮かび上がったように見えるそうです。(編集人)


研究者インタビューメールマガジン「サイエンス・メール」のご購読は「まぐまぐ」にて。
バックナンバーも月単位で購入できます。


  • 第1回 2009/01/22 日 配信
  • [01: コケを使った水質浄化]
    [02: 「灰を好むコケ」から産廃焼却灰からの有害物質溶出リスク軽減研究へ]
    [03: 溶出液中の鉛や重金属を蓄積するコケ]

  • 第2回 2009/02/05 日 配信
  • [04: 外界の環境次第で異なる金属を吸収する]
    [05: コケはなぜ重金属を蓄積するのか]
    [06: 貴金属を吸収するコケは?]

  • 第3回 2009/02/12 日 配信
  • [07: 「コケの表情」を見る]
    [08: 緑の溶液が廃液を綺麗に]
    [09: 理研で行う植物研究のメリット]

  • 第4回 2009/02/19 日 配信
  • [10: コケの種のなかの多様性]
    [11: いったんは壁面緑化の会社に就職]
    [12: モデルコケ植物、ヒメツリガネゴケ]
    [13: きっかけは「ホンモンジゴケ」の銅耐性メカニズムの解明]

  • 第5回 2009/02/26 日 配信
  • [14: 銅過剰環境に適応するイワマセンボンゴケ]
    [15: コケのの培養系がなかなかない ]
    [16: コケのサプリメント食物化の可能性]
    [17: 盆栽趣味は小学生時代から]

  • 第6回 2009/03/05 日 配信
  • [18: コケは重金属過剰な環境にさらされてきた生物?]
    [19: コケは海水以外の全領域に適応している]
    [20: なぜ海水へ戻れなかったのか]

  • 第7回 2009/03/12 日 配信
  • [21: 「コケ屋」はみんな知っている虫]
    [22: コケから接着剤が生まれる?]
    [23: 日本には世界の1/10の種類のコケがいる]

  • 第8回 2009/03/19 日 配信
  • [24: 昼間はカラッとしてしまう環境が必要]
    [25: コケが乾燥に耐えるメカニズム]
    [26: 「コケでスパゲティを作ってみたい」]
    [27: さじとカプセルの所持はコケ屋の鉄則]

  • 第9回 2009/03/26 日 配信
  • [28: 『タモリ倶楽部』のコケの話]
    [29: コケの共生関係]
    [30: コケの生理活性物質の医療分野への応用も視野に]
    [31: コケとアレロパシー]

  • 第10回 2009/04/02 日 配信
  • [32: 単純なプロジェクト目標達成だけでは駄目]
    [33: 「自由な気持ちで」行くフィールドでの出会い]
    [34: コケを探す=環境を探す]

  • 第11回 2009/04/09 日 配信
  • [35: 最終処分場はいわば未踏の外国]
    [36: コケのメタボローム研究]
    [37: ケヤキの盆栽]

  • 第12回 2009/04/16 日 配信
  • [38: コケとリターによるアレロパシー]
    [39: コケは一般の人もとっつきやすい]
    [40: 盆栽少年から「コケの営業マン」へ]


研究者インタビューメールマガジン「サイエンス・メール」のご購読は「まぐまぐ」にて。
バックナンバーも月単位で購入できます。


Written by 森山和道

8月 30th, 2011 at 11:09 am

Posted in 仕事

Tagged with