森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

書評 『イマココ 渡り鳥からグーグル・アースまで、空間認知の科学』

with one comment

日本経済新聞 2010年5月30日 掲載

イマココ 渡り鳥からグーグル・アースまで、空間認知の科学
(コリン・エラード 著 渡会圭子 訳 早川書房 1900円(税別) ISBN : 978-4-15-209126-0)

イマココ――渡り鳥からグーグル・アースまで、空間認知の科学

 動物は自分がいる場所を把握し、目的地まで移動する経路を探索する能力を持つ。人間は地図を作り、地球全体で測位を行い、航空機や船舶をナビゲーションできる。

 だが、ウミガメや渡り鳥が何千キロも移動して目的地まで到着するのに比べて、人間の空間把握能力は貧弱だ。自分たちが作った街中や建物内で、すぐに迷ってしまうくらいである。なぜだろうか。

 本書によればその理由は、空間を単純化して理解するからだ。人間は「何と何が繋がっているか」は正確に把握できるものの、対象と対象の距離を無視しがちであり、「どこでどう繋がっているか」の理解は曖昧なのだ。

 つまり周囲の空間をじゅうぶん把握していると思っていても、その理解は頭のなかで既に歪んでいるのだ。おまけに人間は「わかった」と思うと、物理的な実体を見なくなってしまう。かくして、思い込みのまま移動していると迷ってしまうというわけだ。

 二部構成の本書前半は、アリや伝書バト、イヌイットやアボリジニ、ポリネシアの航海術の話題から、水平や垂直を好み、見たものを頭のなかにある概念的枠組みで構築しなおす人間の空間認知のクセが解説される。人間は空間を感じるのではなく、組み立てなおしているのだという。

 いっぽう人間は、周囲の空間から影響を受ける。部屋のなかでも落ち着く場所、つい足を向けてしまう街がある。人は人に引き寄せられ、見晴らしの良い場所を好む。だが、あまりに広々とした空間は落ち着かない。

 このような人間の性質を逆に利用すれば、街のにぎわいを作り出すことも可能だ。本書後半では空間設計が人に与える影響が解説されている。人は空間を変えるが、同時に、空間からも働きかけられているのだ。最後はサイバースペースと呼ばれるネット内に人が作り出した「空間」の話題などが紹介される。

 人の空間理解は歪んでいるが、人は空間と精神的に繋がってもいる。本書で紹介される知識で世界がより良い場所になればいいのだが、都市計画の試行錯誤ぶりは、話がそう簡単ではないことを教えてくれている。

イマココ――渡り鳥からグーグル・アースまで、空間認知の科学
コリン・エラード Colin Ellard
早川書房
売り上げランキング: 145131

RSSフィード
http://moriyama.com/feed

 iTunes Store(Japan)

No related posts.

Written by 森山和道

1月 13th, 2011 at 5:03 pm