森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

携帯電話GPSから見た「東日本大震災」発生時、東京の人の流れ(動画)

with 15 comments

人の流れプロジェクト」において、「東京大学空間情報科学研究セン­ターと共同研究を行っている(株)ゼンリンデータコムの「混雑統計(R)」データを用いて」、「携帯電話のGPSデータをもとに、2011年3月11日の東日本大震災時の人の流動を再現した」というこの動画は必見です。

地震前には活発に動き回っている人たち。
その人の流れが、地震発生時点、ピタっと止まります。
まるで東京全体が電気ショックを受けたようです。

その後、再び動き始めるのですが、その動きは非常にスロー。
交通機関が止まったからです。

23時を超えたあたりになって交通機関の復旧と共に、人の流れが徐々に高速に戻って行きます。
人の動きが見事に視覚化されています。

GISと地理空間情報―ArcGIS10とダウンロードデータの活用
古今書院
売り上げランキング: 129,765
しなやかな社会への試練―東日本大震災を乗り越える
京大・NTTリジリエンス共同研究グループ
日経BPコンサルティング
売り上げランキング: 51,841
東日本大震災の科学
東日本大震災の科学
posted with amazlet at 13.01.11
東京大学出版会
売り上げランキング: 132,355

RSSフィード
http://moriyama.com/feed

 iTunes Store(Japan)

Related posts:

  1. 2011.04.01 震災の呼称は「東日本大震災」/メガフロート/無人機協会、CBIRF

Written by 森山和道

1月 10th, 2013 at 10:49 am

Posted in 未分類

Tagged with ,