森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

平成24年度「富士総合火力演習」に行ってきました4(装備品展示篇)

with 3 comments

平成24年度「富士総合火力演習」に行ってきました 3「演習篇」」の続きです。

演習終了後

間もなく装備品展示

間もなく装備品展示

演習が終わると、いったん全装備が退場します。戦車が退場するのに合わせて会場に残っている人たちが手を振っていました。

演習終了に合わせて一斉に帰ろうとする観客も多く、客席は一気にガラガラになります。ですが、急ぎでなければ、装備品を見るべきです。

理由は二つ。一つ目は装備品自体が滅多に間近で見られないものだから。
もう一つは、すぐに帰ろうとしても帰れないからです。

タクシーやシャトルバスは既に大行列。この時点で並んでも1時間どころか2時間待ちになることもありますし、さらに、バスに乗り込んだあとも道は渋滞で、(行きは20分程度だったのに)一時間以上かかることもあります。ちなみに、シャトルバスにはトイレはありません。

いっぽう会場では、音楽隊が演奏を行っています。この演奏、演習が始まる前にもやっているのですが、残念ながら一般人が座ることができるEスタンドからは姿すら見えません。音はスピーカーからしか聞こえませんので、ナマ演奏の雰囲気はゼロです。せめて行進しながら演奏するとか、そういうわけにはいかないんですかね。

演習終了後はどちらかというとポップスなどを演奏していました。「YMCA」に合わせて踊りまくっていた親娘がいました。娘さんはともかくお母さんのほうもタフだなあ、などと思いながら、まったりした時間を過ごします。スタンド席ももう全部空いてますので、どこでも好きなところで時間を過ごすといいでしょう。

とはいっても日射しは真上です。この日、富士山から湧き出た雲は徐々に広がっていたのですが、一向に太陽そのものを隠してくれず、ギラギラと焼きまくってくれました。日射しさえ遮ってくれれば、温度と湿度は東京よりも低いので、高原の風を楽しむことができたのですが、なかなかそうはいきませんでした。スタンド裏で日陰を見つけてそこで待ってもいいかもしれません。

ふたたび装備が演習場に

さて、そうこうして時間をつぶしていると、装備品として展示されるヘリが戻ってきました。バリバリと観客シート席の前に着陸です。人の数も減ってますので、撮影には絶好のタイミングでしょう。戦車や自走砲なども戻ってきます。

装備品展示は先ほどまで走り回っていた観客席の真正面で行われるわけですが、全部のロープが外されるわけではありません。このときは、Cスタンドのロープが外されて、そこからの入場となりました。みんな一斉に車両やヘリに群がります。

装備品展示開始

装備品展示開始

装備品展示

「10式戦車」など新しい装備の周囲にはロープが張られていましたが、それ以外はべたべた触り放題です。

各装備の横にはパネル、隣には一人ずつ自衛官の人が立っています。記念撮影のモデルを演じたり、質問に答えたり、危険な箇所(何しろついさっきまで動いていたものなので熱くなっているところなどがあるのです)に客が不用意に触らないように注意したりと、いろいろ大変そうです。ですが質問すると皆さんにこやかに答えてくれました。また、マニアックな人が勝手にいろいろ解説したりもしています。

取りあえず写真でいろいろと。雰囲気だけ感じてください。

装備品展示1

装備品展示2

装備品展示3

装備品展示4

装備品展示5

装備品展示6

装備品展示7

装備品展示8

装備品展示9

装備品展示10

装備品展示11

装備品展示12

装備品展示13

装備品展示14

装備品展示15

装備品展示16

装備品展示17

装備品展示18

装備品展示19

装備品展示20

装備品展示21

装備品展示22

装備品展示23

装備品展示24

装備品展示25

「90式戦車」を見ていると、「あと10分で終わりです」と声をかけられました。「え、あと10分?」 私は事前にウェブでググったサイトにあった情報を見て、3時までだと思っていたのですね。ところが実は2時で終わりでした。あわててヘリコプターなども見に行きました。

名残を惜しみつつ退場

名残を惜しみつつ退場


そして退場。

再び装備が去って行きます。まず戦車など陸上部隊、そのあとにヘリです。

ヘリによるもうもうとした土ぼこり

ヘリによるもうもうとした土ぼこり

ヘリはもうもうと土ぼこりを立てて飛んで行きました。練馬や朝霞の駐屯地まで帰るなら載せてってくれーと思ったことは言うまでもありません。

さて、こうして演習観覧は終了。いよいよ帰りです。ですが、行きはよいよい帰りは怖い、なのです。あっさりバスの列に並ぶ必要はありません。まだまだ行列は長く伸びています。しばらく時間をつぶしましょう。

帰路篇」に続きます。

「平成24年度「富士総合火力演習」に行ってきました・まとめ」に戻る

RSSフィード
http://moriyama.com/feed

 iTunes Store(Japan)

Related posts:

  1. 平成24年度「富士総合火力演習」に行ってきました3(演習篇)
  2. 平成24年度「富士総合火力演習」に行ってきました2(当日朝、会場での席取りまで篇)
  3. 平成24年度「富士総合火力演習」に行ってきました1(準備篇)
  4. 富士総合火力演習・観覧抽選に当たる/ホンダ「リズム歩行アシスト」について/インド停電で3億人に影響/コロッセオが傾く
  5. 富士総合火力演習/ニール・アームストロング氏亡くなる

Written by 森山和道

8月 29th, 2012 at 8:52 pm

Posted in レビュー

Tagged with