森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

理研横浜研究所 参加型サイエンス・トーク「見出す」物語のお知らせ

without comments

見出す物語リーフレット

2012年 3月10日(土)13:00〜16:00

参加費 無料

■会場 理化学研究所 横浜研究所 交流棟ホール
■定員 40名(事前申込制)
■主催 理化学研究所

■申し込み・詳細はこちらから

http://www.yokohama.riken.jp/event/20120310/

■理研 横浜研究所へのアクセス

http://www.yokohama.riken.jp/outline/access/

■プログラム
13:00-13:05 趣旨説明
13:05-13:25 解くべき問題を見出す 入江直樹[理研CDB 研究員]
13:25-13:50 生物の「形」を変えるゲノムの変化を見出す 花田耕介[理研PSC 研究員]
14:00-14:20 自分の研究を社会に活かす道を見出す 臼井健悟[理研OSC ユニットリーダー]
14:20-14:40 問い続けることの面白さを見出す 森山和道[サイエンスライター]
14:40-15:40 ワークショップ
15:40-16:00 まとめ、閉会

■概要

複雑な世界や状況からなにかを見出す。
そのような職業はいろいろありますが、研究もそのひとつです。
生物や実験データや数式を毎日見つめている3人の若手科学者が、
目の前に見えている景色や目指す方向を語ります。
そして研究者インタビューを得意とするサイエンスライターが、
研究者の営みになにを見ているかを語ります。
後半はワークショップの形式で、全員で大きな紙を囲み、
質問や感想を書きこんだ付箋を貼りながらのディスカッションです。
なにかを「見出す」3時間。ぜひご参加ください。

以上のイベントに、私こと森山和道も登壇します。
オーガナイザーは以前、「サイエンス・メール」でもインタビューを配信した、
理研のサイエンス・コミュニケーターの伊東真知子さんです。

当日どんなかたちになるのか分かりませんが、後半はワークショップで、
参加者の皆さん全員とディスカッションをするのだそうです。
私も一参加者として楽しみにしております。

理研の横浜研究所はアクセスはやや不便ですが、
40席の無料イベントですので、申し込みはお早めに。
よろしくお願いします。

RSSフィード
http://moriyama.com/feed

 iTunes Store(Japan)

No related posts.

Written by 森山和道

2月 22nd, 2012 at 4:39 pm

Posted in 仕事