森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

書評『脳科学の真実』『新しい霊長類学』『雑食動物のジレンマ』『認知哲学』

without comments

日経サイエンス2010年1月号 書評欄 「森山和道の読書日記」掲載

 脳画像を使って心の働きを探る研究者が「脳科学ブーム」を検証した本が脳科学の真実だ。脳科学風の言葉を使って従来のハウツーに有り難みを持たせるマスコミ的脳科学を批判する、ただそれだけの本ではない。著者の批判的視線は、受け手側の一般人や「脳ブーム」に乗っかる脳研究業界だけでなく、研究という営みの本質的な部分にも向けられている。ここが面白い。

 研究費を取り巻く問題や研究発表のあり方など、本書で取り上げられている問題点のなかには、当事者である研究者たち自身は実際にはあまり自覚的でない部分も少なくない。著者は「脳科学風造語」と脳研究で使われる造語の区別は実はそれほど簡単ではないし、両者の距離はそう遠くないと指摘する。色々と考えさせられるし、著者の筆致も好感が持てる。多くの人に読んでもらいたい一冊である。

脳科学の真実--脳研究者は何を考えているか (河出ブックス)
坂井 克之
河出書房新社
売り上げランキング: 144032

 人間と人間以外の動物の知性の一番の違いは「想像する」能力だ、と新しい霊長類学で松沢哲郎氏は述べている。900個体以上のサルやチンパンジーを飼育、研究している京都大学霊長類研究所の研究者たちが100の質問に答えた本である。進化・形態、生活と社会、人sとのかかわり、認知・思考能力、生理と病気、遺伝とゲノムと広い話題が扱われている。どこからでも読めるので一晩にいくつかずつ読んでいくといいかもしれない。問いも色々だが答えの深さも多様だ。それは分かっていることのレベルが違うからだが、答えの書き方から執筆者(回答者)それぞれの個性も垣間見えて、それもまた面白い。

新しい霊長類学 (ブルーバックス)
京都大学霊長類研究所
講談社
売り上げランキング: 91132

 キノコの選び方は分からないそうだが、サルは基本的に自分の味覚に従って食物を選んで食べているという。では人間はどうか。雑食性で何でも食べる、そう自らを位置づけているものの、驚くなかれ、今の人間はトウモロコシばかり食べているのだと雑食動物のジレンマは指摘する。食や農業をテーマにしているジャーナリストが現代社会における食物連鎖を辿り直して、食、そして人と自然環境の関わりを考えた本だ。著者は自ら銃を持ち、狩猟やキノコ狩りをする。農場で働き仕組みを目の当たりにする。そして家畜飼料だけでなく、驚くほど多くの加工食品原料となっているトウモロコシ畑の姿を探り、それが原材料の多くを占めるハンバーガーを車の中で食べる。人間は今や究極の「工業食動物」なのだ。ちなみに米国では食事の19%が車中で食べられているという。

 もったいぶった書き方は少々気になるし、考え方の違いに乗り切れないところもある。だが食の問題はやはり目を背けてはいけないと思う。ただ問題に目を向けたからといって、すぐに現実の生活を変えられるわけもない。多くの人がそのジレンマに直面し食卓でしばし何かしら考えること、それがおそらく著者の意図なのだろう。

雑食動物のジレンマ 上──ある4つの食事の自然史
マイケル・ポーラン
東洋経済新報社
売り上げランキング: 117248
雑食動物のジレンマ 下──ある4つの食事の自然史
マイケル・ポーラン
東洋経済新報社
売り上げランキング: 121340

 考える。でもそれはどんな現象なのだろうか。認知哲学は、心と脳の問題について「科学の哲学」の視点から考察した本だ。こういうと、ああまたいつもの本かとこの本も思われるかもしれないが、この本もまた、ありがちな本とはちょっと違う。「意識とはどんな働きなのか」という問題について、基本概念がどのように構成されているのかということから考察を深めている。脳がしていることは情報処理だと考えている人は少なくないと思うが、その見方自体が思い込みだという。後は本書をお読み頂きたい。読後、必ず発見があると思う。

認知哲学―心と脳のエピステモロジー (ワードマップ)
山口 裕之
新曜社
売り上げランキング: 388774

(もりやま・かずみち:サイエンス・ライター)

RSSフィード
http://moriyama.com/feed

 iTunes Store(Japan)

Related posts:

  1. 書評 『性器の進化論』『人はなぜSEXをするのか?』『コンドームの歴史』『人間らしさとはなにか?』
  2. 科学書総括2009(2008.11〜2009.10)
  3. 書評 『捕食者なき世界』『脳のなかの万華鏡』『偶然とは何か』『ベッドルームで群論を』
  4. 書評 『生活家電入門』『数覚とは何か?』『音楽嗜好症』『飢えたピラニアと泳いでみた』
  5. 書評 『不運の方程式』『超高層ビルのしくみ』『数字で世界を操る巨人たち』『質量はどのように生まれるのか』

Written by 森山和道

8月 17th, 2011 at 12:00 pm