森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

書評『小林・益川理論の証明 陰の主役Bファクトリーの腕力』

without comments

「SFマガジン」2009年3月号 掲載

小林・益川理論の証明
(立花隆(たちばな・たかし) 著 朝日新聞出版 1900円(税別) ISBN : 978-4-02-250523-1)

立花隆 小林・益川理論の証明 陰の主役Bファクトリーの腕力

小林・益川理論の証明は、立花隆が2000年頃に「サイアス」という科学雑誌で連載していた記事をまとめ、前に解説、後ろに座談会記録を付した本である。

 まずは小林誠、益川敏英両氏のノーベル賞受賞報道に対する「程度が低い」という怒りから始まる前書きでは、本の成立経緯と、CP対称性の破れを記述した小林・益川理論の意義が大ざっぱに、だがかなり長めに解説されている。

 第2部は連載記事を再録した部分だが、この連載は「サイアス」休刊に伴って中途半端な形で終わった。しかも最後2回の内容のうちかなりの部分は休刊に対する怒りで占められている。第3部の座談会では高エネ研の理論系・実験系の先生たちが、両氏のノーベル賞受賞が決まったときの喜びやその後の展開、さらなる期待を語っている。

 本としての作りは急ごしらえで、索引すらない。だが、確かにこれだけの紙幅を割いて標準理論や小林・益川理論の意義や歴史的経緯、そしてそれの検証に使われている「現代の極限技術が生んだ最大最高の機械」である加速器・検出器がどれだけ凄いものなのかを一般向けに解説した本は他にない。「サイアス」休刊騒動も既に8年以上前の話であり何とも懐かしい。立花節も楽しめる。

 連載当時、最先端技術と科学が共に手を携えて猛進する様を楽しませてもらっていた読者の一人として残念だった事は、彼が連載はどこかで続けると何度も述べていたにも関わらず、結局、どこでも続かなかったことである。彼くらいのネームバリューがある書き手ならばネットで自前連載する手もあったと思うのだが、実に残念である。

立花隆 小林・益川理論の証明 陰の主役Bファクトリーの腕力
立花 隆
朝日新聞出版
売り上げランキング: 154838

RSSフィード
http://moriyama.com/feed

 iTunes Store(Japan)

Related posts:

  1. 書評 『脳の情報を読み解く BMIが開く未来』
  2. 書評 『狙われるマンション』
  3. 書評『会社のデスノート』

Written by 森山和道

8月 15th, 2011 at 12:33 pm

Posted in レビュー,仕事

Tagged with ,