森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

書評『100年予測 世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図』

without comments

週刊SPA! 2009年掲載

100年予測 世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
(ジョージ・フリードマン著 櫻井祐子 訳 早川書房)

100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図

21世紀半ば、日本はトルコと同盟を組み、アメリカと戦争することになる。主戦場は宇宙空間である。全海洋の覇権を握るアメリカは21世紀も世界最強の大国であり続ける。中国やロシアは2020年代に崩壊、分裂する−−。

100年予測は地政学の観点から21世紀の100年間の動向を予測した本である。

対テロ戦争、景気低迷など昨今の状況から考えるとにわかには信じがたいが、今世紀こそがアメリカの時代となるのだという。そして、日本は太平洋に面した諸国に経済的に乗り出さざるを得なくなり、その結果、アメリカと利害の不一致が発生し始め、やがて煙たがられる存在となるのだと予測している。

さらに宇宙はロボット技術を使った衛星兵器や発電衛星が活躍する非常に重要な場所となるという。まるでSFの世界だが、未来を予測するためには常識を疑わなければならないと著者はいう。

著者の予測の根源には、地理的条件の持つ力は、長期的には圧倒的だという考え方がある。アメリカが強い国となったのも、アメリカが素晴らしい国だからではない。大西洋と太平洋に面する北米大陸にあったからだ。そして今後も他の勢力を混乱させることでアメリカに挑戦するだけの力をつけさせないように動くという。

著者の予測が正しいかどうかは分からない。だが非常にエキサイティングな世界の見方を提供してくれることは確かだ。

100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
ジョージ フリードマン George Friedman
早川書房
売り上げランキング: 26967

RSSフィード
http://moriyama.com/feed

 iTunes Store(Japan)

No related posts.

Written by 森山和道

6月 25th, 2011 at 12:00 pm

Posted in レビュー,仕事

Tagged with ,