森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

書評『三人にひとり 生命の謎を解くがんと科学の未来』

without comments

三人にひとり 生命の謎を解くがんと科学の未来
(アダム・ウィシャート 著、北川知子 訳 ダイヤモンド社)

三人にひとり―生命の謎を解くがんと科学の未来

共同通信 2008年掲載

三人にひとりが一生に一度はがんになる。三人にひとりの書名は、がんが他人事ではないことを示している。ちなみに日本人男性の確率はもっと高く、二人に一人ががんになるそうだ。

 著者はドキュメンタリー番組製作を手がけるディレクターだ。ある日、彼の父の頸椎が砕け、原因はがんと診断される。痛みに苦しみながらも、学者らしく静かに病と向き合う父。そして息子である著者は、父に言われて200年にわたる人類のがんとの戦いの歴史を辿りなおしていく。

 本書は、らせんのようにからみあう二つの流れで構成されている。

 一つ目は患者である著者の父に施される治療と経過、医療現場への不満、ホスピス、そしてそもそもがんはなぜ起きるのかといった、現代の患者と家族が必ず辿る、だが、個人的な道のりだ。

 もう一つは多くの研究者が登場する人類のがんとの戦いである。麻酔のなかった時代の話題から始まり、放射線治療や化学療法、がんの疫学、今日では補完医療として機能している代替療法など、がんに関わる研究発展の歴史だ。両者が相照らしながら物語は進行する。

 著者は「人類のがんとの戦いの歴史」という文脈を持つことで、眼前の出来事を乗り越えようとする。そして、父は科学が実現してきたことと将来成し遂げるだろうことを、自分に対して伝えたかったのだと思うに至る。いずれ将来はがんも治る病気になるだろうと、本書は前向きに締めくくられている。

 しかし著者が本書を書いた本当の動機は他にもあるのではないか。科学は普遍性や確率、全体の傾向については語ることができる。だが個別の問題には答えられない。著者の父は「なぜ自分が」とは問わなかったという。だが著者は「なぜ自分の父が」と問わずにいられなかったのではないか。その強い気持ちが彼に医学史探求の道を歩ませたのではなかろうか。抑制の効いた行間から、著者の苦悩が滲み出ているように感じられた。

三人にひとり―生命の謎を解くがんと科学の未来
アダム・ウィシャート
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 448898

RSSフィード
http://moriyama.com/feed

 iTunes Store(Japan)

No related posts.

Written by 森山和道

5月 25th, 2011 at 11:50 am

Posted in レビュー,仕事

Tagged with ,