森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

仕事一覧(インタビュー)

without comments

森山仕事一覧

ニュースサイト運営メールマガジン発行講演書評記事掲載単行本|インタビュー実績|その他 過去の仕事




■インタビュー実績

名前 | 所属
タイトル

掲載媒体: 年月日
高梨直紘氏 | 東京大学 エグゼクティブ・マネジメント・プログラム 特任助教、天文学普及プロジェクト「天プラ」代表
  知の構造化、観測的宇宙論、科学コミュニケーション論

掲載媒体:『サイエンスメール』 2010年4月〜2010年6月
増井俊之氏 | 慶応義塾大学環境情報学部教授
  ユビキタス社会実現に向けた課題(PDF)

下山勲氏 | 東京大学IRT研究機構機構長
  生活支援ロボットが近未来を拓く(PDF)

暦本純一氏 | 東京大学大学院情報学環教授
  サイバネティックアース―センシング技術で実世界をコントロールする(PDF)

一川誠氏 | 千葉大学 文学部 行動科学科 心理学講座 准教授
  体験される時空間の特性

掲載媒体:『サイエンスメール』 2009年12月〜2010年3月
川端邦明氏 | 独立行政法人 理化学研究所 基幹研究所 川端知能システム研究ユニット ユニットリーダー
  知能システム、昆虫の社会適応行動発現機構の構成論的理解

掲載媒体:『サイエンスメール』 2009年9月〜2009年12月
青山潤氏 | 東京大学海洋研究所 海洋研究連携分野 特任准教授
  海洋生物学、魚類生態学、ウナギ

掲載媒体:『サイエンスメール』 2009年4月〜2009年8月
伊東真知子氏 | 独立行政法人 理化学研究所 植物科学研究センター 科学コミュニケーター
  科学コミュニケーション

掲載媒体:『サイエンスメール』 2009年1月〜2009年4月
井藤賀 操氏 | 独立行政法人 理化学研究所 植物科学研究センター 生産機能研究グループ 生産制御研究チーム 研究員
  コケを利用した重金属処理、苔類の集団内および集団間の遺伝的変異

掲載媒体:『サイエンスメール』 2009年1月〜2009年4月
金岡克弥氏 | 立命館大学 総合理工学研究機構 先端ロボティクス研究センター チェアプロフェッサー
  目指すは人機一体の実用マシン

掲載媒体: 『Robot Watch』 2008年12月25日
タンディ・トローワー氏 | Microsoft ロボティクスグループ ゼネラルマネージャー
  ロボティクスを子供でも使える技術にすることを目指す

掲載媒体: 『Robot Watch』 2008年10月23日
北川智利氏 | NTTコミュニケーション科学基礎研究所人間情報研究部 感覚運動研究グループ リサーチアソシエイト
  多感覚相互作用

掲載媒体:『サイエンスメール』 2008年10月〜2009年1月
八木健彦教授 | 東京大学物性研究所 新物質科学研究部門
  100万気圧を超す超高圧で地球内部の環境を再現

掲載媒体: 『milsil(ミルシル)』第5号(国立科学博物館隔月刊広報誌) 2008年9月5日
田中陽一郎氏 | 株式会社東芝
  メーカーインタビュー002 TOSHIBA 永遠の次世代技術の実現-垂直磁気記録HDD開発

掲載媒体: 『大人の科学マガジン vol.23』 2008年3月31日
柳原望氏 | 漫画家
  『まるいち的風景』柳原望さんインタビュー 〜「しお少々」が伝わるロボットが欲しい

掲載媒体: 『Robot Watch』 2008年8月22日
林左絵子氏 | 国立天文台 ハワイ観測所 准教授
  天文工学、星・惑星系形成過程の観測的研究

掲載媒体:『サイエンスメール』 2008年7月〜2008年10月
広瀬真人氏 | ホンダ
  「未来予測インタビュー」

掲載媒体: 『PLUS ROBOT vol.1』 2008年6月14日
ヘレン・グレイナー氏 | iRobot社会長
  実用的なロボットで顧客に「価値」を提供する

掲載媒体: 『Robot Watch』 2008年3月14日
湯元昇氏、上田太郎氏、芝上基成氏、森垣憲一氏、久保泰氏、小高正人氏 | 産業技術総合研究所
  第一部 ナノバイオを開拓する

掲載書籍: 『きちんとわかるナノバイオ』 2008年3月
一戸紀孝氏 | 理化学研究所 脳科学総合研究センター 脳皮質機能構造研究チーム 副チームリーダー
  脳皮質の機能と構造

掲載媒体:『サイエンスメール』 2008年3月〜2008年7月
染谷隆夫准教授 | 東京大学工学研究科量子相エレクトロニクス研究センター
  タイトル

掲載媒体: 『ビジネスアスキー』 08/
内田聡氏 | 東京大学先端科学技術研究センター エネルギー環境分野 瀬川研究室 特任准教授
  色素増感太陽電池

掲載媒体:『サイエンスメール』 2007年12月〜2008年2月
池内了教授 | 総合研究大学院大学 先導科学研究科教授・学長補佐
  エコハウスに暮らす科学者池内了先生に聞く! 地球温暖化問題「私たちにできること」

掲載媒体: 『大人の科学マガジン vol.18』 2007年12月
梯郁太郎氏 | ローランド創業者
  ローランド創業者が語る電子楽器の現在・過去・未来

掲載媒体: 『大人の科学マガジン Vol.17』 2007年9月28日
大武美保子氏 | 東京大学人工物工学研究センター サービス工学研究部門 助教授
  ヒト脳神経系シミュレーションとサービス設計への応用

掲載媒体:『サイエンスメール』 2007年8月〜12月
瀬川浩司教授 | 先端研
  植物から学ぶ、光エネルギー変換の発想

掲載媒体: 『AXIS vol.128』2007年8月
蓮沼仁志氏 | 川崎重工業株式会社 技術開発本部 システム技術開発センター 主事
  人間型ロボットの操縦とは?〜等身大ヒト型ロボットを操縦し続けてきた川崎重工業・蓮沼仁志氏インタビュー

掲載媒体: 『Robot Watch』 2007年7月6日
岩気裕司氏 | ロボットフォース
  ロボット業界キーマンインタビュー ―ただ、仲間が欲しい―

掲載媒体: 『Robot Watch』 2007年6月29日
大西芳秋氏 | 独立行政法人産業技術研究所 生物機能工学研究部門 生物時計研究グループ主任研究員
  核内における時計遺伝子の転写調節機構

掲載媒体:『サイエンスメール』 2007年6月〜8月
鈴木忠教授 | 慶應義塾大学
  「シャーレの中は、直径3センチの『野生の王国』です」

掲載媒体: 『SPA!』「エッジな人々」 2007年3月20日
浅田稔氏 | 大阪大学大学院工学研究科 知能・機能創成工学専攻教授
石黒浩氏 | 大阪大学大学院工学研究科 知能・機能創成工学専攻 知能創成工学講座 教授
  人・ロボットの社会的発達を研究するための子供型ロボット「CB2」
〜「浅田共創知能システムプロジェクト」を訪ねて

掲載媒体: 『Robot Watch』 2007年3月8日
鈴木忠氏 | 慶應義塾大学 医学部 専任講師
  クマムシのナチュラル・ヒストリー

   ★このインタビューが書籍になりました⇒『クマムシを飼うには 博物学から始めるクマムシ研究』(鈴木忠、森山和道 /地人書館、2008年7月刊行)

掲載媒体:『サイエンスメール』 2007年2月〜5月
山海嘉之氏 | 筑波大学大学院
  大学発のベンチャー企業が障害者の夢をかなえる 市場規模は数十兆円!? 世界で初めてロボットスーツを量産!

掲載媒体: 『月刊アスキー』2007年2月号 2006年12月22日
比嘉 徹氏 | レイメイコンピュータ代表取締役
  課題は乗り越えればいい、沖縄でもやればできる

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年12月1日
中野明彦氏 | 東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 発生生物学研究室 教授
  細胞内輸送の分子機構、特にメンブレントラフィックとそのダイナミクスの可視化による理解

掲載媒体:『サイエンスメール』 2006年11月〜2007年1月
佐竹健治氏、宍倉正展氏、藤原治氏、小松原純子氏、小泉尚嗣氏、桑原正人氏、金田平太郎氏、堀川晴央氏

| 産業技術総合研究所 地質調査センター活断層研究センター
  第一部 巨大地震の謎に挑む研究者たち

掲載書籍: 『きちんとわかる巨大地震』 2006年10月
高西淳夫教授 | 早稲田大学 理工学部
  ロボット業界キーマンインタビュー ロボット技術で人のメカニズムを解明する

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年9月22日
広瀬茂男教授 | 東京工業大学 大学院理工学研究科 機械宇宙システム専攻
  ロボット業界キーマンインタビュー 実用を考えるなら「ロボットという拘束」から離れるべきだ

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年9月1日
前田桂代子氏 大池香里氏| ディースリー・パブリッシャー ソフトウェア事業部
  ロボット作りと高専を舞台にした熱血ゲーム「THE ロボットつくろうぜっ!」製作者インタビュー

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年9月15日
比留川博久氏 | 独立行政法人 産業技術総合研究所(産総研) 知能システム研究部門 副研究部門長 兼 ヒューマノイド研究グループ長
  ロボット業界キーマンインタビュー 次世代ロボット産業化を目指して

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年8月8日
前野隆司氏 | 慶應義塾大学 理工学部機械工学科バイオロボティクス研究室 教授
  ロボティクス、アクチュエーター、触覚・感覚・心

掲載媒体:『サイエンスメール』 2006年8月〜10月
石黒 浩氏 | 大阪大学大学院工学研究科 知能・機能創成工学専攻 知能創成工学講座 教授
  等身大“コピーロボット”で存在感の本質を追求する

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年8月1日
山崎文敬氏 | 株式会社イクシスリサーチ 代表取締役
  ロボット業界キーマンインタビュー【ベンチャー社長編】 新しいロボット・サービスを模索する「メカ屋」集団

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年6月1日
中川友紀子氏 | 株式会社アールティ 代表取締役
  ロボット業界キーマンインタビュー【ベンチャー社長編】 ロボット教室から、BTO時代のロボット・サービスの未来を模索する

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年6月1日
春日知昭氏 | スピーシーズ株式会社 代表取締役
  ロボット業界キーマンインタビュー【ベンチャー社長編】今はロボット元年以前、ネットでロボットを群れに

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年5月31日
谷口 恒氏 | 株式会社ゼットエムピー 代表取締役
  ロボット業界キーマンインタビュー【ベンチャー社長編】ロボットで楽しい未来の実現を目指す

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年5月31日
高橋智隆氏 | ロボガレージ
  ロボット業界キーマンインタビュー【ベンチャー社長編】ロボットとクリエイターの価値をブランド化する

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年5月30日
大和信夫氏 | ヴイストン株式会社代表取締役
  ロボット業界キーマンインタビュー【ベンチャー社長編】ロボット事業の解は明確

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年5月30日
近藤博俊氏 | 近藤科学株式会社
  ロボット業界キーマンインタビュー【ベンチャー社長編】 ホビーロボット市場立ち上げの中核企業

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年5月29日
高本陽一氏 | 株式会社テムザック 代表取締役社長
  ロボット業界キーマンインタビュー【ベンチャー社長編】 FA屋の発想で実用ロボットを目指す

掲載媒体: 『Robot Watch』 2006年5月29日
岡ノ谷一夫氏 | 理化学研究所 高次脳機能発達研究グループ生物言語研究チーム チームリーダー
  言語の起源の生物学

掲載媒体:『サイエンスメール』 2006年4月〜7月
中村克樹氏 | 国立精神・神経センター神経研究所モデル動物開発部 部長
  非言語コミュニケーションの脳内機能メカニズム

掲載媒体:『サイエンスメール』 2006年1月〜4月
落合哲治氏 | 順天堂大学 医学部 生理学第一 北澤研究室 博士研究員
  高次視覚機能

掲載媒体:『サイエンスメール』 2005年10月〜12月
杉田陽一氏 | 産業技術総合研究所
  高次視覚機能

掲載媒体:『サイエンスメール』 2005年7月〜9月
深井朋樹氏 | 玉川大学 工学部 知能情報システム学科 教授
  計算論的神経科学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2005年1月号
泰羅雅登氏 | 日本大学総合科学研究所・日本大学医学部先端講座教授
  認知神経生理学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2004年10月号
柏野牧夫氏 | NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 感覚運動研究グループ
  聴覚を中心とした認知神経科学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2004年02月号
北澤茂氏 | 順天堂大学 医学部 生理学第一講座 教授
  運動の学習と制御の神経機構、脳内の時間順序表現

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2004年02月号
粟崎健氏 | 東京大学 分子細胞生物学研究所 細胞機能情報研究センター・高次構造研究分野
  昆虫の神経発生

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2003年11月号
門脇孝氏 | 東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科 助教授
  2型糖尿病、肥満、インスリン抵抗性の分子機構

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2003年09月号
大和雅之氏 | 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所
  組織工学、ナノティッシュエンジニアリング

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2003年05月号
下条誠氏 | 電気通信大学 電気通信学部 知能機械工学科 教授
  触覚センサ、神経インタフェース

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2003年02月号
黒谷(和泉) 明美氏 | 文部科学省 宇宙科学研究所 宇宙基地利用研究センター 助教授
  宇宙生物学、細胞生理学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2002年12月号
水谷亘氏 | 産業技術総合研究所 ナノテクノロジー研究部門 単一分子・界面技術グループ 主任研究員
  ローブ顕微鏡、有機分子の構造生成と機能評価

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2002年09月号
酒井邦嘉 | 東京大学大学院 総合文化研究科 助教授
  脳のなかの「言語処理」

掲載媒体: 『選択』 2002年7月号
江守正多氏 | 地球フロンティア研究システム モデル統合化領域 研究員(独立行政法人 国立環境研究所より出向中)
  温暖化シミュレーション

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2002年06月号
林崎良英 | 理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター 遺伝子構造・機能研究グループ プロジェクト・ディレクター
  ゲノム解析の戦略

掲載媒体: 『選択』 2002年6月号
巽好幸氏 | 海洋科学技術センター 固体地球統合フロンティア研究システム 地球内部物質循環研究領域 領域長
  地殻の「沈み込み工場」

掲載媒体: 『選択』 2002年5月号
藤原晴彦氏 | 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 適応分子機構学研究室
  昆虫分子生物学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2002年04月号
國吉康夫氏 | 東京大学大学院情報理工学系研究科能機械情報学専攻助教授/独立行政法人産業技術総合研究所脳神経情報研究部門客員研究員
  「模倣」のメカニズム

掲載媒体: 『選択』 2002年4月号
岡村定矩氏 | 東京大学大学院理学系研究科 天文学専攻 教授
  宇宙の遠くと近くと

掲載媒体: 『選択』 2002年3月号
澤田誠氏 | 藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 難病治療共同研究部門 教授
  「脳の掃除屋」は芸達者

掲載媒体: 『選択』 2002年2月号
篠原正典氏 | 財団法人 環境科学技術研究所 環境シミュレーション研究部 研究員
  動物行動学、人工閉鎖環境

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2002年01月号
佐藤矩行氏 | 京都大学大学院 理学系研究科 動物学教室 教授
  「ご先祖」ホヤの秘密

掲載媒体: 『選択』 2002年1月号
塚本昌彦氏 | 大阪大学大学院 工学研究科 情報システム工学専攻 助教授
  着るコンピューター

掲載媒体: 『選択』 2001年12月号
金子清俊氏 | 国立精神・神経センター 神経研究所 疾病研究第七部 部長
  プリオン病を治す

掲載媒体: 『選択』 2001年11月号
牧野淳一郎氏 | 東京大学大学院 理学系研究科 天文学専攻 助教授
  理論天文学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2001年10月号
坂巻照夫氏 | 大日本印刷株式会社 研究開発センター ディスプレイ技術研究所 部長
  「液晶の紙」に映る未来

掲載媒体: 『選択』 2001年10月号
林秀美氏 | 九州電力株式会社 総合研究所電力貯蔵技術グループ 主幹研究員
  超電導で「電気玉手箱」

掲載媒体: 『選択』 2001年9月号
池谷裕二氏 | 東京大学薬学部 助手
  記憶力増強へ「夢の物質」

掲載媒体: 『選択』 2001年8月号
中鉢淳氏 | 理化学研究所 微生物学研究室 基礎科学特別研究員
  アブラムシの菌細胞内共生系

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2001年07月号
川原田洋氏 | 早稲田大学理工学部 電子・情報通信学科 教授
  ダイヤは半導体になる

掲載媒体: 『選択』 2001年7月号
高村健太郎氏 | 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング取締役、研究開発部長
  培養皮膚を商品にする

掲載媒体: 『選択』 2001年6月号
安藤寿康氏 | 慶應義塾大学 文学部 助教授
  行動遺伝学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2001年05月号
大西秀憲氏 | 株式会社テクノスジャパン代表取締役
  「念力」でON/OFF

掲載媒体: 『選択』 2001年5月号
大西彰氏 | 独立行政法人 農業生物資源研究所 発生分化研究グループ 発生工学研究チーム主任研究官
  臓器移植にクローン豚

掲載媒体: 『選択』 2001年4月号
古田貴之氏 | 北野共生システムプロジェクト研究員
  ヒューマノイドの素顔

掲載媒体: 『選択』 2001年3月号
梶田秀司氏 | 機械技術研究所 ロボット工学部 運動機構研究室
  二足歩行ロボットの制御

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2001年02月号
隅藏康一氏 | 東京大学 先端科学技術研究センター 知的財産権大部門・科学技術財産法分野
  知的財産政策・知的財産法

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2000年11月号
平藤雅之氏 | 農林水産省 農業研究センター 研究情報部 モデル開発研究室 室長
  計算生物学、アグリインフォマティクス

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2000年08月号
橋本公太郎氏 | 東京大学 大学院 新領域創成科学研究科 環境学専攻 助手
  反応化学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2000年07月号
玉置雅紀氏 | 国立環境研究所 地域環境研究グループ
  植物分子生物学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2000年05月号
山口真美氏 | 中央大学 文学部 心理学研究室 助教授
  認知心理学、発達心理学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2000年03月号
寺薗淳也氏 | 財団法人日本宇宙フォーラム 調査研究部 月利用・探査担当グループ 宇宙デブリ担当グループ 研究員
  月の内部構造

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 2000年01月号
松元健二氏 | 理化学研究所 脳科学総合研究センター 認知機能表現研究チーム 研究員
  認知脳科学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1999年11月号
淺間一氏 | 理化学研究所 工学基盤研究部 技術開発促進室 極限環境メカトロニクスチーム チームリーダー
  自律ロボット

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1999年09月号
井田茂氏 | 東京工業大学 理工学研究科 地球惑星科学専攻 助教授
  惑星系形成理論

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1999年08月号
神崎亮平氏 | 筑波大学 生物科学系 神経行動学研究室
  昆虫の微小脳

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1999年06月号
深尾憲二朗氏 | 国立療養所 静岡東病院 てんかんセンター
  てんかん

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1999年03月号
春山純一氏 | 宇宙開発事業団 つくば宇宙センター先端ミッション研究センター
  セレーネ計画

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1999年02月号
中田節也氏 | 東京大学 地震研究所 火山噴火予知研究推進センター 助教授
  火山岩石学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1998年12月号
中澤港氏 | 東京大学 大学院医学系研究科 国際保健学専攻 人類生態学研究室 助手
  人類生態学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1998年11月号
田口善弘氏 | 中央大学 理学部 物理学科 助教授
  粉粒体、非線形物理

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1998年09月号
木下一彦氏 | 慶應義塾大学 理工学部 物理学科 教授
  一分子生理学

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1998年08月号
河合隆史氏 | 早稲田大学 人間科学部 助手
  ヴァーチャル・リアリティ

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1998年07月号
丸山茂徳氏 | 東京工業大学 理学部 地球惑星科学教室 教授
  プルーム・テクトニクス

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1998年06月号
金子邦彦氏 | 東京大学 大学院 総合文化研究科 教授
  複雑系

掲載媒体:『NetScience Interview Mail』 1998年05月号
丸山茂徳氏 | 東京工業大学理学部地球惑星科学科
  地球46億年の歴史を解読する

掲載媒体: NEC広報誌『コンセンサス』誌 年月日
姫野龍太郎氏 | 理化学研究所情報基盤部情報環境室
  変化球の謎をスーパーコンピューターで斬る

掲載媒体: NEC広報誌『コンセンサス』誌 年月日
野呂影勇氏 | 早稲田大学人間科学部
  疲れにくいイス、快適な座りの科学

掲載媒体: NEC広報誌『コンセンサス』誌 年月日
蒲原聖可氏 | 東京医科大学病院・総合健診センター
  解明されてきた肥満のメカニズム

掲載媒体: NEC広報誌『コンセンサス』誌 年月日
福若雅章氏 東屋知範氏 | 水産庁北海道区水産研究所(北水研)・亜寒帯漁業資源部
  永続的なサケ・マス漁業のために、海洋での生態に迫る

掲載媒体: NEC広報誌『コンセンサス』誌 年月日

2006年08月以前についてはこちらもご覧下さい。



Written by 森山和道

12月 4th, 2010 at 11:30 pm

Posted in