森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

with one comment

WordPressで運営中です。以前のhtml版の日記などはこちらから

サイエンス・メール

  • PC Watch 森山和道の「ヒトと機械の境界面」
  • ヒューマンルネッサンス研究所 森山和道のインサイトコラム


  • Written by 森山和道

    12月 4th, 2010 at 1:48 pm

    Posted in お知らせ

    デンマークUniversal Robots社の人と恊働する産業用ロボット UR-05・UR-10

    without comments

    パシフィコ横浜にて2014年4月23日-25日の日程で開催中の「ナノ・マイクロ ビジネス展 ROBOTECH 次世代ロボット製造技術展」で、
    デンマークのユニバーサルロボット社の次世代産業用ロボット「UR-05」が出展されています。

    こんなロボットです。

    可搬質量5㎏のUR-05、同10㎏のUR-10の2タイプ。

    日本では有限会社グリーネプランニングが輸入、カンタムエレクトロニクス株式会社から販売されています。
    カンタムエレクトロニクス社による紹介ページはこちら
    カタログスペックなどはそちらで。

    23日には両社からのプレゼンテーションもあり、
    ブースでもいろいろ聞いてきました。
    なかなか面白かったです。

    2台組み合わせて双腕にもできます。

    既に世界各国で、様々な用途に用いられています。

    これだけの用途を外部に見せられるというのはすごいですね。
    見せられないものも含めればもっとあるということですから。

    検索すると、他にも色々な動画が公開されてます。

    Written by 森山和道

    4月 24th, 2014 at 12:10 am

    Posted in ロボット

    猫が猫を釣る(動画)

    without comments

    動画で見ると、ほんとにやってるみたいですね。

    もしかすると竿を手にくっつけてるのかと思ったんですが、
    持ち替えてるし。

    Written by 森山和道

    4月 23rd, 2014 at 1:44 am

    Posted in 未分類

    空中タブレット/櫻壱號/くまモンとレイバー/海があるかもしれない惑星発見/脳を透明化するCUBIC/麻痺を刺激/ダウン症増/介護ロボ導入補助/ドライバーステータスモニター/ロボコロ/消防ロボ/AIと創造と感動/笹井氏発言とSTAP細胞の正体は/心神/海洋浮遊型原発

    without comments

    ▼PC Watch・森山和道の人と機械の境界面 東大、「どこでもキーボード」技術と空中映像を操作できる「AIRRタブレット」

    高速画像処理技術や高速ロボットハンドなど、とにかく「高速」で著名な東京大学情報理工学研究科 石川 渡辺研究室が、机や壁どころか、自分の身体でも入力面にできる「どこでもキーボード」的なインターフェイス「Anywhere Surface Touch」を開発したと聞いたので、早速研究室に伺って見せてもらった。

    ▼PC Watch 千葉工大と日南、初の国産原発対応ロボット「櫻壱號」を原子力緊急事態支援センターに納品

    学校法人千葉工業大学と株式会社日南は2014年4月17日、日本原子力発電株式会社「原子力緊急事態支援センター」に、NEDOプロジェクトの成果を元に開発した新型災害対応ロボット「櫻壱號(さくらいちごう)」を競争入札の結果、導入したと発表し、3者共同記者会見を行なった。日南が千葉工大から櫻壱号の技術提供を受けて事業化して、今後、ロボットの開発製造を実施する。

    ▼「スマステーション」の文具特集を見て、いちいち驚いた。知らない文房具ばかりだった。本当に進歩してるんだなあ。

    ▼日曜日は幕張に。QVCマリンフィールドでレイバーを、イオンモール幕張でくまモンを見た。イングラムは吉祥寺とは違ってのんびりしたところで立ってるところを見られた。デカイ人形作るのに二十年かかったわけだけど、今から二十年後には動く奴が出来るといいな。

    ▼くまモンは相変わらず中の人がすごい。クマの子供というキャラっぽく自由に振る舞っていた。

    ▼録画しといたNHKスペシャル廃炉への道。状況を確認する為のMHI MEISTeRによるコアサンプリングと、東芝の遠隔除染ロボット、日立のヘビ型ロボット、ボート型ロボットなどのほか、冠水やデブリ取り出しの難しさなど。

    >
    >
    >

    ▼新刊。

    • 『パーフェクト・セオリー 一般相対性理論に挑む天才たちの100年』(ペドロ・G・フェレイラ/NHK出版)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『美味しさの脳科学 においが味わいを決めている』(ゴードン・M・シェファード/インターシフト)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『ロジカルな思考を育てる数学問題集(上)』(セルゲイ・ドリチェンコ/岩波書店)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『ロジカルな思考を育てる数学問題集(下)』(セルゲイ・ドリチェンコ/岩波書店)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『哺乳類のかたち 種を識別する掟と鍵』(川口敏/文一総合出版)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『科学の罠 美と快楽と誘惑』(長谷川英祐/青志社)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『眠りと体内時計を科学する』(大塚邦明/春秋社)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『めざせ国際科学オリンピック!』(東京理科大学出版センター、渡辺正、秋山仁、北原和夫、松田良一、齋藤淳一、谷聖一/東京書籍)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『X線の発見者 W.C.レントゲン その栄光と影』(山崎岐男/出版サポート大樹舎)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『証言 東日本大震災 1兆2000億円の地震保険金』(森隆/保険毎日新聞社)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『見てわかる視覚心理学』(大山正、鷲見成正/新曜社)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『数学はなぜ生まれたのか?』(柳谷晃/文春新書)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『社会はなぜ左と右にわかれるのか 対立を超えるための道徳心理学』(ジョナサン・ハイト/紀伊國屋書店)
      [ amazon | 楽天 ]

    ▼時事 海がある? 惑星発見=500光年先、地球の1.1倍

    太陽系から、はくちょう座の方向に約500光年離れた所で、大きさが地球の1.1倍の惑星が見つかったと米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが18日付の米科学誌サイエンスに発表した。ケプラー宇宙望遠鏡で観測した。地球と同様に岩石質で海が存在する可能性もあるという。

    ▼理研 成体の脳を透明化し1細胞解像度で観察する新技術を開発 アミノアルコールを含む化合物カクテルと画像解析に基づく「CUBIC」技術を実現

    ▼WIRED 麻痺患者、「刺激装置」を埋め込んで自力で脚を動かせるように

    ▼朝日 ダウン症児の出生、過去15年で倍増 全国調査から推計

    ▼サンケイビズ 技術革新で資源採掘自動化 ロボット、無人輸送車両活用促進

    ▼日刊工業新聞 経産省、介護ロボットの導入費用など補助 各地で説明会

    ▼デンソー、商用車向けにドライバーの運転状態を検出する「ドライバーステータスモニター」を開発

    ▼日経BP ロボットの「手」は、どこまで人に近づけるのか

    ▼テレビ神奈川 等身大ヒト型ロボット「ロボコロ」完成

    地元のゆるキャラ「あゆコロちゃん」をベースにしたロボット「ロボコロ」は、厚木市内の中小企業30社と2つの大学など厚木市の産学公で組織している「あつぎものづくりブランドプロジェクト=ATSUMO」が製作したものです。 去年5月のATSUMO設立から1年足らずで完成したこの試作版は身長154センチ、重さおよそ20キロ、ラジコン操作で2足歩行をはじめ、起き上がり、音声による会話などができます。

    ▼日経 石油工場火災、ロボで消火 消防庁が開発へ

    カメラや熱センサーを備えて火災状況を把握する「情報収集ロボット」や、的確な位置に動いて消火する「放水ロボット」を想定。2016年度中に試作機を作り、18年度の実用化を目指す。

    (中略)

    消防庁の消防研究センターと民間企業が14年度から5年計画で共同開発を進める。

    ▼産経 【九州の礎を築いた群像 安川電機編3】ロボット(下) 社運を懸けた「モートマン」開発 「電気で動かなければ意味がない!」

    ▼京商オフィシャルオンラインショップ iReceiever (アイレシーバー)WR-010 82260

    ▼WirelessWire 聴診器もデジタル化

    ▼INTERNET Watch 将棋電王戦と「機械的失業」と棋譜の著作権

    果たして機械は、人間知性の最後の牙城、「創造と感動」に踏み込むことは出来るのか

    ▼読売 笹井氏STAP説明に、同僚「理解できない」

    ▼ぽろっ: 笹井さんと旧知の近藤滋大阪大学教授のコメントまとめ

    ▼小野昌弘のブログ STAP問題で明らかになった科学評価システムの制度疲労 (上)勝者が勝ち続ける理由

    ▼大隅典子の仙台通信 [STAP細胞関連ブログコメントなどより転載]

    ▼東洋経済 平成のゼロ戦、「心神」が年内初飛行へ 第6世代戦闘機となる”カウンターステルス機”の礎

    ▼マイナビ 九州新幹線・在来線で走行可能、フリーゲージトレイン新試験車両を公開!

    ▼PC Watch 【やじうまPC Watch】MIT、地震/津波に耐えられる海洋浮遊型原発を考案

    ▼engadget パナソニックのUSBモバイルバッテリーにAC充電器一体型QE-AL101、使用回数 2000回

    【プレゼン】見やすいプレゼン資料の作り方【初心者用】

    ▼毎日 武論尊:「北斗の拳」実は綱渡りだった 26年ぶり伏線回収に「出しきった」

    実は「北斗の拳」が、連載開始の数年前にヒットした映画「マッドマックス2」(1981年公開)の影響があることはファンに知られているが、ポル・ポトの支配下で多くの人が殺されたカンボジアの影響もあることはあまり知られていない。武論尊さんは、恐怖政治から脱したばかりのカンボジアを訪れたことがあり、10歳ぐらいの子供に護衛になってもらい、町に積み上げられたガイコツの山を見た。「まさに世紀末。正義が通用しない世界。だからラオウが、乱れた力で制圧しないといけない思想は当たり前なんだよね」と話す。

    北斗の拳【究極版】 1 (ゼノンコミックスDX)
    原 哲夫 武論尊
    徳間書店 (2013-09-20)

    Written by 森山和道

    4月 22nd, 2014 at 1:51 pm

    Posted in 日記

    マイクロソフト・リサーチによる多次元データを視覚化するインタラクティブ・インターフェース「Holograph」

    without comments

    3次元物体が入っているガラスの箱を覗き込んだようなメタファーのデバイス。
    見せ方ですが、なかなかうまいなと。
    お約束の「スターウォーズ」のアレもあります。

    Written by 森山和道

    4月 19th, 2014 at 5:01 pm

    Posted in 未分類

    リシンクのロボット「バクスター」のソフトウェアがアップデート。高速化

    without comments

    手を箱に突っ込んだ後の速度が明らかに上がってます。
    なるほど分かりやすい。

    Written by 森山和道

    4月 19th, 2014 at 4:17 pm

    Posted in ロボット