森山和道

サイエンスライター。科学書の書評屋もやってます。

with one comment

WordPressで運営中です。以前のhtml版の日記などはこちらから

サイエンス・メール

  • PC Watch 森山和道の「ヒトと機械の境界面」
  • ヒューマンルネッサンス研究所 森山和道のインサイトコラム


  • Written by 森山和道

    12月 4th, 2010 at 1:48 pm

    Posted in お知らせ

    アクティブリンク技術セミナ/ロボソーシング/政府事故調ヒアリング記録が公開/毛根から精神疾患診断/ラニアケア/人流の中でロボがチラシ配り/リウォークがIPO/住宅会社とロボット/再生医療保険/3Dプリンタで自分の義手を作成/小脳のない女性/ジェットパックで疾走/サマーレッスン/移動する理由

    without comments

    ▼PC Watch アクティブリンク、重量物運搬時の腰を助ける「アシストスーツAWN-02 阿吽」

    アクティブリンク株式会社は9月11日、パナソニックセンター東京にて、8月27日に発表した重量物の運搬を助ける「アシストスーツAWN-02 阿吽」に関する技術セミナーを開催した。「アシストスーツAWN-02 阿吽」は着脱が簡単なリュック型で、モーターを使って、重量物を持ち上げるときに上体を引き上げて腰の負担をサポートするアシストスーツである。

     重量物の積み降ろし作業を想定して開発された「アシストスーツAWN-02」は、体幹の動きを位置センサーで検出し、動作に合わせて腰部分のモーターを回転させて、腰の負担を軽減する。アシスト力は15kgf。アクティブリンクが総合物流業を営む株式会社辰巳商會と共同で、物流現場における荷役作業の身体負担を軽減する補助器具として開発した。

    ▼『アル・ゴア 未来を語る 世界を動かす6つの要因』(アル・ゴア/KADOKAWA)のゲラ本をもらう。「ロボソーシング(人間の仕事を機械で代替すること)」という言葉を知った。

    アル・ゴア 未来を語る 世界を動かす6つの要因
    アル・ゴア
    KADOKAWA/角川マガジンズ

    Apple Watchは、Ingressみたいなユーザーのリアルな情報とくっつくゲームができたら面白いかも。ユーザーの心拍数に応じて状況が変わるとか、何かそういうの。

    ▼新刊。

    • 『犬も歩けば物理にあたる 解き明かされる日常の疑問』(ジャール・ウォーカー/慶應義塾大学出版会)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『謎の蝶アサギマダラはなぜ未来が読めるのか?』(栗田昌裕/PHPエディターズ・グループ)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『小説を愉しむ脳 神経文学という新たな領域』(苧阪直行 編/新曜社)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『宇宙大図鑑』(マーティン・リース総編集/ネコ・パブリッシング)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『図説世界を変えた50の科学』(ピーター・ムーア、マーク・フレアリー/原書房)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『日本「原子力ムラ」惨状記 福島第1原発の真実』(桜井淳/論創社)
      [ amazon | 楽天 ]

    子供の科学 2014年 10月号
    子供の科学 2014年 10月号
    posted with amazlet at 14.09.15
    誠文堂新光社 (2014-09-10)

    ▼内閣官房 政府事故調査委員会ヒアリング記録

    ▼読売 理研、目の難病にiPS細胞で世界初の手術

    ▼理研 頭皮の毛根細胞を利用した精神疾患の診断補助バイオマーカーの発見
     統合失調症や自閉症の診断に役立つ可能性

    ▼AstroArts 直径5億光年、天の川銀河が属する新たな超銀河団「ラニアケア」

    おとめ座超銀河団に属すると考えられてきた私たちの天の川銀河が、最新の研究で作成された近傍銀河の最新地図で、新たに存在が確認された途方もなく巨大な超銀河団の一部であることがわかった。

    ▼NHK 東海 御嶽山で火山性の地震増加

    岐阜県と長野県の境にある御嶽山で、10日昼ごろから火山性の地震が増えていて気象庁は火口付近では火山灰などの噴出に注意するよう呼びかけています。

    ▼ZMP 4〜32チャンネルの3タイプのワイヤレス脳波センサ販売開始
     PC、Android向け開発環境(SDK)付属。フィーリング評価、エンターテイメント分野での研究開発に

    ▼京都新聞 通行邪魔せずチラシ配るロボット 京都・精華の研究所公開

    研究では、3次元距離センサーをセンター内の広場や通路など49カ所に取り付け、人の流れや混雑状況を分析。ロボットが周囲の邪魔にならない動きをシミュレーションできるようにした。また、人間が行うチラシ配りを参考に「相手の斜め前から近づき、直前で手を伸ばす」という成功率が高い方法をとった。

    この日は、同センター内で高さ約1・2メートルのロボットが実演した。歩いてくる人に向かって接近してチラシを手渡し、周囲に複数の人がいてぶつかりそうな状況では停止したり、邪魔にならない位置に移動する配慮を見せた。

    技術開発を担当したATRの神田崇行・ヒューマンロボットインタラクション研究室長は「周囲の状況に配慮できるので、今後は街角での道案内サービスなどにも生かしたい」と話した。

    ▼market hack 安川電気が出資したウェアラブル歩行スーツ、リウォーク・ロボティクスがIPO初日+113%の華々しいデビュー

    ディール後の株主構成は:

    SCPヴァイタルライフ・パートナーズ 16.1%
    安川電気 13.6%
    イスラエル・ヘルスケア・ベンチャーズ 12.1%

    などとなっています。

    ▼産経ビズ 「ロボット」開拓に期待する住宅各社 事業化を急ぐ背景とは?

    日本の住宅メーカー各社が「ロボット」事業分野の開拓を進めている。少子高齢化に伴う人口減で住宅需要が先細りする一方、医療・介護を中心にロボットの需要が増すと予想し、新たな商機に期待を寄せる。政府が今年6月にまとめた成長戦略に「ロボット産業の拡大」を盛り込んだことも追い風だが、各社の事業は始まったばかり。収益性のある事業に成長させられるかが課題だ。

    ▼日刊ゲンダイ ロボット、電話サポート、家事代行…別居老親の“話し相手”

    厚労省によると、「一日誰とも会話しない日がある(電話含む)」と答えた独り暮らしの高齢者(65歳以上)は、男性50.0%、女性37.2%。とくに男性は「2週間に1回以下」が16.7%もいた。

    ▼毎日 TOKIO:立ち入り禁止の人工島「第二海堡」でロケ 115年間の歴史でテレビ初潜入

    人気グループ「TOKIO」が、28日放送の「ザ!鉄腕!DASH!!3時間スペシャル」(日本テレビ系)で民間人立ち入り禁止の東京湾に浮かぶ無人島「第二海堡(かいほ)」でロケをしたことが14日、明らかになった。同島は明治時代に外国から東京を防衛するために造られた人工島で、現在は国土交通省が管理しており、メディアが上陸するのは今回が初めて。

    第二海堡の取材は、自然豊かな東京湾を取り戻すことを目的にした同番組の人気企画「DASH海岸」の取り組みに賛同した国交省が「生態系の調査なら」と許可したことから実現した。同島は115年の間、一般の立ち入りを禁じているため、周辺には手つかずの自然が広がっており、番組ではメンバーの城島茂さんと山口達也さんが現地を訪れて同地にすむ生物たちの驚くべき生態に迫るという。また、普段は見ることができない旧日本軍の施設跡など歴史的建築物も紹介される。

    ▼読売 再生医療普及へ新保険…培養事故など補償

    ▼アピタル 町医者だから言いたい! 深夜におちんちんと格闘

    ▼Make: Japan 美的でゴージャスな3Dプリントの義手

    Evan Kuesterzは、他の学生と同じように、自分の専攻科目に退屈を感じていた。しかし、大型の3Dプリンターなどのクールなツールに出会ったとき、心がときめいた。Evanは、何度か見かけたある学生のことが気になっていた。気になっていたのは、彼女に左手がなかったことだ。そして、3Dプリンターを自由に使える立場にある彼は、ついに素晴らしい目標を見つけることができた。

    ▼New Scientist Woman of 24 found to have no cerebellum in her brain

    The discovery was made when the woman was admitted to the Chinese PLA General Hospital of Jinan Military Area Command in Shandong Province complaining of dizziness and nausea. She told doctors she’d had problems walking steadily for most of her life, and her mother reported that she hadn’t walked until she was 7 and that her speech only became intelligible at the age of 6.

    Doctors did a CAT scan and immediately identified the source of the problem ? her entire cerebellum was missing (see scan, below left). The space where it should be was empty of tissue. Instead it was filled with cerebrospinal fluid, which cushions the brain and provides defence against disease.

    ▼Research Matters Jetpack helps soldiers run faster

    ▼日経トレンディ ダイソン発表後の今だから気になる! ロボット掃除機ルンバ800の実力

    ▼毎日 サマーレッスン : ゲームショウ出展中止に 美少女キャラとの疑似体験に人気殺到

    ▼近藤科学 ロッカーボギーローバー”コブラ”プロジェクト

    ▼日経BP トヨタがJTBになる、未来の自動車産業とは

    川口氏は、未来の自動車産業について、大きく2つの視点で変化すると語った。サービス化とオープン化である。

    サービス化が進んだ世界では、「極論だが、トヨタ自動車がJTBになる」と同氏は述べた。同氏の言うサービス化とは、自動車ビジネスの収益の源泉が「所有から利用へ」向かうという意味である。

    (中略)

    クルマメーカーは何をすればよいのか。いくつかの方向性のうち、同氏が挙げたものに、移動する理由をユーザーに示すというものだ。それを象徴的に同氏が表現したのが「トヨタ自動車がJTBになる」だ。つまり、ユーザーが離れた場所へ行きたくなる旅行会社のようなサービスを提供する。電鉄会社が鉄道の収益を上げるために沿線開発をすることで移動を生み出してきたのと同じだ。

    別の切り口として同氏が挙げたのが、移動シーンにおける価値を高めること。例えば、乗るとアイデアがひらめくクルマができれば、仮に移動の必要がなくてもクルマを利用する動機が出てくる。

    ▼朝日 任天堂と読者の皆様におわびします

    ▼産経 「人生を棒に振るな!」吉野家強盗の男、説教受け逃走 奈良・生駒

    男性が「ここには小銭しかない。こんなことで人生を棒に振るな」と説得

    ▼メシコレ インド料理の固定観念が180度変わる珠玉の12軒in東京

    ▼macaroni 【東京】死ぬまでにー度は食べておきたい「カツサンド」11選

    ▼レスポンス JR四国、予土線で「3兄弟」合体の100周年記念列車運転…10月18日

    宇和島〜江川崎間で『なかよし3兄弟、はじめての遠足号』と題した記念列車を運転

    メガソフビ アドバンス アイアンマン マーク42 MSA-002
    海洋堂 (2014-11-25)
    売り上げランキング: 1,876

    Written by 森山和道

    9月 16th, 2014 at 1:51 am

    Posted in 日記

    「ロボット革命実現会議」第一回資料、メンバー一覧

    without comments

    「首相官邸」のウェブサイトで9/11日に行われた、第一回「ロボット革命実現会議」の資料が公開されました。

    各省庁からの資料もありますが、取りあえず今回はメンバー一覧が注目でしょう。
    以下のとおりです。
    それぞれリンクを張っておきます。

    Written by 森山和道

    9月 12th, 2014 at 8:56 pm

    Posted in ロボット

    原子力レスキューは美浜で合意/弾をアクティブに回避する装甲車/サムスンのサイクロン・ロボット掃除機/農業分野ロボ/エクスビジョン・ジェスチャー・システム/ミライセンス/Withings Home/100年前の電話塔

    without comments

    ▼アップルの新iPhoneの発表。100円ショップで本格的にでかいスマフォ用ケースが展開される日が来たらしい。

    ▼そして、時計は所詮、時計だと思った。

    ▼新刊。

    • 『ヒトの変異 新装版 人体の遺伝的多様性について』(アルマン・マリー・ルロワ/みすず書房)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『スマートマシンがやってくる 情報過多時代の頼れる最強ブレーン』(ジョン・E・ケリー3世、スティーブ・ハム/日経BP社)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『イマドキの動物ジャコウネコ 真夜中の調査記』(中島啓裕/東海大学出版部)
      [ amazon | 楽天 ]

    • 『ブライアン・コックス 生命の不思議』(ブライアン コックス、アンドルー コーエン/創元社)
      [ amazon | 楽天 ]

    系外惑星と銀河 (別冊日経サイエンス)
    日本経済新聞出版社 (2014-08-21)
    売り上げランキング: 106,470

    ▼理研CDB 笹井芳樹博士を偲んで

    ▼AFP 小惑星の破片落下か、ニカラグア首都に巨大クレーター

    隕石(いんせき)が落下したとみられる国際空港近くには、衝突で直径12メートルものクレーターが出現

    ▼福井新聞 原子力レスキューを美浜に整備 電事連と福井県が正式合意 原発

    電気事業連合会(電事連)が2015年度中に福井県内に設置を目指す原子力緊急事態支援機関(原子力レスキュー)について、候補地に挙がっていた美浜町久々子の県園芸研究センターの一部敷地に整備することで県と正式に合意したことが9日分かった。農地転用や売買契約などの手続きを進め、早ければ11月にも着工するとみられる。

    (中略)

    電事連が昨年10月に策定した基本構想では、同機関の拠点施設として緊急時指令室などが入る事務棟や資機材保管庫、屋外訓練場などを整備する。遠隔操作用のロボットや重機、無人ヘリ、放射線防護用資機材などを配備する。要員は20人程度。

    電事連は2012年7月、東京電力福島第1原発事故で緊急時対応の資機材やレスキュー部隊を早期に投入できなかった教訓から、同機関を国内の原発立地道県のほぼ中間地点に位置する福井県に整備する方針を掲げた。

    同機関を設置するまでの仮拠点として、原電が昨年1月に敦賀市内に原子力緊急事態支援センターを開設。遠隔操作のロボットなどの資機材を管理し、操作要員の訓練も行っている。

    ▼やじうまPC Watch 米国防総省、“しゃがんで”砲弾を回避する装甲車を開発中

    ▼47NEWS ばねの力利用した歩行支援機開発 電気不要、世界初の実用化

    名古屋工業大の佐野明人教授と義足メーカー今仙技術研究所(岐阜県各務原市)は9日、ばねの力を利用した歩行支援機「ACSIVE」を共同開発し、販売を始めると発表

    ▼東京大学 知的資産経営総括寄付講座 ロボット技術のオープンイノベーション   Robot-OS(ROS)の戦略と我が国ロボット技術開発の方向性

    ▼RoboNews 残念なアンバウンデッド・ロボティクス。そして……

    ▼NEDO 日本初「ロボットサービス・ビジネススクール」に向けた調査を開始
     大阪工業大学を拠点として、「ロボットサービス」のイノベーションを目指す

    ▼朝日 (この人に聞きたい)商店街でロボット開発 なぜ? 大阪工業大教授・本田幸夫さん(58)

    生活支援ロボは、利用者に合わせたカスタマイズが必要です。大企業より、従業員10〜20人ぐらいの中小の方が向いています

    ▼business newsline Samsung: ロボット掃除機「Powerbot VR9000」を発表

    ▼日刊工業新聞 農作業、ロボットにお任せ 農水省、来年度から農業分野ロボを実証

    ▼日刊工業新聞 エクスビジョン、高速・高精度なジェスチャー・ユーザーインターフェース開発

    東京大学発ベンチャーのエクスビジョン(東京都文京区、藤井照穂社長、03・3812・9360)は9日、高速で高精度なジェスチャー・ユーザーインターフェース(UI)「エクスビジョン・ジェスチャー・システム(EGS)」を開発したと発表した。量産型CMOS(相補型金属酸化膜半導体)センサー一つで両手のジェスチャーを認識するため安価に組み込める。

    ▼日刊工業新聞 ミライセンス、「ザラザラ」「プチプチ」感など触覚を3次元に再現する技術開発

    ▼engadget 見守りカメラ + 環境センサー Withings Home 発売。赤ん坊の泣き声、VOC検知など宅内環境センシング

    ▼dailynews agency 約100年前のストックホルムには5000本もの電話線が繋がれた巨大な塔があった

    ▼popular science “Da Gou”, China’s Own Big Dog Robot

    ▼レスポンス 【ギフトショー14】ロボットステップのパーソナルモビリティ、3時間半の充電で20km走行可能
    ロボステップジャパン

    ▼朝日 避難者の1割に血栓 広島の土砂災害 一般の2.3倍

    ▼ITpro 【独占独白】ケンコーコムの後藤社長、楽天との乖離を語る

    ▼朝日 デング熱の拡大を防ぐ 〜蚊に刺されない生活習慣を – 感染症は国境を越えて

    ▼AIUEO Lab2 ネットスーパーを使って食費を節約!もう毎日の買い物はやめよう

    「節約」とタイトルに書いたものの実は特に意識しているわけでもなく、気付いたら節約になっていたというのが本音です。

    ▼朝日 こんなオジサンでごめんなさい 元PR1号さん一問一答

    元「NHK_PR1号」の浅生鴨さんが、朝日新聞のインタビューに応じた

    ▼映画com 「イン・ザ・ヒーロー」 唐沢寿明が貫き通す徹底したプロフェッショナリズム

    ▼ニコニコニュース 『宇宙戦艦ヤマト』がハリウッドで実写映画化决定、西崎彰司は製作総指揮に

    Written by 森山和道

    9月 11th, 2014 at 1:46 am

    Posted in 日記

    ろぼとまどっとこむ、ミニ四駆とホビーロボットの店舗「innovation Garage」を板橋区蓮沼町にオープン

    without comments

    Robotma.com(ろぼとまどっとこむ)が、
    ミニ四駆とホビーロボットの店舗「innovation Garage」を板橋区にオープン。

    最寄り駅は本蓮沼。

    住所:
    東京都板橋区蓮沼町34-1

    営業時間
    平日:14時〜20時、土日祝日:11時〜20時

    ろぼとまどっとこむ「innovation Garage」

    普段はミニ四駆のコースが設置してあり、
    既にプレオープンから多くのお客さんが訪れているとか。

    Read the rest of this entry »

    Written by 森山和道

    9月 6th, 2014 at 3:27 pm

    Posted in ロボット

    デング熱騒動/Ingress/久米島で無人タクシー/Wingletをお台場で/HSRを研究向けに/人狼知能/ソニーLife Space UX/ピコファルコン/チバットマン

    without comments

    ▼デング熱騒動。メルマガ「サイエンス・メール」にちょっと書いた。

    ▼消費税は予定どおり10%になっちゃいそうだ。

    ▼Ingressを通じてグーグルが何をしようとしてるかは全く分からないのだけど、先日、 @Opi さんらが開催した「イングレスナイト」 で駅から会場までの道にL1レゾをパン屑みたいに落として参加者に道を教えた人がいるというのを聞いて、あ、そうか、それができるなら…と色々妄想した。

    ダイソン360Eye ロボット掃除機

    ダイソン 360 Eye ロボット掃除機のテクノロジーをチェックする

    ▼クローラがついてるんだ。それにしてもダイソン最大の欠点であるゴミ捨てがどうなのかが気になる。

    バッテリー寿命3年の「XLife(エックスライフ)バッテリー」新搭載 エントリーモデル「ルンバ新600シリーズ」発売

    今回、リニューアルした「ルンバ新600シリーズ」は、お客様により快適にルンバを使用していただくため、周辺機器を充実。ハイエンドモデル「ルンバ800シリーズ」に搭載されている「XLife(エックスライフ)バッテリー」をこのシリーズにも新たに搭載し、バッテリー寿命が従来の2倍の約3年と長寿命になりました。

    ▼JAMSTEC 高解像度大気海洋結合モデルにより台風強度の予測精度が大きく向上することを京コンピュータを用いた大規模実験により実証

    ▼NEDO 乳房専用PET装置の薬事承認を取得、発売へ 被検者の負担を軽減、診断精度を向上

    ▼NICT Android版 多言語音声翻訳アプリVoiceTra4Uを公開 さらに便利! 無料Wi-Fi利用アプリと連携

    ▼日立製作所 棚ごと自動・効率搬送する小型・低床式無人搬送車「Racrew」を開発、販売開始
     コスト削減と生産性向上の両立を実現

    ▼朝日 感染症の脅威、同時多発 エボラ熱、MERS

    ▼47NEWS エボラ熱発症後のサル治療に成功 「ZMapp」投与実験

    ▼産経 グーグル自動運転車「雨の日走れない」センサー鈍感、地図頼り 実用化2年遅れも

    MITの分析結果では、このセンサーは大きな雨粒や雪粒を障害物と判断し、走行できなくなるとした。また、道路に転がる石としわだらけの紙の区別がつかず、歩行者は「ぼんやりした円柱」としてしか識別できないと結論付けた。日差しが強い日は信号を見落としてしまうという。

    グーグルはこれまでの市街地での走行実験などを踏まえ、「警察官の手信号など数百の事象を同時かつ正確に識別できる」としていたが、リポートは「交通事故などが発生し、警察官が手を振って停止させようとしても無視して走り去ってしまう」と分析した。

    また目的地までの走行は地図データへの依存度が高いが、全米のほとんどの地域では完全自動運転に耐えうる詳細なデータが存在しないと指摘。データ作成のため、道路標識や信号、電柱といった膨大な道路情報を集める必要があると分析した。さらに道路工事や路面に開いた穴などデータに未入力の突発事象には対応できないとしている。

    米カリフォルニア大バークレー校の交通研究所のスティーブン・シェラドバ研究員はリポートの中で、「グーグルは技術的な問題を解決したと考えているようだが、(問題は)そう単純ではない」と警告した。

    ▼日経 さよなら運転手 過疎地維持、財政が死角

    沖縄県久米島。見渡す限りのサトウキビ畑のなかで、島の存亡をかけた試みが本格化しようとしている。自動運転車を活用した「無人タクシー」の実証実験だ

    ▼読売 医療ロボット開発へ特区提案…県、つくば市など

    ▼読売 意思を脳波から把握、「ロボット車いす」開発へ

    ▼TechOn 「Pepperで50%増の集客効果があった」、ソフトバンクロボティクスの林氏

    ▼WSJ Whill Raises $11 Million Series A for High-Performance ‘Wheelchair’

    ▼朝日 移動楽々、トヨタ立ち乗りロボ お台場で来春実用開始

    「都立公園」と位置付けられるセントラル広場やセンタープロムナード一帯では走行可能

    ▼日刊工業新聞 トヨタ、サービスロボットの開発をオープン化 来年、大学に対応モデル提供

    トヨタはプラットフォーム機として生活支援ロボット「HSR」の次期モデルを2015年までに開発し、大学研究室などに提供する方針

    ▼日経BP 災害対策のオープンデータ活用に盲点、浸水予測情報の8割が再利用できず

    ▼47NEWS 理研の再生研究、評価急落 STAPで文科省委員会

    ▼ファミ通 人間をだます“人狼知能”の実現は5年後、いや15年後、もしや50年後!? 難題に挑む人工知能研究者とゲームクリエイター・イシイジロウ氏が激論!【CEDEC 2014】

    ▼ITmedia IFA 2014:ソニーが進化した「Life Space UX」を披露、いろいろ使えそうな「ポータブル超短焦点プロジェクター」とは?

    赤外線ヘリコプター ピコファルコン
    総全長約59mmの赤外線ヘリコプター

    ▼イザ! 『るろうに剣心』斬新な殺陣に世界が驚愕!日本人監督にオファー殺到

    ジャッキー・チェンら香港映画界の重鎮が絶大なる信頼を寄せる日本人アクション監督がいる。「国籍は日本ですが、映画国籍は香港です」と言い切る谷垣健治さん(43)がアクション監督を務めた大作「るろうに剣心」シリーズが話題を集めている。現在、第2弾「京都大火編」、来月13日から第3弾「伝説の最期編」が公開。1作目は64カ国で公開され、かつてない斬新な殺陣に世界が驚愕(きょうがく)。谷垣さんには香港などからアクション監督の依頼が殺到している。ジャッキーが認めた“和製アクション”が今、世界を席巻し始めている。

    ▼ロイター 千葉で笑顔届ける「チバットマン」、コスチュームは本物そっくり

    ▼CNET 「出版不況」は本当か?–書籍まわりのニュースは嘘が多すぎる

    「プロのコンテンツ」だから稼げるわけではない

    アボリジニアートが新宿伊勢丹に集結。エミリー・ウングワレー作品も販売

    日本では紹介されることが少ないその貴重なアートの数々が、9月10日から16日まで、伊勢丹新宿本館5階アートギャラリーでお披露目される。

    Written by 森山和道

    9月 5th, 2014 at 10:36 pm

    Posted in 日記